11月 252013
 

この動画に出てくる佐藤氏は怪しい。
しゃべりが何だかたどたどしい。(自信なげ)
詐欺の臭いがプンプンする。
(稼いでいるオーラがないぞ!!)

彼はアフィリエイトを教えると言う。
稼ぐのが難しいアフィリエイトで月収1200万円だって。
(※今のところ実績の証拠画像を見せてくれてません)

私は物販の船原氏のメルマガからカラクリを聞いたことがある。

1、フェラーリをレンタルして動画を撮る。(オドオドと乗ってたよ)
2、しかも高級ホテルを1泊借りてあたかも住んでいるかのように思わせる。(似合ってねー)
3、そこで「私はアフィリでたくさん稼いでます。ほらこんなにいい生活ができてるでしょ」と嘘をつく。
4、高額な塾やセミナーを開いて、稼げないのに「アフィリエイトのやり方(基本)」を教える。
5、どうせクレームがくるので正直に話す。
「私のように嘘をついて高額な塾やセミナーを開いて稼ぎなさい」と。

情報系セミナーや塾は結果どちらにせよ詐欺呼ばわりされるので、
自分が一人加わっても大したことはない、他の人もやってるさ、
という言い訳で詐欺をしてでも稼ぐつもりです。

気を付けて下さい。
特に若い人(情報弱者)は騙されやすいので気を付けて下さい。

追記
http://sfa1200.com/nfb/?page_id=137
ここからセールページに飛びます。
見るだけにしてね。
・決済がinfotopではない。
・16万人の読者がいるのに、検索しても詐欺しか出てこない。
・1200万円も稼いでいるはずなのに株式会社を持っていない。節税は?
・自身の成果を明記していない。
・19歳で240万円もの大金を借金できるのか?
・親離婚、ぜんそく持ち、中卒、ギャンブル仲間、アフィリの勉強、一発逆転のストーリー
「これは詐欺して儲けるしかないぞ」という心理的変遷がうかがえる。
・本当に19歳か? 20代半ばかも。年齢詐称の疑いがある。
(若い人は騙されても仕方ないほど巧妙)
・塾生の成果報告も変。代表的ASPのinfotopとかA8ネットの文字がない。

※佐藤潮氏は若き巧妙な詐欺師である可能性95%以上。

  2 Responses to “佐藤うしお氏の『寝てフェラ成功術』は臭い。”

  1. おいこら、佐藤うしお!!
    情報弱者をバカにするのもいい加減にせいっ!!
    何がフェラーリだよ、カス!!
    俺は寝ながらフェラチオされたいわ!!
    嘘ついて人生を終われや、ボンクラが!!

    お前に言いたいことなんてないよ。

  2. 〜 やまちゃんのめったくたブログ! 〜

    本業だけでは生活が苦しい!?–55%が「副業を考えた事がある」
    …というか、『本業で認められて副業が出来る』ってのが一番望ましいんじゃないかなぁ…と。
    例えば三橋貴明氏は本業は中小企業診断士で、企業財務、経理のプロ。
    その視点で日本を分析したら…というのが彼の持ち味。
    『お金の現場』を知っている人の評論が世に認められる、というのはまだまだわが国もなんだかんだ言って健全なんだろう。

    三橋さんの盟友である代表戸締役(渡邊哲也)氏も本業は企業経営なので、そういう『お金』と『儲け』に対するシビアな評論は『黒い人』の名を頂くだけのものはある。

    それだったら問題ないと思うんですがねぇ…
    ただ、一般人にはそれは非常に難しいんじゃないかと。

    それ故にネット広告なんかで『簡単に**万円稼げる』とかいう広告が出るのだろうし、そういう広告が出せる、ということは、それなりに食いつく客はいるんだろう。

    何時終わるとも知れないデフレ不況で、こういう詐欺まがいの広告や営業が幅を利かせる時代。

    それの真贋を見極めるのは難しいと言えば難しいが…

    ただ、もし一つだけ手段があるとすれば『社会的に認められたルートかどうか』ということなんだろう。

    例えば『ブログで儲ける』と言っても、簡単に儲かるわけじゃない。
    その手の指南本なんかを読んでみたが、正直言ってこんなの詐欺だわ…
    『いくつもアフィリ目的のブログを作る』だなんて一体全体そりゃどうよ?と。

    三橋さんによれば、日本で開設されているブログは三千万くらいだそうだが…だが、これからアフィリ目的のブログを除いたらどのくらい残るのだろう…??

    まあ、無料だからいいじゃないか、って意見もあるだろうが、こういうのはある意味ブログ運営会社の信頼を損ねる行為であると思うし、ひいては日本の健全なブログ文化形成を阻害しかねないのではなかろうか。

    そもそも『メディアの価値』って、如何に『社会に有益な情報を流すか』にかかっているんであって、ただただ『アフィリ目的』のブログを沢山作ったところで社会に対しての影響はどうなんだ?と。

    こういうやり方は各ブログ運営会社にとってもいずれ大きな負担になるだろうし、アフリエイト広告各社にとっても問題になっていくだろう。
    現に『広告ブロック』機能がブラウザや様々なセキュリティソフトに実装されて来ている。
    そのうちに『アフリエイト目的のサイト誘導』とかもブロックするようなデーターベースが整備されるかもしれない。
    そうなったら広告媒体としてのブログの価値はがた落ちである。

    あんまり今は問題になっていないけど、一回問題化したら凄いことになりそうな予感がするんだが…
    どうだろうか?

    ネットで儲ける!ブログでアフィリエイト 改訂版/和田 亜希子

    ¥1,029
    Amazon.co.jp
    ブログを現金製造機に変える方法―月1000万円を稼ぐインターネットの達人が教える!1日30分の…/市原 高一

    ¥1,575
    Amazon.co.jp
    こういう本は真に受けない方が身のためではなかろうかと見ますがねぇ…
    売れる、ってことはまあ、なんだな…

    ➡︎ http://ameblo.jp/yamachanhangyo/entry-11712081329.html より借用しました。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA