11月 092014
 

私がヒカル氏のことを知ったのはYoutubeです。
彼はYoutubeに広告を出したが
(その広告動画を見た)
それほどの効果は得られなかったという文章を読んで、
私は広告については否定的な意見になった1つです。

http://hikaru0918.info/

今の彼のブログは1年前とだいぶ変わって
(初期は情報商材の評価をしていた)
ビジネスの話は途切れ、
Youtubeにおいてゲームとトークで自己表現しているようです。
(それほど興味はない)

私は1年くらい前に
女の子の自殺についての彼の動画を見たが、
削除したみたいですね。
重いテーマから逃げたのでしょう。

私は彼に言う
「現実から逃げてはいけない」と。

『生と死』という人類が抱える謎は
避けて通れない永遠のテーマです。
生きていれば必ず付き付けられてくる
逃げ道のない実存の“痛み”です。

人は死す。
生まれたからには死なねばならない。
その宿命を皆が等しく背負う。

あなたは“死ぬ覚悟”ができていますか?

そして私は若者たちに言う
「死する時まで生きていく勇気がありますか?」と。

誰が何と言おうと
生きることは苦役です。
心を有する普通の人間であるならば
悲哀に遭遇し涙を流すことも多いでしょう。

ところで今私が書いた過去記事を思い出した。

(以下抜粋)

タイトル:死に急ぐ若者たちよ、「死ぬな、1秒1秒を生き残れ!!」

先進国では人口当たりの自殺者が日本が一番多いらしい。
(つまり自殺率が高い)

若者の自殺が後を絶たないのは本当に悲しい。
高齢化日本では中年の自殺も聞かれるようになった。

困難が目の前に立ちふさがった時、
「逃げたっていいんだよ」

死なない限りまた『克服』の機会もあるのだから。

「生きよ、そして苦しむことを恥じるな!!」
「カッコ悪くたって、ぶざまな生き様だって、生きることは燃焼なんだ!!」

燃えカスになるまで生き切ろうよ。

(ここまで)

私は自分の言葉で自分を奮い立たせる時がある。
「俺が書いたんだから責任を持たないとな」って。

ヒカルさん、目をそらさず挑んでみよ!!
生死が何たるか理解するまで生きてみよ!!

Youtube動画でのあなたの変わった姿を
心待ちにしています。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA