1月 292018
 

銀行は経済の心臓の役割を果たす。
お金という血液を経済社会に循環させる組織です。

そんな重要な銀行が無くなろうとしている。
理由は3つある。

●理由1:クラウドファンディング

東証1部上場企業のインベスターズクラウド
アパート経営投資のプラットフォームをしている。
(アパートを建てたり貸したり売ったりという提案をする)

すごいことに無借金経営です。
(建設業で無借金はこの会社だけ)

理由はクラウドファンディングにより
お金を集めてから建設しているから、
銀行から資金を借りる必要はない。

https://www.tateru-funding.jp/

老後のための不労所得を考えるオーナーが
全国にはたくさんいて、
有料にて優良物件の情報を提供している。

(IoTを駆使した最新のアパート)

建物を売らずに情報を売っているから
会社にはお金が増えるばかり。
この経営者は頭いいね。
現在は東京オリンピックを見据えて
大阪や京都などに民泊用物件に進出しているそうです。

●理由2:ブロックチェーン

ブロックチェーンという技術がベースの仮想通貨を
暗号通貨(クリプトカレンシー)と言うが、
それは中央集権管理を必要とせずに
AさんからBさんへと直接コインを送れる。
その時手数料はほとんどかからず
しかも安全に渡すことができる。

銀行を間に挟めば送金手数料がかかるので、
利用者はより便利な暗号通貨を利用することになる。

●理由3:貸したがらない

銀行は預金者のお金を預かる身分ですので
絶対に減らすようなことはできない。
だから融資の審査は厳しくなる。

銀行はお金を貸してその利息が儲けになります。
貸さなければ利息という儲けは得られない。

安全な融資先は儲かっている会社ですが、
儲かっている会社は融資を必要としない。
ここに銀行業の難しさがある。

お金に困っている人・会社に貸さずに
お金に困っていない人・会社に借りてほしい。

ビジネスモデルが顧客ニーズにおいてあべこべになっている。
社会的・経済的にそんな銀行の必要性はあるのだろうか。

これからの資金調達はICOになる。
ICOというのは独自通貨(トークン)を作り、
それを一般公開して販売すること。
(トークンは誰でも作ることが可能)
証券取引所に上場して株式を公開し、
自社の株式を売り出すのに似ています。

ICOが普及すれば証券会社はいらないですね。
株式の売買がなくなるから。

というよりか株式会社という形態もなくなります。
クリプトカンパニー、トークンカンパニー、
日本語にすると
暗号会社(怪しいことしてそう)、
協働組織、共同体、コミュニティ、
チーム(これがピッタリ)ですか。

10年後
今とは全く異なる経済システムに変わる。
それは今よりずっと素晴らしい世界です。
なぜなら特権階級の支配者層の力が弱まり、
富が分散されていくから。
誰もがお金に怯えずに生きていくことができるから。

日本で初めてネット証券を開始した松井道夫社長へ
この曲を贈ります。(あなたにも)

ビートルズ「Revolution」

You say you want a revolution
Well you know
We all want to change the world

君は革命が必要だって言ってる
そうだよね
みんな世界を変えたいと願ってるんだ

1月 142018
 

若い人たちの中にも
自分の家くらいは持ちたいと考える人はいる。
私はそれを否定しない。
ただし住宅ローンを組んでまで持つなよと言いたい。
なぜなら自分自身を成長させるための
「自己投資」のお金を捻出しにくくなるからです。
しかも今勤めている会社が10年継続できるなんて
その確率は10%もないだろうから。
大企業と言えどもリストラする時代です。
(トヨタやメガバンクは無くなるかも…)

・自己投資のための借金
・ビジネスを強化するための借金

これならば大賛成です。

株の世界では
「自社ビルを建てたらいったん売り」
という格言があり、
自社ビルを持ってもそれは1円の稼ぎももたらさない。
(虚栄心だけ満たされる)
逆に大きく貴重な内部資金が失われてしまう。
だから会社の成長が止まるので
株の上昇に頭打ちの兆候が出る。

それを知っているのか
上場しているIT企業のほとんどが
本社をテナントビルに入居させている。
(東京の過密地帯にあるのは感心しませんが)

上記から言えることは

「たとえ今儲かっているとしても
住居は身の丈で慎ましくしていなさい。
(もしくは月契約で借りる)
どうしても持ち家がほしいならば
一括払いで買いなさい」

ということです。

ついでに言うと
アパート・マンション経営は骨折損のくたびれ儲け。
絶対にやってはいけない。

建物は資産価値が老朽化で目減りする。
特に水回りにあるコンクリートは
15年経つとひび割れしてくるので*
トイレやお風呂の管理は大変です。

*コンクリはアルカリ性物質
洗剤やシャンプーは酸性物質
合わさるとコンクリがだんだんボロボロになる。

昔、地震の液状化現象なのか
家が少し傾いている家を見たことがあります。
補強工事がしてありましたが、
いくらかかったのでしょうか。

【まとめ】

建物は大金を出して買うモノではない。
ましてや借金してまで手に入れるモノではない。

自分という建築物に投資しましょう。

12月 032016
 

ドナルド・トランプ氏が
ヒラリー・クリントン女史を破り、
アメリカの第45代目大統領に当選した。

私はどちらも好感を持っていないので、
多民族国家アメリカも人材難だと感じた。

まあ今更何を言っても
トランプさんに決まったのだから仕方ないが、
少し彼についての意見を言わせて頂く。

正直私は彼について期待していない。

【その理由】

Wikiを見てみると
彼は父親の跡を継いで不動産開発で富を築いている。
生粋の不動産マンだ。
それ以外の事業にも手を出したが不発に終わっている。
つまり彼は不動産しかできない人。

不動産を持つということは
(読んで字のごとく)安定資産を優先する考えでいる。
これは資産家の思考です。

資産家は、資産を増やすことにフォーカスしていない。
今ある資産を減らさないように絶えず対策している。
(ちなみにファンドとは資産を減らさないようにするための基金)

事業撤退、債務、破産、2度の離婚などの
大転落を味わっている彼は、
ほとほとチキンになっている。

だから資産家トランプ大統領(70歳)は
「現状維持」マインドの持ち主です。
アメリカの諸問題を改善・解決(変化)させるよりも
これ以上問題をひどくさせないように注意を払う人です。

過激な発言は口先だけで
チェンジと言ったオバマさん同様に、
今のアメリカをより良く変える政策は実現しない。
「波風立てて終わる」というのが私の予想です。
(4年持つかな~)

あまり当たってほしくないですが、
せめて1つくらいは功を残してもらいたいものですね。

6月 122016
 

新築の家でもマンションでも
接着剤やペンキなどの化学製品が使われていて
それは人体に有害です。

現在の日本の建築住宅は全部、
住む人の健康に被害を与える
「シックハウス」だとみなしてもいい。
だから子供を持つ親さんは気を付けてほしい。

対策としては

・すぐには住まずに期間を置く(特に夏場)
・窓を開け放しておく(最低1か月)
・備長炭を置く(多ければ多いほどいい)
・濡れぞうきんで拭く(住み始め)

住宅メーカーはあなたの健康のことなど考えていない。
コストと納期のみ。
だから頼ってはいけない。
信じてはいけない。

6月 062016
 

台湾で建設を依頼する時、
建築費をケチると
必ず欠陥建造物が作られるそうだ。
(過去形です。現在のことは知りません)

なぜそうするかというと
「ケチる=建設屋の利益が減る」のだから
おのずと給料も減らさなければならない。
建築会社は儲けのないことはしたくないし
作業員にも生活があるので、
材料費を浮かしてその分で損失を補う。
(鉄骨を減らすとか、コンクリを少なめにするとか)

日本人から見たら
「地震が起きたらどうするの?
死人が出たら刑事責任を問われるよ」

などと心配してしまうが、
台湾の人たちに言わせたら
「ケチる方が悪い」
「俺たちの責任ではないよ」
と他人事だ。

中国本土の建設現場でも
絶対に欠陥マンションや住宅があるはずだ。
(半分以上あるんじゃないの)

日本の建築基準と中国のとでは違うかもしれません。
ですが誰の目にも明らかな欠陥建築は
そこかしこに建っているでしょうね。

2000年代に中国へ進出した日本の建築不動産会社は
すべて撤退しました。
なぜ撤退したのかの理由ははっきり分かりませんが、
中国では土地は国のものだから
お役人との交渉でイライラした結果だと思います。
(詳しく知っている人がいれば教えて下さい)

だから日本の技術が中国全土に浸透していないはずです。
日本の建築分野の歴史から得られた失敗ノウハウを得ずして
中国人は1からやっていくのでしょうか。
多くの事故が起きそうで怖いです。

ロシアでは現場監督が見張っていないと
作業員は怠けたりテキトーにやるので、
ロシア人の扱いは難しいそうです。
ロシアの建築物も欠陥当たり前の状態ではないかな。

『日本の常識は世界の非常識』

我々のする仕事1つ1つとっても
(たとえ小さな仕事であっても)
社会の健全性のためにどれだけ影響を与えているのか。

「いい仕事した=社会に貢献した」

仕事に誇りを持てない人間は嫌いです。
どうか誇りの持てない仕事はしないでほしい。
あなたの子孫のためにも。

追記:日本人も拝金の傾向になっているようです。
悲しいですね。

8月 232014
 

私が中国輸入で利用していた「きりん便」の会社が破産した。
http://global-sas.com/

大阪の堺市から神奈川の小田原市へと
移転した矢先に
いろんな経費がかさみ
ついには破産申請したようです。

上の住所はアマゾンの倉庫に近い地域です。
・小田原市はメディア系
・堺市はアウトドアやおもちゃなど

「どうしてド田舎の地方に倉庫を置かないのでしょうか?」

僕が置くとしたら
近畿:奈良、和歌山、滋賀
関東:群馬、栃木
東海:岐阜、三重

1、まず固定費を安くできる。
2、広い場所を確保しやすい。
(人件費はそれほど変動がないかもしれない)

日本のどこへ配送しても
到着日なんてそれほど変わらない。
(北海道・沖縄・離島を除く)
上記の候補県なら配送料も変わらない。

倉庫業が倒産する理由はさまざまかもしれないが、
固定費を安く済ませることは
ビジネスでは必須です。
仕入れ(在庫)がないというメリットがあるので
考えることは管理費(変動費)のみになる。

誰もアドバイスしてくれなかったのかな?

経営コンサルタントは
第三者的な目線で見てくれるから、
経営が悪い時ではなく
いい時であっても
そのアドバイスは傾聴した方がいい。
人に相談することは恥じゃないのだから。

3月 312014
 

アメリカの国土は日本の25倍だったか。
人口は3億人くらいで増えている。
ですが多民族国家のアメリカは日本人に合うかどうか疑問です。

アメリカに住むか、頻繁に渡米するか
どちらかでしたら不動産購入を考えてもいいでしょう。

転売目的だと失敗しますよ。
簡単に買値より高く売れるわけがありません。
不動産は高額商品です。
買い手を見つけるのも一苦労します。

節税目的のために購入を考えている人もいるらしいが、
アメリカの税率だって嫉妬まみれの高率課税。
確か40%だったか。
止めておくのがベターです。

「ではどこの国の不動産がいいのか?」

これから経済が発展する国です。
つまり発展途上国です。

外国人が不動産を購入するのを制限している国が多いので
なかなか手に入れることは難しいかもしれませんが、
もし不動産に興味があるならば
ホテル経営などしている不動産会社の株を買うのをおすすめします。

日本もアメリカも西ヨーロッパも成長が停滞しています。
よって欧米は旅行するところであって
投資するところではないということははっきり断言できますね。

『アジアの時代』

目を向けるべき方向はそちらなのです。

2月 182014
 

確かこの本に書いてあったと思う。

今でこそ世界中に店舗を持つマクドナルドだが、
創業時は大変だったのは当然として、
その創業の時のメンバーがレイ・クロック氏の他、2人いたみたいです。
もう忘れてしまいましたが、
その内の1人である男性が「マクドナルドは飲食業でなく不動産業だ」として、
メニューや味にこだわるレイさんと対立して結局は辞めたみたいで。

フィリピンでレストランを経営する元エリート金融マンの横森氏は、
ズバリ不動産の値上がり目当てで飲食業をしているとみている。
(外人が不動産を買い占めたら現地人の嫉妬に合うので、レストランはそのカモフラージュ)
http://keizaiclub.com/
その魂胆はお見通しです。

なぜ分かったかというと
「レストラン(飲食業)なんてそうそう儲かる業種ではないから」
金持ちの道楽がてらというやつですね。

彼からのアドバイスは
「投資をするなら経済成長がこれから起こる場所で」
(フィリピンは国家破たんは起こらない。債務国でないから)
「不動産は目立たず秘密裏に買え」

資産を日本国内や円に集中させることは危険。
金持ちは海外投資を真剣に考える時が来てます。

「貧乏金なし、金持ち休む暇なし」

生きることは大変なんですよ。

ちなみにフィリピン人ボクサーのマニー・パッキャオは強いよ。

10月 012013
 

シックハウス症候群のWiki

新しく建てられた家、アパート、マンション、(新車や新調した家具も)などに住む人は
接着剤や塗料などの化学物質が充満しているので
それが体内に入るとさまざまな症状を発症してしまう。

それとダニやカビなどによるハウスダストが原因で起こる場合もありますが、
僕の推測では、
化学物質によるアレルギーが微量のハウスダストでも過敏に反応してしまっていると思う。
なぜならダニやカビは大昔からいたからです。
化学物質が人体に悪影響を及ぼしていると思います。

http://www.sicklife.jp/about_sickhouse.html

不動産屋の受付案内をしていた女性がこの病気になったらしい。
土建屋さんも気を付けて下さい。

対策としては

・新築建物に住まない(最低築5年~10年たったものを選ぶといいと思う)
・新築を建てるなら信頼できる業者に頼む
(値段が安ければ確実に接着剤などで材料費を浮かします)
・新築にどうしても住むなら最低2~3か月は窓を開け放して臭気を抜く
(僕なら半年間は住まない)
・その後に濡れぞうきんできれいにする
・空気清浄器・脱臭機能付きエアコンを常時作動させておく
・備長炭を床下に散りばめる

その他何かあれば連絡を下さい



家を造る=命を守る。
仕事への誇りを忘れないでほしい。