11月 112014
 

(メルマガから抜粋)

タイトル:「成功への一歩を踏み出す」

おはようございます!
佐々木です。

先週末は武道の稽古で
なまった身体を叩きのめされました。
おかげでヒドい筋肉痛です。

ただ、本当に学びが大きくて
溜息が出るほどです。

こんな技術を体得できたら
どんなに素晴らしいだろうって思います。

自分がキツいとき辛いときに
人に優しく深切に接することができる人、
自分の軸がぶれない人、

こういう人になるために、
修行ってあるんだなって
つくずく思いました。

自分の器をもっと大きくしたい、
そう純粋に想った週末でした。

さて、今日は仕事に関する質問です。
東京在住の女性から頂きました。

ーーーーーーーー
いつからかメルマガを登録して、
日々の楽しみの一つになってます。

私も自力で色々と
掴んできたタイプですので
佐々木さんのおっしゃることは
割と殆どわかります。

出発点が激しくマイナスでしたが、
今では平均よりは上かなと思える位の
レベルには来れたと思っています。

30代に突入し、結婚する気もなく、
女1人で生きて行くために
仕事がうまく行ったら良いなと
最近考えるようになりました。

そこで疑問が出てきました。

仕事は会社員、特に
やり甲斐はなく淡々としています。
趣味は充実しています。
趣味のために働いているという感じです。

前は夢も希望も楽しみも
何もなかったので趣味があるだけ
幸せだとは思いますが…

本当にやりたいこと
(今のところカメラが有力です)
を極めてそれを仕事にするのか

それとも趣味を続けながら
無難に会社員で事務職として
上り詰めることはできるのか…

サラリーマンとして
給料アップという意味が
いまいちよくわかりません。

かといってやりたいことで
余裕のある収入が得られるように
なるかもわかりませんし…

言ってる意味通じますかね…

やりたいことを仕事にするのが良いのか、
それともある程度やりたいわけでも
ない仕事の経験を積んでいき、

趣味や余暇で得たものが
熟すまで待つのが良いのか?

人それぞれでしょうか?
メルマガだけではよく
わからなかったので
質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

[以下が佐々木浩一さんの回答になります]

とても良い質問ですね。

人生設計の中で、お金の戦略を
持っていないのは致命的です。

なぜなら、
明確なプランがなければ
絶対に経済的に豊かな
人生にはならないからです。

本当に残念な話ですが、
日本国民の80%以上は、
人生設計の中に経済的な豊かさを
手に入れる為のプランを持っていません。

なぜそんなことが言い切れるのかというと、
平均年収、平均貯金額、選んでいる仕事、
これらを見たらプランを持っているかどうか、
ハッキリわかるからです。

多くの人は会社勤めをしています。
今の社会で会社勤めはとてもリスクが高いです。
行動成長期は会社勤めは安定してました。

でも今はそんな時代じゃないです。

では、どんなプランを持ったら良いのか?
ここから話さないといけません。

ご質問頂いた文脈とは論点が
少し違いますが仕事の選び方は
明確な基準がありますので
以下参考にしてみてください。

すべての発想は
「自分がどうなりたいか?」から
スタートします。

これがないと目的地を決めずに
旅行に出かけるのと同じで
無意味な時間がただ過ぎるだけです。

では、好きなことを仕事にするのが
自分にとって理想のかたちなのか?

これに関しては、僕はyesであり
noでもあります。

仕事は今の生活を守るために
やらないといけないので、
好きなことを仕事にするのはキツいですよ。

競争の中で勝ち残る
つまり差別化がハッキリできないのであれば
勤めで稼ぐよりも難しいです。

差別化するには技術を磨く時間が必要です。

僕はどうしているのか?という話をした方が
わかり易いかもしれませんね。

僕は自分の好きなことを仕事にできる
ラッキーな人間です。

アスリート時代の挫折が理由で
人の可能性をかたちにする研究を
17年やり続け自分でも実践したせいで、

自己成長に関する教育プログラムを
デザインすることに関しては
他と全く違う差別化されたものを提供できるだけの
スキルを持つことができました。

そのおかげで普通の人の何倍も稼げています。

この仕事をやり続けますが、
しかし今は、この仕事は
生活の為の仕事となっています。

もし、僕が病気をしたり事故をしたら、
家族を守れません。

僕が欲しい未来は、家族とともに、
ゆっくりと時間を過ごしたいのです。

娘のスケートを毎日本当は見れる
心の余裕が欲しいのです。

ということは、
僕が働く働かないに関係なく
毎月途絶えることのない収入の流れを
つくることが僕が目指すものです。

「金持ち父さん、貧乏父さん」という
ロバートキヨサキが書いた本をご存知ですか?

その本の中に「労働収入」と
「権利収入」という全く違うお金の
得方があることが書いてあります。

自分が働くことで得る収入の「労働収入」と
自分が寝ていてもどこで何をしていても
関係なく入ってくる「権利収入」とでは
どちらが豊かな人生になるかは歴然としています。

僕がこの考え方を知り、
「権利収入」をどうやって構築するかを
勉強し実践し始めたのは
2002年からです。

一人で勉強し色々試していましたが
まったくうまくできませんでした。

そんな僕が、
2011年からメンターに出会い、
僕の人生はドンドン変化し始めました。

何が変わったから結果が出始めたのかというと、
成功する人の「考え方」を学んだからです。

その「考え方」が元となっている習慣を
この目で見て真似したからです。

これは成功者と直接関係をつくり
目と目を見ながらのコミュニケーションを
重ねてゆかなければつかみ取ることはできません。

僕がオンラインのプログラムを
提供するのは成功者から直接学ぶ為には
絶対に基礎がないと無理なんです。

その基礎を学べる場として
無料のもの有料のものを提供しています。

今回、11月12日と13日に行う
無料ウェビナー(注:習慣を変えるというテーマ)もその活動の一つです。

今日が申し込み最終日、
明日明後日が本番です。

今すぐに以下を見てください。

成功への一歩を踏み出す:
http://bizsp.biz/item/70339/5185/

では、今日も元気に笑顔で!
ありがとうございました。

佐々木

(ここまでが抜粋)

私のアドバイスです。

まず最近の佐々木さんのメルマガは誤字が多いです。
アメリカ在住で英語で接するばかりですので
日本語を忘れていってしまうのは仕方ないですが、
収入を得ているビジネスが日本人向けなので
日本語を日本人以上にものにしないと
読者に愛想を尽かされるかもしれません。
気をつけて下さい。

さて質問者が佐々木さんに答えてほしいのは

・退屈な事務職員としてこの先無難に生きていけばいいのか、
・それとも(いろんな場所へ行って)カメラで食っていくのか、

二者択一だと思われます。

私なら質問文を読めば一発で分かる。
質問者は事務職を早くおさらばして
好きなカメラで生きていきたいのだろうなって。

私も自力で色々と
掴んできたタイプです…

現在カメラで収入を得て生活する夢は持っている。
これも自力でたどり着きたいのでしょう。

サラリーマンとして
給料アップという意味が
いまいちよくわかりません。

この文はお金を増やしていくことに
それほど情熱を持っていない証拠ですね。

言ってる意味通じますかね…

この一文を理解できますか?

こんな短い文章でこの一文をあえて言うのは、
質問者の女性に

「何グズグズぬかしとんじゃ、ボケ!!」
「カメラで生きたいんなら、やれるとこまでやってみろ!!」
「俺(佐々木)だって夢持ってアメリカ行ったんじゃ」
「それでもこうしてやれてる。(俳優の)小坂の動画も見たやろ!?」
「その前に俺(佐々木)のために家族の写真を撮りにアメリカ来いや!!」
「おごるよ」

とこんな風な叱咤激励がほしかったのではないかと思う。

ですが佐々木さんの回答はズレている。

私が思うに佐々木さんは
「経済的自由を得られるための指南役になる」
(稼がせるリーダーになる)
のがいいように思いますよ。

自己成長に関する教育プログラムを
(省略)
やり続けますが、
しかし今は、この仕事は
生活の為の仕事となっています。

当初「日本人を世界のリーダーにする」という目標を掲げ
独自で開発した教育プログラムは
その達成の為に欠かせないものですが、
それはすべて収入を得るためのものだと言っていますね。

つまり佐々木さんはお金を得ることこそが
佐々木さんの掲げる目標よりも大事と言っている。

私はそれについて文句はありません。
お金を得ることは大事ですから。
ただその当初の目標は弱いメッセージに聞こえます。
なぜなら佐々木さんの目標は家族と楽しく過ごすことで、
日本人をリーダーにするリーダーになる情熱は感じられないからです。
(佐々木さんをリードするのがお金なら、リーダーはお金ってこと?)
どんな人生でもそれはそれでいいじゃないですか、家族は大事です。

私から佐々木さんへのアドバイスは
「多くの日本人に経済的自由を」
これを目標にしてメルマガやセミナーをすればいいと思う。
途中で路線変更はOKです。

すべての発想は
「自分がどうなりたいか?」から
スタートします。

まったくその通りです。
佐々木さんは「家族と楽しく」が一番の目標なのだから、
リーダーの卵のリーダーと片意地はらずに
「お金を稼いで家族を大切にしよう」
それを日本人に向かって発信し続ければいいのではないかな。
私なら変えてしまいますけど。

誤字の多さも人生相談が苦痛になってきている証拠だと思う。
生き方を教えるのではなく、
稼ぎ方を教えるというメルマガでも
読者は喜ぶと思います。
自身が一番喜ぶのではないでしょうか。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA