7月 202015
 

無料メルマガに登録させようとする人は
必ずバックエンドを用意しています。
必ずです。

※バックエンドとは
顧客との関係を築いた後に
販売する商品を指す。
逆に関係構築の前に提供するものを
フロントエンドと言う。

なぜなら無料で何かを提供する人なら
私のように公然とブログで書いていく。
でもわざわざメールアドレスを登録させようとするのは
何か高額なものを売りたいからです。
(今だったらコンサル案内ですね)
それをキャッシュポイントと言いますか。
(キャッシュを得られるところという意味)

そんなビジネスでもいいと思います。
否定はしません。

ただ面白い記事をどんどん書いていかないと
メルマガを解除されます。
もしくは読者に有益な情報を提供し続けないと
そっぽ向かれます。
なぜならメルマガに引き込もうとする人は
今やウジャウジャいますから。

私はそこまでしてメルマガに持ち込みたいとは思いません。
キャッシュポイントもありませんし。

私はこのブログでお金を要求することはないので
安心して読んでもらえるとうれしいです。

(私の収入を増やすいい方法は思案中です)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA