3月 082014
 

コンビニ業界は厳しい。
各社横並びサービスで独自性が打ち出せていないのが現状。
その中で生き残る方法はないと僕は思う。
強いて言えば『自主廃業』して売却・譲渡してしまうことが一番利益になる。

1日に40万円の売上げとは本当に厳しい。
(弁当・おにぎりを何個売らないといけないの?)
店舗維持費が恐ろしくかかるので、
40万円くらいないと赤字が出るのでしょう。

「リアル店舗ビジネスは儲からない」

その点ネットショップの維持費なんてたかが知れています。
ヤフオク月額500円程度。
アマゾン月額4900円と在庫保管費など。
カラーミーショップで独自ショップ月額1000円程度。
楽天は知りません。
やろうと思えば無料ブログ、Facebookでも売れる。

安いでしょ?

誰でも参入できる。
失敗してもすぐに立ち直りができる。

「何でコンビニ経営に興味がある人がこの日本にいるのか?」というと
(ほとんど中高年でしょう)
ネットで物を買うことに抵抗感があるから。
自分で買ったことがないから、その良さ・便利さを知らない。

つまり頭が悪いということですが。

「何で勉強しないのか?」

頭が新しいことを受け付けなくなっているから。

「ではどうして受け付けられなくなるのかな?」

若い頃から絶えず新しい刺激を脳に与える習慣がなかったから。
突然脳が拒絶するわけではなく、
じっくりジワジワと蝕んでくるのです。

脳の老化は遅らせることができます。

「いつも“好奇心”を持って生きること」

世の中の変化を好意的に観察する。

要するに「みんなを幸せにしたい」という願望が好奇心を保温状態にしてくれるのです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA