4月 222017
 

オンラインコミュニティを始めようと思ったら
以下の3つの方法があります。

1、DMMのオンラインサロン
https://lounge.dmm.com/

2、Synapse
https://synapse.am/
(2017年にDMMが子会社化してます)

3、オリジナルサイト

現在1と2の代行手数料が分かりません。
売上げの10~20%くらいだと思いますが。

ですが決済代行や入退会の手続きが面倒な方は
1か2を選ぶのがいい。
コンテンツ制作や交流に集中できるので。

1のDMMは2016年から始まったサービスで、
サロンに入会するとFacebookへの誘導が来ます。
Facebookに依存したサービスとなるので
Facebookが禁止してきたらアウトです。
その予防策を講じている最中だと思いますし
私はDMMを一番おすすめします。
なぜならすでにDMM会員に2300万人いるので
その人たちにアプローチできるから。
入会したい人も審査があるので
DMMの中から探した方がいいでしょう。安心。
ヘンなサロンに入って時間もお金も無駄にならない。

2のSynapseは
やがてはDMMシナプスに融合されるだろうから
1と2は同じものだとしていい。

今後は楽天やサイバーエージェントなどの
IT企業が続々参入してくるはずなので、
DMMがぶっちぎるためには
各業界の有名人や著名人を直にスカウトしていく。
早ければ早いほどいい。

大企業でなくてもチャンスはある。
結局個人のブランド力がすべてを決めているので
専門分野に特化すれば大手に負けないだろう。

ブランドのない一般人である我々個人は
オンラインサロンに参入できないことはない。
審査の必要のないオリジナルサイトを作り、
(ブログ、YouTubeチャンネル、Twitterなど)
FacebookやLINEに誘導すればよいのだから。
(メルマガは到達率が悪くなっている)
それで月額制課金のコンテンツ提供、交流サイトを持てる。
ただし集客が難しい。

サロンビジネスで成功するポイントは
「最初の1人を大事にすること」

満足度100%ならば
SNSで少しずつ広がっていく。
ブランドのない個人でも十分チャンスがあります。

それにしてもDMMは色んなことにチャレンジしてますね。
私は「多角化」とか「何でも屋」には否定的です。
なぜなら経営資源が分散されるので
ライバルとの競争やイメージ戦略に不利になるから。
もし色々とやりたいならば必ず
『分社化』して下さい。
そのためにはリーダー育成が急務です。

ちなみにリーダーとは教育者のことだと言ってもいい。
そこに肩書や知名度は関係ない。

リーダーは理想とするところに近づける“変化”を提供する。
それが教育だと思う。