9月 172016
 

月収100万円ネット起業家
ジュークという名の
20歳の大学生のメルマガに
以下のことが書かれてありました。

(以下抜粋)

僕が就職を捨て去ったのは、
ある出来事がきっかけです。

その出来事というのが・・・

すでに就職を決めた先輩との
久しぶりの出会いでした。

大学4年のとき、いつものようにサークルの
飲み仲間と飲み屋に行くと、
その先輩もたまたま同じ飲み屋で飲んでいました。

同じサークルの先輩で、ノリが良く、
面倒見も良い人だったので、後輩からの信頼は抜群。

僕も慕っていた先輩でした。

おまけに成績も超優秀。

見事、大手企業への就職を決め、
将来が約束された安定街道まっしぐらだと、
僕は思っていました。

すこぶる人生を楽しんでいるのかと思いきや、
実はまったくそんなことはなかったのです。

明るく、面倒見が良かった当時の面影はなく、
会社の愚痴、普段のストレスを僕らにぶちまける。

日頃のうっぷんを晴らすためか、
僕らにも今まででは到底考えられないような
厳しい言葉を投げかけてくる。
意味もなくぶん殴られた友人もいた。

そして、終いには酒に酔った勢いで、
当時、僕の付き合っていた彼女に
手を出そうとまでしていたのです。

その時は
自分の女に手を出されそうになり、
殺意で頭が沸きそうになる中、
僕はこう思った。

「あの人が良かった先輩がここまで変わんのかよ
就職っていったい?
この先の俺の人生っていったい?」

この出来事をきっかけに、
僕は「就職」という選択肢に
疑問をもつようになってきた。

だって、このまま就職を選んだら、
この先輩のように絶望的な人生を
送ることになってしまう
可能性があるわけですから。

「俺の人生、本当にそれでいいのか?」

そう思わざるを得なかった。

(以下略)

就職先の大企業がどこなのかは
書いていなくて分かりませんが、
日本の企業組織のほとんどは

・保身
・内向き志向
・けなし合い
・引きずり下ろし合い
・旧体制からの罵倒

そんなもんでしょう。

なぜなら簡単に儲けることのできない時代になったから。

今大学生や20代の方にアドバイスしたい。

「独立に備えよ!!」と。

他人を変えることはできない。
ましてや組織を変えるのことは不可能なのです。
それを理解してほしい。

だったらどうすればいいのかというと
もう自分自身を変えるしかないということです。
それしかない。

すでに就職している人は
自分が働く会社をよ~く観察してみること。
ダメだと判断したら即辞める。
(私のようにズルズルと就くな)

大学生の人は自分のすべき一生の仕事を
もしくは理想となるような仕事を
できるだけ早く決めてほしい。
方向性だけでもいいから。

その際就職が必要ならば
会社の規模や知名度、給与水準、福利厚生で決めるのではなく、
やりがいを持てるかどうかで決めてほしい。
スキルを身につけるために、でもOK

私なら就活なんてしない。
その言葉を頭から消す。

それに費やす時間を代わりに海外旅行するか、
成功者の本を読みまくるか。

今でしたらインターネットを使って稼ぐことが
とても効率的で、資金が少なくても始めれる。
やってみて下さい。
超おすすめですから。

それで得られた資金で海外展開を目指す。

私は若者に「海外志向」であってほしい。

日本は成熟しきってしまったので、
青春の燃える血を注ぐには物足りない。

「はじけろ、青春!」

東南アジアでしたら
まだまだこれから伸びる伸びる。
(行けばすぐに分かってもらえる)
自分の会社を上場企業にすることも夢ではない。
日本の斜陽産業となってしまった分野でも。

小売業、飲食業、農業、畜産業、美容関連、教育関連、医療関連…

ほとんどすべての業種ですね。

チャンスあります!!!

大企業に夢を抱いてはダメ。
幻想から早く抜け出してほしい。
本当にそう思います。

私の本音:
能力ある若者が続々とネットビジネスに参入されると
おじさんである私が稼げなくなるじゃないか。
ちょっとは手加減してよね!!