3月 222015
 

Facebookにてある青年が自ら発信した投稿に
何の返答も「いいね」もないので、
情報のもらい逃げは情報泥棒だと言ったが、
それは仕方がない。どうしようもない。
ネット上において著作権はあってないようなものだから。

私のこのブログの読者がどれくらいいるのか分かりませんが、
何の反応もない。
メルマガを発行している人の中にでも
質問や疑問などを送ってきてくれる人が無くて
本当に読んでくれているのか寂しいと言った人もいる。

読者(お客)というのはそういうものなんだと考える。

そして情報コンテンツは無料化の方向へどんどん流れている。
それも止められない。
よって自分の発した情報は最初からタダだと思った方がいい。
でなければ会員向けだけとか、メルマガ読者だけにするとか。

情報と言っても
自分の体験したことは口で言っても文字にしても、
相手が同じ体験をしていなければ理解されない。

ここに無料化とは逆行する解答がある。

つまり経験こそが情報の差別化を生み出すのだと。
生きることそのものが有益であると。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA