12月 282017
 

昨今ビットコインの異常な値上がりを見せているが、
私がそれ以上に懸念しているのが石油価格です。

中国、東南アジア、インド、アフリカの
(総人口は何億ですか?)
経済的発展による消費の波が、
怒濤の如く世界の石油市場に押し寄せて
奪い合いの戦争が起きるかもしれない。

石油というものは
我々の生活の中であらゆるところに使われていて、
それ無しではもはや現代人は生きていけないまでに。

石油がないを例えると江戸時代の暮らしのようになる。
ガソリン、プラスティック、ビニールがない生活。
電気ですら石油で作られている。
火力発電は原油、天然ガス、石炭で動かしているから。

あなたは電気がない生活を想像できますか?

よって需要増による石油価格の上昇(デマンド・インフレ)が
製品価格を引き上げる(コスト・インフレ)。

あらゆるものが値上がりします。
収入が増えないのに商品価格の上昇が起きれば
貧困層は今よりもっと苦しくなる。

それに製造業も小売業も皆ピンチです。
安くしても売れにくい現状なのに、
コスト高で価格転嫁を行なえば
売上げはガタ落ちで収益の悪化は必至です。
大量のリストラで失業者があふれる。
そうなれば国の財政もピンチで
税収の見込みは全く立たなくなります。

インフレは国の借金を目減りできるが、
借金以上に深刻なのが日本の資源戦争の参加。
戦争は巨額な資金を必要とするし、
平和憲法を破って兵器を持って戦争布告すれば
ミサイルの標的にされる。
ただでさえ人口減少なのに。

借金なら意志一つで返せる。
戦後の焼け野原でもここまで来れたのですから
1000兆円なんてどうということはない。

『原油高=日本ピンチ』

原油高は確実に来ます。(2030年までに)
それからもたらされる影響がどんなものか?
今日からでもかまわないので皆で真摯に考え、
その対応策を練り上げて実行していってほしい。

・省エネ、リサイクルの推進
・代替品の模索
・預貯金で資源株や不動産を購入
・清貧思想のすすめ

私は戦争だけは何としてでも避けたい。
この国の人は勢いのある方へと一気に動く国民性がある。
戦争ムードがお祭りムードのようになるその手前で
何としてでも食い止める。

戦争思考ではなく
貢献の思想を。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA