6月 272017
 

セブンイレブンのPPC広告を見た。

http://www.sej.co.jp/owner/

お金を持っているが
無知で無能な中高年の”カモ”を、
独立オーナーという魅惑で引っ張り込もうと
日々企業努力を怠らない。
そんなに儲かるなら自身でやるはずだろうに。
私のブログ読者にだけでも分かってもらればいい。

「今後ますますコンビニはダメになる」と。

いくつか理由を挙げてみる。

1、eコマースという驚異

自宅の玄関先まで届けてくれる。
(特にアマゾンがすごい)

2、コンビニ同士の過当競争

全国に56000店以上ある。
似たような商品メニューで差別化されていない。
だから立地だけで勝負になる。
(儲けている店は確かにあるだろう)

3、ドリンク自販機が怖い

コンビニの利益に貢献してくれるドリンク。
(夏は稼ぎ時です)
お店の近くに自販機を設置されたら痛い。

※私ならコンビニよりも自販機ビジネスをやります。

4、弁当がおいしくない

本当においしくない。
本部は試食しているのかな。

※宅配弁当にチャンスあり!!

5、本は客寄せになった

誰もいないお店に入るのは怖い。
だから立ち読み客でもいてほしい。
本の販売では儲からないね。

6、アルバイトが集まらない

24時間営業で人数が必要だが、
時給は低いし、テキパキ働く必要がある。
変な客も来るし誰もやりたがらない。
外国人留学生を雇うことも多くなったとか。

※外国人労働派遣業をした方が儲かりそうだ。

7、ファミマとサークルK・サンクスが統一

業界に限界がきている証拠です。

8、新しい発想のコンビニが出現する

ファミマとドンキが提携した。
商品メニューや陳列方法、外観など
今までにないコンビニを試みるでしょう。
既存のコンビニは苦しくなる。
(完全無人コンビニはまだ先のこと)

9、楽しくない

便利さだけでは物足りない。
人間の欲望は変化していく。

10、本部がバカな人ばかり

社長も社員もサラリーマン思考だから
大胆な発想が生まれない。
どうしてコンビニがダメになったのか
どうしたらコンビニが愛されていくのか
全く分かっていない。
バカな人が教育指導したら
生徒もバカになりますよね?

まだ理由がありそうですが、
このくらいにします。

最後に一番伝えたいことは

「コンビニオーナーだけは辞めておけ」

不景気日本でも儲かるビジネスはある。
フランチャイズでも親身な会社がある。

大事なお金を出して開業する前に
よ~く勉強してほしい。
ビジネスの基本くらいは。