死・自殺について

スポーツについて

死すべき宿命を自覚した時、人の本心が聞こえる。

原発・放射能

東京のド真ん中に「臭い」ものを置け。

死・自殺について

死者への感謝(鎮魂歌)を謳え。

お金・通貨について

死が隠蔽されるのは、人に死など無いから。

死・自殺について

得られたものすべて何1つ失わない。失えない。

日本(人)について

自殺連鎖が日常化する近未来日本を憂う。

人物について

死を目前にすると本性が出る。

お金・通貨について

生きている限り、自由などない。

SEX・性について

“Locked in”(閉じ込め)。 冷たい肉の空洞に幽閉された意識。

死・自殺について

愛する人が死んでも悲しくない。あの世で会えるから。

SEX・性について

あの時あの場所で見た夕陽は、「世界はあなたに優しい」と確かに私に伝えていた。

死・自殺について

普通に考えて、死は無だという判断をするのは仕方がないことです。

死・自殺について

「人類の幸福=人類の全滅」なのだと一時期信じた愚かな私。

死・自殺について

己の死を睨み付けろ。それでも死は無だと思うのか?

人物について

親が死んだと泣く子の方が死んでいる。

人間について

神を想起させたのは「未知」でなく「苦痛」である。今ある「苦痛」である。

愛について

死の恐怖はどこから来るのか?

スピリチュアリズムについて

死んだら「そのままの自分が在る」ということにまず驚く。

死・自殺について

自殺は罪ではない。よって罰はない。

スピリチュアリズムについて

死が闇ならば、なぜ生きる? 愛も正義も真心も努力向上も何もかも無意味だというのに。