他社ブランドを扱うよりも、自社ブランド展開が面白い。

何としてでも彼には成功してほしい。
そんな想いを我慢できずに
問答無用で言わせてもらいますね。

小玉歩さんの仲間、前村健輔さんが
自社のファッションブランドを立ち上げたことは
以前に書きました。

革新こそがカッコイイ!!
小玉歩さんのところの仲間 前村健輔さんが新しいファッションブランドを立ち上げた。 ブランド名:『LEOPADRE』(レオパドレ) (カッコイイ親父という意味) 私は男性向けの高級ファッションブランドは あまり上手く...

彼は今3つの事業を行なっている。

1、自社ブランド企画・販売
2、他社ブランド卸売
3、リユース(中古品)卸・小売

これらを一中小企業が同時に推進するのは
非常に効率が悪い。

その理由は

・3つとも売るものが違う
・3つとも買う顧客が違う

ので、範囲の経済性が働かないから。

だから私は「1つに絞れ」と言いたい。

解除されてしまったが、
彼のメルマガにて
「卸の日本一になる」
と彼は叫んでいた。
有名企業とのタイアップにも成功できて
やる気満々なのが伝わる。

だが卸も小売も「仕入れ」があり、
前払い現金が必要不可欠。
潤沢な資金のある中小企業なんてほぼないと思う。

だから3つの異なる事業モデルを
同時に行なうのには無理がある。

どうか彼にはどれか1つに絞ってほしい。

私なら自社ブランド事業を選ぶ。
なぜなら仕入れがないから。

商品を企画し、販売ページを制作し、
クラウドファンディングで予約を取ってから
商品の製造を開始できる。
(理論上受注生産は在庫が発生しない)

仕入れも在庫もないことは
店舗せどりの経験を持つ彼なら、
どんなに楽なのかは分かってくれると思う。

卸業は仕入れ元に嫌われたら
営業活動ができなくなるので
相手の顔色を伺いながらだし、
中古品は不良品や故障品という問題が付きまとう。
私はそんなビジネスは面白くない。

『LEOPADRE』レオパドレ

かっこいい親父という意味のブランド名を
世界に向けて広げていく。

商品はアパレルだけでなくてもいい。
(男性の高級アパレルは難しい)
スマホケースやキーホルダー、
体重計や万歩計など
パパ向けの商品を考えていけば
夢も広がる。

私からの言葉では彼の耳には入らない。
メンターの小玉さんから直接
「事業の再定義」の考慮を
是非ともお願いします。

コメント