3月 162014
 

江原氏の日本におけるスピリチュアリズムの普及を支えたのは女性です。
なぜ女性なのかというと
男性に比して女性は身体が弱いからです。
(もちろん頑強な女性もいます)
なぜ女性の身体が弱いのかというとここでは控えます。

精神内部の宇宙、物事の根源、存在の意味を追求する哲学者
デカルト、カント、ニーチェ、ハイデガー、ヤスパース
その他(知らないが)も身体が強くなかった。

江原啓之さんも斎藤一人さんも子供の時に虚弱体質だった。

生存の危機に直面し、
絶えず死の恐怖に付きまとわれる病人。

おのずと哲学・宗教・神秘思想に傾倒するのは仕方がないことだろう。

病的な印象を与えてしまうようなオカルト学は
健康な人間には理解しづらい。

健康って死ぬまでずっと続くのではないのですけどね。
だからいずれ「知りたい!!」という衝動に駆られる時が来る。

拝金主義に疲れ果てた後に待っていてくれる安らぎ。
それが『神学』なのです。