6月 222014
 

アマゾンで商品を買う場合、
誰でもレビューを見ると思う。
特に★1個のものを。
買おうとしているのを躊躇させる意見だと
他の商品にしようかと迷ってしまうこともある。

つまり「他人評価を侮るな!!」ということ。

物販でアマゾンやヤフオク転売している人なら
このことはすぐに理解してくれるだろう。

ビジネスにおいてお客からの評価が著しく悪いと
今後のビジネスに悪影響を及ぼす。
たとえお客の方が悪いとしても
悪い評判が立てばどんな正論でも言い訳に映る。

情報系のビジネスをしている人は
過度に評価を気にしてもいけないことだが、
無関心でいるのも良くない。

芸能人やタレントの事務所はそのことをわきまえている。

「商売人は敵を作ってもいいことは何もない」

斎藤一人さんはそう言っています。

正直な話ですが、
私は自分の信じるところを否定するのだとしたら、
敵を作った方がまだマシだと考えているので、
商売人としては不適格かもしれません。(性格として)
それなら目立たないビジネスを選べばいいですね。

皆さんは評判で成り立つようなビジネスをしていますか?
ネット上の情報は侮れませんよ。

「出る杭は打たれる」

打たれてもけなされても
負けない・折れない心を持っていますか?

人気に左右される商売は大変です。
評判の風向きは常に意識してほしい。

まあ結局は自分のスタイルを貫いていけばいいと思うが。