『生きることへの希望・勇気・愛』を提供する会社に不況は来ない。

エドガー・ケイシーは言う。

  
この3シリーズのどれかの本だったような気がします。

生きることはつらい。
でも生きないといけない。
動物の本能だから?

『自己の魂を純化したいから』
「生きること=純化」
これが人生の目的ならば、
純化のお手伝いをすることはすべてのお客さんに喜ばれます。

目先の利益を求めるよりも、
『魂の感動=純化』を提供できる会社になってほしいですね。
それを知っていれば不況なんて全然怖くありませんよ。

斎藤一人さんも同じことを言っています。

コメント