7月 282013
 

つまりビジョン(経営理念)への強い想いなんですが。

若手のネット企業家たちは「他人を稼がせたい」と真摯に思っている。(それは嘘ではないだろう)
稼いだ人間がゆとりのある人生を満喫できるようになり、家族や友人を幸せにできる。
お金によってもたらされる幸せも少なからずにあるので、
「他人に稼げるようになってほしい」というメッセージは素晴らしいと思う。

ところで、教材を買った人、セミナーに参加した人は稼げるようになったの?

100%の人が稼げるようになったという報告をもらえば
経営理念は達成された。
企業としての存在意義は大いにある。
(そんな会社ばかりなら日本は幸せね)

しかしながら実際のところ100%が稼げたということは無いですね。
つまり顧客満足が100%ではない。

『お客さんに支持されない会社は廃れる』

「返金保証をつけているからそれでいいだろ」では責任回避だから、
(その時点でビジョンへの熱意がない)
起業家・企業家は情熱家であってほしいものです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA