8月 102018
 

世界最大級のオークションサイトの
eBayが日本再進出にあたりQoo10を買収した。
(買収額は約750億円)

https://www.qoo10.jp/

前回の2001年に日本初進出した時は
ヤフオクが強すぎて撤退したそうです。

ではなぜ今回再進出したのかというと
日本のeコマース(ネット商取引)の割合は
5%台とまだまだこれからだと狙ってのことでしょう。

それに話によると
韓国のネットショッピングサイトを買収して
それがうまくいったらしい。
だから同じアジア人の隣国日本人でも
これならイケると踏んでの決断でしょう。
(韓国にはまだアマゾンが進出していません)

私は残念ですがeBayは今回も失敗すると推測する。
なぜならネットショッピングのプラットフォームは
すでに数多くあるから。

アマゾン、楽天、ヤフーショッピング
WOWMA!、ZOZO、SHOPLISTなど。

この中でどうやって勝ち残っていけるのか甚だ疑問。
2001年の時はヤフオクですら今ほど知名度がなかったのに、
現在ではネット販売サイトがウヨウヨある。
おまけにスマホまで登場して、
スマホのフリーマーケット「メルカリ」の存在感がすごい。

私がeBayならメルカリの世界版をやる。
メルカリでは日本国内在住者のCtoCのみの取引だから
それを世界規模のCtotCにする。

現時点でのメルカリでは
日本在住者がアメリカ専用のメルカリを利用できない。
海外の人とのやり取りはトラブルが多いので
運営側が対応できないからでしょう。
ただでさえ日本国内にてトラブルが多いのに
世界規模にしたらパンクする。
だから世界版はやりたくない、できない。

その点eBayには海外取引のノウハウがある。
それを個人が手軽に出品できるフリマアプリ化すればいい。

でもこれくらいのことはeBay本部も考えていたことではないか。
なぜやらないのか。
Qoo10を買収するよりも
弱小のフリマアプリ会社を買収した方が安いし、
たとえ失敗したとしてもやり直しが効く。

私にはeBayの経営陣営が
日本人の商習慣や特性を勉強していない
バカなのではないかと残念に考えている。
「日本人なんかチョロいぜ」と思っているのかも。

日本のコンサル会社に調査依頼してから
日本進出しても良かったのに、
他人の意見は聞きたくないのでしょう。

すべての経営者に聞く。
大金を失うのと
恥を忍んで専門家に意見を聞くのと
どちらがいい?

過去に大きな失敗をしたことのある起業家ならば
私のこの意見には賛成してくれると思う。

とするとeBayの経営陣には、
経営者や事業家はいても
起業家はいないのでないかと思う。

失敗こそ大きな財産になるのだと分からないことが
大きな損失であることを知ってほしい。

「多くの失敗を乗り越えてきた奴が最後に勝つ」

さてと、eBayの経過を見守るとするか。