12月 252016
 

以前記事で紹介したことがありますが
amatenというギフト券を
ネット仲介売買している会社がある。

手数料を上げたようだ。
(欲出しやがったな)

売買成立手数料:0.99%
振り込み手数料:499円

「ギフト券仲介業にチャンス!!」

私ならすべての手数料を無料にする。
それにより膨大な集客を見込める。
集客ができたら広告主が後を絶たないので
広告費で荒稼ぎできる。

このSNS時代でも
「私の新商品を宣伝したいのですが…」
という企業は多い。

【ギフト券を買う=購入意欲が高い】

私もアマゾンギフト券を買っています。
なぜならアマゾンでの買い物が多いから。

PPC広告よりも費用対効果が良さそうです。

しかも手数料無料になったら
売り手に困らなくなる。
現在Amazon以外の楽天ポイントやDMMは
まだ売り手が少なくて
DMMを買おうと思っている私としては寂しい。

今後ギフト券が無くなることは考えづらい。
むしろ拡大する。
(ビットコインよりも有望だと思う)
なぜなら企業にとって前払いというのはとても助かるから。

もう一度言う。

「ギフト券仲介業にチャンスあり!!」

ところでフリマ業界の王子メルカリが上場するようだ。
ここは個人対個人のCtoCビジネスで、
日本だけに留まったら売上げ規模の拡大は期待できない。
だからアメリカ市場に挑戦している。

手数料が10%でもよく売れていて、
業界2番以下はその差をなかなか縮められずにいる。

以前メルカリに勝つ方法で
フリマアプリのFacebook化を提唱したことがある。
売買相手同士の顔が見えると言うのも
少し抵抗があってまだ時期尚早かもしれない。

そこで考え直してみた。

「ラクマは楽天ポイントを安く売れ」

ラクマでは楽天ポイントが使える。
私も利用した。
そうすることで楽天市場で買い物をする人を
ラクマに引き寄せる効果が出てくる。
これはバカにできない。

メルカリでもポイント制があるが、
安く売ることはしないだろう。
なぜなら手数料10%との相殺があるから。

それに対抗策しての手数料無料戦略ほど
王者メルカリに脅威を与えるものはない。

手数料無料ではやっていけないから
「広告費を払えば上位表示されるサービスはどうだろうか?」

ヤフオクではすでに行われていることですが、
これは大いに収益に期待が持てる。

自分の商品を上位に持っていきたい人は
実に多いだろうから、
広告収入は手数料無料をカバーできるでしょう。

念のために言うが私はラクマの回し者ではない。
メルカリにもがんばってもらいたい。
なぜなら山田一族だから(笑)

「アメリカに進出するメルカリはどうなるのだろう?」

アメリカのCtoC事情は知らないので
あまり偉そうには言えないが、
「アメリカ人はそんなバカじゃねぇぞ」
ですね。

悔しいけどネットサービスのほとんどはアメリカ発祥。

eBay、Google、Yahoo、Facebook、YouTube、Twitter、Airbnb、UBER、その他

勝算はあるのかな?

勝つためにはアメリカ法人を任せられる人物が必須。
いるのかな?

私ならお隣さんの韓国に進出したい。
反日感情を持つ韓国人が多いのも知っているが、
日本が好きな若い人も多い。
物流網は整っているし、決済サービスも安心だし。
人口は5000万人で申し分ない。

今韓国の女性大統領の不祥事で国内が混乱している。
(叩けばホコリの1つや2つ誰でも出てくるものさ)
何とか経済面で応援できたらとも思う。

話をまとめると
紙媒体・テレビ媒体の広告費が
ネット広告へと流れ込んできている。
それをつかみに行けってことでした。
終わります。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA