1月 092014
 

中高年の方がコンビニ経営に興味を持つ人がいると思う。
現にお店がどんどん増えているみたいです。

「絶対にフランチャイズに加盟してはいけません!!」

なぜなら努力の割には儲からないからです。

・初期投資が大きい(加盟金など)
・売り上げに変動がある
・利益率が30%もない(平均10%か)
・24時間営業できつい
・従業員の教育が難しい(人材募集しても来ない)
・パンや弁当などのロスがある(お金を捨てている)
・ロイヤルティーがかかる
・ライバル店が近くにできたら即アウト(コンビニはどこも同じ商品)
・その他

フランチャイズで儲けさせてくれる本部なんかありません。
そんなに儲かるならすべて直営店でやりますよ。

今現在私がコンビニで働いていて、知ったことがあります。

「コンビニ経営を辞めるなら500万円(だったか?)を解約金を払わないといけない」
(5年ごとの契約更新)

バカバカしい。
フランチャイズは奴隷制度だ。

確かに儲かっている店舗もあります。
それは一体何%なのかははっきり分からないが、
『パレートの法則』を適用すれば20%でしょう。

分かりますか?
商売なんて失敗して当たり前。
もしそうならば失敗しても立ち直れる程度の投資にして下さい。
つまり「リアルビジネスではなく、ネットビジネスをしようよ」と。
100万円もあれば十分にネットビジネスができます。

リアル店舗を構えるビジネスは止めろ!!
特にフランチャイズは絶対に止めろ!!

サラリーマン上がりの中高年の方は
定年後をどうしようか悩んでいると思います。
退職金で、フランチャイズオーナーとして働く考えが出てくるのも理解できます。
ですが頑張って疲れて嫌々働いても、人生は楽しくない。
ならばインターネットでできるビジネスを勉強してほしい。
将来性があるし、小資金でできますし。

「何事も勉強して正しい知識を身に付けてから」

追記:私の住む実家の200m先のコンビニは50代後半?の夫婦が経営しています。
橋を越えたところにあるコンビニは50代前半の夫婦です。
一体いつ初期投資分くらいは取り戻せるか…