1月 312015
 

去年2014年の年末にヤフオクで詐欺に遭いました。

eBayでシャネルのバッグを12万円で落札して、
(今までで一番大きな仕入れでした。ドキドキハラハラした)
ヤフオクで15万円以上で売ろうとしたのですが、
質問欄にアメリカのサンチェスさんから英語で2000ドルで買うから
マレーシアに妹に送ってくれと質問が来たので、
試しに(興味本位で)メールしてお前の写真を見せろと言ったら
下の写真が来ました。
(一番下の写真は送金した証拠画面。ねつ造です)

Paypalで送金を頼んだのですが、
そんな銀行は知らない、持っていないと言う。
(その時点で怪しいと思わなきゃ!!)

単純に考えれば誰もが嘘くささを感じることですが、
今回は欲と子供の写真で懐疑思考が飛びました。
(子供を持ち出されると俺ダメ)

※サンチェスさんは自分と家族の写真をお金欲しさに売ったと思われます。
(確証はないですが)

悔しいですが、なぜか犯人への憎さはないです。
好き好んで詐欺する奴はいない。
利殖の才能を悪い方向へ向けてしまう育った環境がそうさせたのでしょう。

「罪を憎んで人を憎まず」

今回分かったことが3点あります。

1、オレオレ詐欺に遭った年配の方の気持ちが理解できたこと。
2、たった12万円で凹む俺の収入の低さ。
3、シャネルのバッグってこんなもんか。

「孫のために何とかしてあげたい!!」という
おじいちゃん・おばあちゃんの気持ちを心底理解できた。
以前は「日頃からコミュニケーション取っておけよ」
騙される方も悪いと半ば否定的な目で見なしていたのですが、
今回の件で完全に犯人が悪いという立場になった。
この日本で頑張ればそれなりにチャンスをつかめる国に住めて、
私たちは何と恵まれていることか。
それを悪知恵を働かせてこの野郎が…

でもお金は戻って来ないし、
何とか吹っ切ることができればいいのですが。
懸命に貯め込んだお金をだまし取られた年配の方じゃ
その境地は無理でしょうね。

今の私自身の収入は全然ダメだ。
もっと上げていかなければいけないと決意が持てたことは、
詐欺にひっかかるのもマイナス面ばかりではないと思った。

12万円なんて「また稼いだらええんや、ははん(余裕)」と思えるまで行きたいものです。

シャネルのバッグを手に取って
「この紐の弱そうな単なるバッグをこんな値段で買う女性って一体…」
なぜ女性はブランド品に弱いのか考えた。

ブランドを身に付けると「お姫様」気分に浸れるから。
つまり見栄ですね。
この心理を理解しないと商売はダメだと思う。
ファッション関係の方は勉強した方がいいでしょう。

 

ちなみに詐欺師の送り先であマレーシアの住所は
Name:Wan Nara wan Razak
Adress:Block A-23 A-18 PV20 Platunum Lake Conde, No5 Jalan Usahawan 2 off Jalan Genting Klang setapak Kuala Lumpur Malaysia
Phone:+60149350631

※直取引は絶対にしないで!!!

santi lopez
santi
lopez
first-citizen-bank

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA