12月 312017
 

料理の作り方が気に入らなかったら
もう2度と来店しなければいいだけのことなのに
店のオーナーを暴行殺人した2人の中年男性がいる。

客は神様ではない。
ナメられたらアカん!!

特に庶民相手の商売においては
とんでもない困った客がいるものです。

「もし危害を加えられたら反撃せよ」
(正当防衛になる)

対策としては
日頃から格闘技を習っておくこと。
もしくは用心棒を雇うこと。
幸いにもここは日本で銃社会ではない。
空手の技でも十分に通用します。

残念ながら暴力は無くならない。
ヒトは動物だから。

殺人をした2人は
その動物から人へと
せっかく生まれ変われたというのに
本能を統御できない幼い魂の持ち主だった。

まだまだ人類は反省が足りないようだ。

ちゃんこ店暴行死 謝罪する経営者を殴る蹴る
朝日放送【12/31】

滋賀県草津市のちゃんこ料理店で、
経営者の男性が客の男2人に暴行されて死亡した事件で、
男らは、謝罪する経営者を執ように
暴行し続けていたとみられることがわかりました。

浜野慶治容疑者(46)と関一也容疑者(45)は21日夜、
草津市内のちゃんこ料理店で、
経営者の糸岡真二さん(60)に殴る蹴るの暴行を加え、
死亡させた疑いが持たれています。
2人は、「従業員の雑炊の作り方が気にくわなかった」などと供述。
別の場所にいた糸岡さんを呼び出し、
暴行を加えたとみられます。
捜査関係者によりますと、警察官が店に駆けつけた時、
糸岡さんは顔から血を流し、
うずくまった状態だったということです。
現場にいた人は、
「糸岡さんは、『堪忍して下さい』と複数回、謝っていた」
と証言していて、
警察は、謝罪して無抵抗な状態の糸岡さんに、
2人が暴行を加え続けたとみています。
(以上)