6月 272013
 

保険の営業は難しい。

営業マンは成果を出したくて、
親類家族にお願いして保険に入ってもらう。
だがその後が難しい。
新規のお客さんを獲得できない。

悩んで苦しんで最後は(ノイローゼ気味で)辞める。

だが保険会社はこうなることをすでに予想している。
営業マンの親類が加入した保険金で十分利益があるからだ。
つまり「営業マン=お客さん」ということです。
(車の営業も似たような構図かもしれません)

保険の営業をしている方は、今すぐ辞めて下さい!!
そんな会社の保険に加入している方も、今すぐ解約して下さい!!

僕なら営業マンにはなりません。

「あなたは見ず知らずの人から何かを買いますか? 買いたいですか?」

では現在、車や保険などのセールスをしている人は何をすればいいのか?

自分が誇りを持って(楽しんで)紹介できる商品やサービスを売ります。
(アルバイトでもいいじゃないか)

テニスが好きなら、テニスグッズを。
釣りが好きな人なら、釣りグッズを。
カジュアルファッションが好きなら、お気に入りのカジュアルを。

形のある商品よりも、形のないサービスの方が儲かっていくことと思いますので、
『モノより思い出』を意識しておいて下さい。

上記を例にあげるなら
テニス仲間を集めてサークルを運営し、会費を得る。
(会費を得るのが嫌ならば、アフィリエイト収入を目指す)
釣り仲間を集めてサークルを運営し、会費を得る。
(もしくは利用施設から集客代金としてキックバックを得る)
ファッションコーディネートをして、コーディネート代を得る。
(もしくはファッション店から商品価格の何十%を販売手数料を得る)

まず最初にすることは『仲間作り』です。
それには信頼関係(ラポール)が必要ですので
僕ならすべてタダでします。

儲かる商売は絶えず変わっているのです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA