7月 142015
 

悪友と関わってしまうことは誰にでもある。
社会の中で生きていかなくてはならないし、
独りきりというのは寂しいものだから、
交友を持とうとする気持ちは人間だから仕方ない。

心に確固とした自律心なく
他者への依存度が高いと、
どうしたわけか悪い人間が近づいてくる。
カネ目当てか、足の引張り合いか、悪口の花盛りか。

こんな人間ばかりの環境であなたは成長できるのか?

悪に染まるな。
負けてはいけない。
こいつは悪友だと思ったら全速力で離れろ。

私は孤独の夜に悩めるそんなあなたに
新婚初夜のような甘い関係をもたらそう。

本だ。
特に古典がいい。
幾夜の長い年月を経て
今日まであなたを待っていてくれた数々の書物。

さあページを開いてみよう。
そこにあなたの悩みを打ち明けても
誰もあなたを責めたりはしない。
嘲笑いもせずに黙って聞き耳を立ててくれる。

最高の友ではないか。

もし良き友、善き指導者に恵まれないあなたへ。

KindleやKoboをバッグに入れて
胸いっぱい期待いっぱいの情報源と共に、
今日も独り密かに。

※電子書籍の宣伝でした。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA