6月 032017
 

アメリカの大学生1500人を集めて
2つのグループに分けた。

A:まずお金を稼いでから自分の好きなことをする。
B:好きなことを優先させて、お金はその都度考える。

A:1245人
B:255人

20年後その1500人を調査した。

億万長者になったのは101人いた!!

A:1人
B:100人

255人中100人が金持ちになった。
(39%は高い方だと思う)

※アメリカ人の成功の定義は、お金の多寡

私はこの話を知った時
なぜそんな結果になるのか考えた。

【理由】

嫌なことをすると疲れる
疲れるとやる気が起きない
エネルギーが沸かないから成果が出にくい
成果が出ないからさらにやる気がなくなる
⇒悪循環
果ては社会や人間関係を嫉み、呪う

逆に好きな仕事をする
好きなことにお金や時間をつぎ込む
やる気・エネルギーが沸く
没頭して働くから成果が出やすい
成果が出ると楽しくて仕方がない
昇進やビジネスチャンスをつかめる
⇒好循環
他者を思いやる余裕が出てくる

もしあなたが今の生き方に不満があるなら

・嫌なことは辞める
・嫌な仕事は断る
・嫌な人とはつきあわない

そういう方向へシフトしてほしい。

いきなり仕事を辞めたら収入ゼロになるから、
今あるお金や時間を少しずつ楽しい方へと移す。
もしくはその仕事の中に
いかに楽しさや使命感を見出すか。
(死にたいほど嫌なことなら即辞めてしまえ)

現在、夢中になれるものや
情熱を持てるものが無い人は、
興味・関心があるものを片っ端からやってみること。
100くらいやれば誰でも
手がかりになりそうな糸口1つは見つかると思う。
そんな人生も素敵じゃないのかな。

『仕事再考』

「ゲーム感覚のような仕事をする」
もしくは
「仕事をゲーム化する」

人生の成功はお金だけではないが、
お金も必需品アイテムだから
自分の仕事をよくよく考えなければなりません。

人生(仕事)はそんな甘くない・きれいごとだ、
そんなふうに思う人もいるかもしれません。

・どうしたら仕事を楽しく面白くできるか
・楽しい仕事にするためには何が必要か

これに留意して日々の仕事に取り組んでほしい。
特に経営者の方は是非ね。

締めくくりで私のこのブログの読者に聞きたい。

“あなたの今の仕事、燃えてますか?”

あなたはいつ死ぬか分かりませんよ。