3月 302016
 

アマゾンのセラーセントラルページにて
こんな文章が出ています。

お知らせ
【新機能】
中国語セラーサポートおよびセラーセントラルの中国語表示について
2016/03/28

このたび、日本のセラーセントラルに中国語が追加され、機能とヘルプページの言語を中国語に切り替えて使用いただけるようになりました。言語を中国語に切り替えると、中国語でのEメールと電話サポートを受けることができます。チャットによるサポートも今後予定しています。 言語を中国語に切り替える手順は以下のとおりです。

1、セラーセントラルのページを下までスクロールします。
2、言語を選択するドロップダウンメニューから「中文」を選択します。
3、ページが更新されるのを待ちます。セラーセントラルの言語が中国語に変わります。

———————————

要約すると
中国に住む中国人が日本のアマゾンで
出品できますよ、ということです。

船原徹雄さんによれば
Amazon USAで販売している中国人セラーに
日本のアマゾンで販売してみないかと、
2~3年前からアマゾンが打診していたそうです。

銀行は日本の銀行以外でも可能らしい。
(中国人は節税のために香港バンクを指定している)

私は中国に住む中国人セラーは
日本と日本のアマゾンをダメにすると思っている。

なぜなら彼らは日本人を分かっていない。
安価であっても、品質にバラつきや不良があったら
日本人は買わない。怖くて手を引く。
買ったとしても評価★1にして2度と買わない。

「安もの買いのカネ失い」として
低所得層の私でも買いたくない。
(結局のところ安ものは損になるよ)

「日本人は品質に対しては世界一シビアな国民」

「いいものなら高くても買ってくれる頭脳派民族」

(もちろんすべての日本人ではない)

あなたはシャネルのバッグを見たことがあるだろうか?
ブランド保証の文面は日本語になっている。
英語でもいいのにどうしてなのか?

聞いたところによると
海外のブランドメーカーは
日本市場向けの商品の製造工場は
特別に運営しており、
箱や包装などすべてにおいて
品質チェックを厳重にしているそうだ。
日本人は細かいところまで気にする
クレーマーが多いということを知っているからだ。

確かに日本に流通している製品は
ほとんどが中国製だ。
でもなぜ不良が少ないかというと
日本の会社がすべて検品しているから
日本人品質が保持されている。
だから我々は安心して日本で買い物ができるのです。

ところがアマゾンジャパンが
そんな日本の事情を知り尽くしていない
中国人セラーを歓迎をすると、
日本に“ゴミ”を流通することを許しているので、
ゴミを買った人は怒るし、
狭い日本でゴミ問題に拍車をかける。

しかもアマゾン全体のイメージダウンにつながり、
日本人の顧客満足度を下げる。

私は中国輸入販売も少ししてます。
商品リサーチ中にレビューを読むのですが、
ひどいものが多い。
それを読んだらビビッて輸入仕入れできませんでした。

アメリカで実績がある中国人セラーでも
小難しい日本人の感性を理解できるとは思えない。
私たち日本人でも製造販売の戦略に頭を抱えているのに。

「安けりゃいいってもんじゃない!!」

逆にアマゾンジャパンがアマゾンチャイナ
日本人セラーを紹介するのは賛成です。
現在中国側の輸入規制があるので
(詳細は知りません)
実現には時間がかかりそうですが、
中国人の懐事情が益々潤っていく過程に入っているので
アマゾンチャイナで大儲けできるチャンスです。

最後に日本人のあなたに言う。

「中国人セラーのものは買うな」