9月 072013
 

セミナーだか講演会だかは区別がつきませんが、
江原さんは大きな会場にて人を集めて「スピリチュアリズム」を有料にて布教している。
(1講座5000円程度)
東京・大阪の2大都市で開催され、地方への布教はそんなにしてない。

ちなみに瀬戸内寂聴さんの法話は500円らしい。

http://www.jakuan.com/jkan/howa.html

「スピリチュアリズム」を普及させるのが
江原氏の使命(ライフワーク)なのだということを
彼の著作から私は分かっている。
ですがこの大不況日本で5000円+交通費(地方からなら宿泊費もプラス)は財布にきつい。

しかも「お客からお金を頂いたら自分の言いたいことが思い切り言えない」という心情が起きてくる。
そこで及び腰になったら「なぁ~んだ、そんなもんか、スピリチュアリズムは」という反応が出る。

「ハートに響かないんだよ、商売丸出しの講演じゃ!!」
(熱くなれないのなら止めろ)

だがそこで私にはいい解決策がある。

YoutubeやUstreamという動画配信サービスを利用すること。
Ustreamのことはよく分かりませんが、
Youtubeはタダで利用できる。
タダ、誰でも利用できてタダ。
スゴくないですか?
しかも収益化プログラムに入れば広告収入が得られる。
(これがバカにならない)

http://www.ustream.tv/

http://www.marketingtornado.co.jp/eazy-ustream.pdf←ユーストリームのマニュアル

江原氏が若い頃、貧乏でひもじい思いをされていたので、
お金のない時の苦労・苦痛を身に染みて分かっている。
しかも奥さんとお子さん2人を養わないといけないので収入を確保しないといけない。
私は霊能者がお金を儲けることについては否定しません。
経済社会だからです。

ですが「スピリチュアリズム」の布教という命を懸けてでもしなければいけない信念がある時、
私はそれを第一命題として、お金のことを考えてはならないと思うのです。
所得が減りつつある日本で、貧しき人にも「救いの教え」を与え続けること。

医者が必要なのは健康な人ですか? 病気の人ですか?

Youtubeというありがたい文明のツールを大いに利用するのは
人間の叡智のリスペクトになる。

Youtubeならテレビ放映では言えないことでも、思いっきり言えますよ。
どうでしょうか?