8月 232014
 

私が中国輸入で利用していた「きりん便」の会社が破産した。
http://global-sas.com/

大阪の堺市から神奈川の小田原市へと
移転した矢先に
いろんな経費がかさみ
ついには破産申請したようです。

上の住所はアマゾンの倉庫に近い地域です。
・小田原市はメディア系
・堺市はアウトドアやおもちゃなど

「どうしてド田舎の地方に倉庫を置かないのでしょうか?」

僕が置くとしたら
近畿:奈良、和歌山、滋賀
関東:群馬、栃木
東海:岐阜、三重

1、まず固定費を安くできる。
2、広い場所を確保しやすい。
(人件費はそれほど変動がないかもしれない)

日本のどこへ配送しても
到着日なんてそれほど変わらない。
(北海道・沖縄・離島を除く)
上記の候補県なら配送料も変わらない。

倉庫業が倒産する理由はさまざまかもしれないが、
固定費を安く済ませることは
ビジネスでは必須です。
仕入れ(在庫)がないというメリットがあるので
考えることは管理費(変動費)のみになる。

誰もアドバイスしてくれなかったのかな?

経営コンサルタントは
第三者的な目線で見てくれるから、
経営が悪い時ではなく
いい時であっても
そのアドバイスは傾聴した方がいい。
人に相談することは恥じゃないのだから。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA