就職先は1にも2にも将来性。

出版社は売れる本を出版したい。
なぜなら売れなかった本は
委託販売だから返品されて
在庫の山になる。
何とかして売ろうとしても
本は定価で売らないといけない決まりがある。
(再販売価格維持制度)
だから最後は焼却廃棄という手段を取る。
自分で製本して自分で廃棄するのは
何という辛さだろう。

電子書籍なら在庫や廃棄というものはない。
なぜなら購入者のみにダウンロードすればいいから。
(供給が無限にできるのもいい)

よって今後は紙媒体の本は
縮小するのは既定路線です。
私なら紙媒体の出版社には絶対に就職しません。
まして新出版社を起こすなんてとんでもない。

ここで在庫のない電子書籍の出版社なら
儲かるのではないかと考えてはいけない。
なぜなら今や情報コンテンツは
音声や動画が選ばれる時代だから。
テキストよりも。

私は以前に
本を売ることがいかに難しいかを書いた。

本を売るなんてラーメンを売るよりも難しい。
ラーメン好きはウジャウジャいる。 (日本人男性でラーメンが嫌いな人っているの?) (女性は炭水化物で太るから控えていると思います) でも本が好きな人はそれほどいない。 僕の周囲では。 寝食忘れて読書読書という人間は 10万人...

2012年12月の記事だが
その考えは今も変わっていない。

本屋よりもラーメン屋の方がまだ儲かる。
(頑張ればの話だが)

出版社によると
10万部売れたらベストセラーだと言う。

通常初版で3000~5000部が各地に配布される。
日本に1億人以上いて
たったのそれだけしか売れないという販売予測。
弱気な業界ですね。

就職するなら強気な経営をしている会社がいい。
ですがそれはピーク時であったらいけない。
なぜなら頑張っても仕事しても
給料が増えていかないから。

とすると今はまだ目立っていないが、
いずれ世に普及するようになる
商品やサービスを提供する会社で働こう。
その方が収入アップの可能性が高い。
もちろん出世だって。

「では何がこれから世の中に普及するのか?」

それは本を読んで勉強しよう。

本を読まない大勢にあって
ただ本を読むだけで
彼らよりも有利に立てる。

就活は面接の練習ではなく、
まずは読書から。

読書量が高まると
会社とその経営者の良し悪しが分かる。
起業も視野に入るようになる。

「こいつらバカじゃねのか」って。

コメント