11月 182018
 

和佐大輔さんと原田翔太さんとが
アフィリエイトについてこう言っています。

(以下Facebookから抜粋)

「オプトインアフィリエイト」
と呼ばれる仕組みが採用されます。

これは
「1人登録者を獲得すれば○○○○円」
というやつですね。

例えば1件の単価が1000円なら、
10人紹介で10000円が報酬として受け取れます。

しかし、これは業界の闇が深く、
「オプトインの報酬単価が高い」と、
それはかなりの確率で詐欺です。

例えば、アフィリエイト報酬を「非承認」にして
頑張ってくれたアフィリエイターに
報酬を支払わない悪徳業者もいます。

また、単純に「それだけお金が払える」ということは
「かなり高額な商品をあの手この手で売る」
ということを意味します。

100万円とか200万円のバックエンドがあるのがザラです。
これだとあまり人に紹介したくはないですよね?
詐欺の片棒を担いでいるようなものですから。

もちろん、100万円の価値がある商品やサービスを
売っている場合もあるので、
全てが詐欺だというわけではありませんが、

でも、ほとんどは夢や希望を煽って、
中身のないサービスを売りつけているものばかりです。

そしてさらに、
「不正アフィリエイター」
というものも存在するのです。

1件の単価が3000円とかになってくると、
不正登録をして儲けようとする連中もいるわけです。

こんな風に、

1.アフィリ報酬をちょろまかす業者もいる
2.報酬が高い(=広告費が高い)とそれだけ煽って商品・サービスを売らないといけなくなる
3.不正アフィリエイターがガンガン不正を仕掛けてくる

という感じで、オプトインアフィリエイトというのは
かなり闇深いものなのです。

これじゃあ誰も得しませんよね?

なので僕らは、
「オプトイン単価は0円にしよう」
と決めました。

つまり、何人登録されても報酬は0円です。
その代わりに、

「リストビルディング大百科の売上の90%を還元」

という形にすることにしました。

11月22日のライブ配信当日に、
「リストビルディング大百科2」
の先行販売が行われるので、
この売上の90%をアフィリ報酬で還元させていただきます。

具体的には、リストビルディング大百科の販売価格は
20000円(予定)なので、
18000円が報酬として設定されています。

これが売れたらアフィリ報酬が発生するというわけです。
まあある意味原点回帰ですね。
商品が売れたら報酬が発生する。
実にシンプルですね(笑)

(以上)

私が最近思うことは
オプトインでリストを得るよりも
誰かのメルマガ広告で紹介してもらう方に
業界全体がシフトしているような気がします。
(もちろん発行者にお金を払って)

それと数万ものメルマガ読者リストを持っていて
何かのオプトインページを紹介しても、
登録してくれる人は全体の2~3%以下。
メルマガ自体を読んでくれないというのも痛い。

「メールアドレス(リスト)を得ることは難しい!!」

というよりも皆売り込みされるのをイヤがっている。
なぜイヤがるのかというと
過去に変なものを買わされた経験が誰しもあるから。
これは販売者にはどうしようもない。
商売とはそれを乗り越えていくものだとみなすしかない。

リストの数の多さに依存したビジネスはキツくなる。
と考えるならば、いかに
・リピーターを作るか
・リピート購入される商品を売るか
にかかってくる。

『リスト集めよりも、自身の魅力作り』

これに心がけていくのが効果的なマーケティングでしょうか。

オプトイン有料広告でのリスト収集は終わる。

———-

よろしければ登録だけでもお願いします。
私も興味本位ですが登録しました。

リストビルディングの案内ページ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA