11月 192016
 

2016年10月の各4回の金曜日に
吉野家の牛丼1杯がタダになるという
メール通知が来て、
試しに行ったら本当だった。

吉野家牛丼タダ

レジ会計の直前に画面に数字を打ち込むと
クーポンが発行されて(5分間有効)
タダにしてもらえる。

これはうまいなと思った。
2点ある。

1、ソフトバンクiPhoneを持つと
「お得なことがあるんだ、今後も継続利用しよう」
という顧客維持の効果

2、数字を打たせることによって
「私はソフトバンクを使っているんだ」という再認識
(これが他社への乗り換えのマインド阻止なる)

吉野屋にとってもメリットがある。
「ついで注文買い」を誘発させる。
私もトン汁を頼んでしまった。

私は無料にすれば何でもOKとは言わない。
なぜならありがたみが薄れるから。

だが今回のソフトバンク無料戦略は
通信料や端末代でお金を払ってくれている顧客への
日頃の感謝の意味が込められている。

「感謝のないところにお金は寄ってこない」

私からソフトバンクへのアドバイスです。

メール広告はとても有効です。
企業に広告募集はどうでしょうか?
ただし広告を打ち過ぎると嫌われますが。

それと料金体系をシンプルにする。
現状のプランがややこしくなっていて
説明されても理解が難しい。
特に年配者に「分からんからもういいや」と逃げられてしまう。
私なら通信料や端末代で儲けません。
(すでに値下げ合戦が始まっている)
広告で儲けます。

ビジネスをしている人すべてにアドバイス

「スマホを利用したらもっと稼げるぞ!!」

なぜなら皆持っているから。
使わない手はないでしょ。

アイスタダ
11月は31のアイスクリームが1つ無料。
混雑してました。
ドーナツタダ
12月はミスド250円分が無料。
ドーナツ不足必至。
1時間は待たされるでしょうね。