7月 242015
 

年に1度の7月15日に
アマゾンのプライムセームがあった。
私はハオロンさんのFacebookコミュニティに所属していて
そこでハオロンさんが知らせて下さりました。

それまでそんなセールがあることを
全く知りませんでした。

何でアマゾンはヤフーやGoogleの
PPC広告を使わなかったのだろう?
Youtube動画でもいいから…

そのセールの存在を知った後に
テレビCMを流しているのを聞きました。
テレビCMなんてどんだけ宣伝費が高いか
小学生でも知っている。

思うにアマゾンはネット利用者ではない、
年齢層の高めの人を取り込みたかったのではないかと考える。
「アマゾンで大セールするのでよかったらどうぞ」と。

でもこれはプライム会員ではない人が
年会費3900円払うことによって
プライムの良さを知ってもらうことを一番としているはず。
何でテレビCMを打つ必要があったのかさっぱり分かりません。

つまり今いるアマゾン利用者に
プライム会員に加入させることが
プライムセールの目的で、
(もしくは会員さんへの日頃の感謝で)
テレビを見る消費者よりも
ネットを利用する消費者に訴求すべきだった。
だからせめてGoogleのYoutube広告や
ヤフー検索ページに広告を打ってほしかった。

私はアマゾンのファンです。
購入者としても出品者としても。
だから広告を打つにしてももう少し頭を絞ってほしかった。

ついでに言わせてもらうと
セール日のセール品はあまり魅力的なものはなかったです。
キンドルの値段はそのままだったですし。
客寄せパンダとしてキンドルを安く売ってほしかったな…
年に1度ならドーンと行けばいい。

私は広告については否定しませんが、
極めて消極的です。
なぜならそれを見て購入することはほとんどないからです。
「へぇ~こんなのがあるんだ」
くらいの感想です。

まあ広告を利用する人はとにかく
『費用対効果』を意識して下さい。