7月 012017
 

QBハウスにヘアカットしてもらおうと
愛知県の木曽川イオンに行った。
1階入り口から店内に入ったら
土曜日にしても通常よりも人がいっぱいで
何事かと調べたら
タレントの田原俊彦さんがステージで歌っていた。

http://www.toshihikotahara.com/


このCDの営業活動だと思います。

何もせずにボーとしていても
CD(商品)は売れない。
販促活動は地道な営業で行動するしかない。
(イオン側からの謝礼はほとんどないと思う)

一世を風靡した人物でも
世の移り変わりと共に
瞬く間に過去の人となる。
ひどい場合は朽ち果てていく。

「未来を邪魔する思い出なら捨ててしまえ」
(特に人からされたイヤな事)

人間皆、希望(未来)がなければ死人同然になる。
ついには自殺を決行してしまう。

今回の田原さんの営業を見て感じたのだが、
華やかな世界の住人が
一般層の住まう世界へと下りていくことは
激励そのものではないか。
なぜなら中高年の人が歌に合わせて
手を振り、歓声を上げて喜んでいたから。

とすると2000年前イエス・キリストが生まれたのも
我々への激励のためではなかったか。
神のメッセージを伝えるのと同時に、
地球に生きているすべての民に
神からの感謝とお礼、
それに労いの言葉をもたらしに来たのではないか。
それが福音書の言わんとするすべてだと。

つまり何であれ生きることは尊い行ないであると。

私は庶民と共に生きる。
上でも下でもない自転する地球の上を歩く。
必要とされなくなるその日が来るまで。

  One Response to “地方での地道な営業活動は、激励にもなる。”

  1. 思考はたえず先へ先へと進んでゆく。
    それは非常に遠い先まで見越してしまう。
    現在に留まっている肉体よりずっと先をだ。
    希望を圧し殺すということは、思考を肉体に戻してしまうことだ。
    そして肉体は腐敗するにちがいない。

    ~『太陽の讃歌』アルベール・カミュ より。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA