8月 052017
 

仕事を休んで東京まで
濱田昇さんの起業家セミナー(ライブ)に参加した。
どうしてわざわざ行ったのかというと
今の自分のビジネス感と合致する部分が多かったから。

http://www.unltdmarketing.jp/

彼はカリスマ(=業界を照らす太陽)を
たくさん生み出すことを自身の”コア”とし、
その中で100人の日本一を作り上げたいという
使命を果たすために日々仕事をしている。

私がセミナー第2部である会食の店へ向かう時、
一人の男性が声をかけてきたので話をした。
彼は中国上海に住み、現地の女性と結婚し、
金融関係の仕事で時々日本へ戻る。

私は彼がこう言ったのに驚いた。

「毎回日本に帰ると、皆の顔が死んでいるのだが、
今回戻ったらイキイキとした顔の人がチラホラいて
なんだか最近の日本は変わってきているのかなぁ」と。

彼はその原因として、
SNSなどのネットが発達し
誰もが個人で仕事がしやすくなったから
だと漏らしていた。
つまり起業家が多くなったからだと。

セミナーには300名近く参加していた。
女性は少なからずいたし、
(私の隣り席は女性でした)
年齢は20代から60代と幅広い。

独立心のある志高い日本人が
こうして集まってくるのを間近で見ると
「日本も捨てたもんじゃない」と思った。

★仕事が楽しい⇒起業家が増える⇒日本が変わる

私は会食したお店で働く従業員の
20代の男女を観察していた。
私も飲食店で働いた経験があるので
その忙しさはよく分かる。
そうだとしても顔に元気がない。

そこで疑問が沸いてきた。
もしかすると
嫌な仕事・楽しくない仕事をするということは
その人の周りにいる人や社会にとって
迷惑なことではないか。
本人だけではなく、
他人をも不幸にするのではないか。
その存在自体が周囲に
害悪を垂れ流しにしているのではないか。

いやいや、そうだと言っても
皆が楽しい仕事を選んだらどうなるの?
ゴミ収集車や用務員、死体焼却人のような
人の嫌がる仕事をする人がいなくなれば…?

私はどんな仕事でも適者が存在すると考えている。
なぜならトライアスロンのようなことでも
無給で、否、参加費を払ってでもやりたい人がいる。
マラソンなんかニューヨークまで行って参加する。
航空券やホテル代だけでも30万円はするのに。

「どうしてそこまでして走りたいのですか?」
とテレビのリポーターが尋ねたら
「達成感を味わいたいから」ですって。
(仕事の中で達成感を味わってよ)

人手不足の日本では外国人労働者が欠かせない。
彼らは祖国の家族のためにお金が必要だ。
それが彼らの楽しさだと思う。
でなければ帰国を選ぶ。

偏見なく公平な目で意見を言わせてもらうと
「みんな仕事をするのが嫌い」
だと私はみなしている。
嫌いだからそれから逃れるためにお金を欲しがる。
(女性が金持ち男性と結婚したいのは働きたくないから)

キリスト教では、仕事は労働であり罰でもあると。
だから欧米人はバカンスを待ち望む。
(アメリカ人の中には仕事好きがいる)

もし仕事が楽しいと思う人が日本で増えるとすれば
これは『仕事革命』になるぞ。
その革命は間違いなく平和へとつながる。
なぜなら金品目的で人を殺傷したら
お金の代わりに刑務所行きだから。

日本から世界へ(特にアジア諸国)
仕事の概念を180度変換させる革命思想を
どんどん輸出できたら世界は変わる。
日本人の出番はそんなところにもありそうだ。

ホリエモンこと堀江貴文氏の本に
「仕事はみな娯楽である」とある。

今の時代、楽しさが求められている。
衣食住豊かな国では娯楽業が発展するのは自然だ。
なぜなら人は快楽を追求する動物だからです。

とするならば
仕事=娯楽である人間は
人生の勝ち組ではないか。
理想的な生き方ではないか。
(育児も仕事です)

時々こんな飽食日本であっても
餓死者のニュースが出ることがある。
でもそれ以上に多いのが
食べ過ぎ栄養過多の糖尿病の危険。
(アメリカでは3人に1人が糖尿病予備群)

たとえ起業に失敗しても
飢え死にすることはほぼ無さそうだ。

会社勤めが楽しいのならいいが、
それは会社が儲かっているうちは、の話だと思う。
時代の変化についていけなくなった企業は
衰退の一途をたどる。

あなたの会社は大丈夫ですか?

そうであるならば
誰でも自分の起業を試みるべきだと思いますよ。

仕事の革命者である起業家は
平和ボランティア活動の急先鋒です。

起業という選択肢を頭の片隅にでも。

8月 042017
 

有形資産には
現金、不動産、株式、債券、ゴールド、貴金属、
などが挙げられる。

私は今一番価値のある資産は株式だと考えている。
(特に創業間もないベンチャー株)
なぜなら

1、保有課税されない
2、配当金が入る
3、インサイダー情報を得られる

からだ。

ある人は言う。
株式は変動リスクが高いから
比較的安定的な不動産がいいと。

私は生きている限り
安定などこの世界にはないのだから、
リスクを毅然と受け入れ、
その中で雄々しく生きるのが
かえってリスク軽減になる方法だと信じる。

実は有形資産は重要ではない。
無形資産の方が人生にとって、はるかに重要です。

愛、信頼、尊敬、熱意、共感、勇気、許容、忍耐、知識、経験、友情、団結、後援、開門の古巣…

ベンチャー株式を持つと
その起業家との親交、彼の頭脳、経営ノウハウ、スリル
そんなものが手に入る。

庶民の皆さんはお金の有無に固執してしまうが、
(私もそうでした)
名うての人物はお金の動きを楽しむ。
そこからどんなインプットとアウトプットがもたらされるか。
その変化を大事にする。
自己成長につながるから。

若さと未来志向を楽しめるベンチャー株は面白い。

もし若いあなたが大企業で働いているのならば、
起業するか、ベンチャーで働こう。
無形資産がどっさり貯まりますよ。

6月 302017
 

一体型デスクトップパソコンの動きが
何だかフリーズ気味になり、新しいのを買った。
今度はデスクトップ分離型のものにした。

モニターをどうするか悩んだ。

『EIZO』は国産で5年保証が付いている。
でも価格が高い。

『I-O DATA』は国内ブランドだが中国製で
EIZOよりも半値以下と安い。
がレビューで不良品が多いとある。

どちらにするか3日間悩んでEIZOを選んだ。
なぜならディスプレイ専業メーカーだから
(そのまんまの社名ですね)
モニター技術には相当な自信があるのと、
5年保証ということで不良はまずないだろうと考えて。

買った結果、不良は全然なくて、
本体とスムーズにつなげることができた。
他のメーカーのことは知らないので
比較できませんがオススメです。

私はアイ・オー・データさんには
「ハードディスクに特化してほしい」と思う。

社名にもデータとあるし、
低価格の中国や韓国メーカーと戦うために
儲けにもならない安売り攻勢に出るのは
あまりにも愚かな戦略です。

1つに絞る(フォーカスする)ことが
現代ビジネスにとっていかに大事か
この本に書かれていますので
必ず読んで下さい。

最後の15章を列記してみます。

「フォーカスを成功させる15の秘訣」

1、フォーカスは、シンプルであれ
2、フォーカスは、記憶されなければならない
3、フォーカスは、パワフルでなければならない
4、フォーカスは、革命的であらねばならない
5、フォーカスは、敵が必要である
6、フォーカスは、未来を切り拓く
7、フォーカスは、社内にも必要だ
8、フォーカスは、国家にも必要だ
9、フォーカスは、製品そのものであってはならない
10、フォーカスは、傘であってはならない
11、フォーカスは、万人にアピールするものであってはならない
12、フォーカスは、見つけにくいものであってはならない
13、フォーカスは、すぐ効くものであってはならない
14、フォーカスは、一般的戦略であってはならない
15、フォーカスは、永遠には続かない

あれもこれもやっていては
経営資源がどれだけあっても足りないし、
機動力を削ぐことになります。

何と言っても我々消費者は
商品があまりにも多すぎて、
何を選んだら賢い買い物ができるのか
本当に迷い悩みます。
選択肢がありすぎるのも困ったものです。

ランチェスター戦略によると
No1以下の会社は弱者です。
よってアイ・オー・データもEIZOも
ディスプレイ分野では弱者になります。

「弱者はフォーカスでしか生き残れない」

海外勢は手強い相手ですが、
・品質
・デザイン
・ストーリー
それらが価格競争に対抗する要素でしょう。

日本の製造業はまだまだイケます!!

以下はちょっと宣伝になりますが。

音声が出ないので
このスピーカーを付けました。

スピーカーを載せるために買い足しました。
これは便利ですよ。

6月 062017
 

飲食店で原価だとか利益率にこだわると、
ほぼ必ず料理の質またはサービスが落ちます。

牛丼チェーン店など同じメニューなら
誰が提供しても同じだろ、と思ったら
それは大間違い。
気分を害してまずくなる。

もし時給制アルバイトに
高級ホテル並みのサービスを
要求するような企業なら搾取主義も甚だしい。

コスト(原価)意識よりも
元気で働いてもらうためには
どうすればいいのか考えた方が
企業の明日は明るくなる。

「おいしいもの食べてもらいたい!!」
「この店で楽しんでもらいたい!!」

特に個人経営店は
そんな気持ちで経営してもらうと
リピーターが付きやすくなります。

※リピーターのできないビジネスは死にます。

ラーメンは今や世界に認知されている日本食です。
(ほとんどが豚骨ラーメン)

原価よりもその国の文化を理解するのが先でしょう。
食は文化だから。

(以下AbemaTV/AbemaPrimeより)

2017年3月21日、
ラーメンチェーン『一風堂』全国展開する
「力の源ホールディングス」が東証マザーズに上場、
一時公募価格600円の5倍以上の3200円にまで上昇した。

清宮俊之社長は
このタイミングでの上場について
「一つが人材獲得ですね。
もう一つは透明性だったり、
信頼性を高めていきたい。
会社としていよいよ次のシーンに行くぞ
というスタートラインに立てたのかな」と話す。
『一風堂』は国内のみならず、
いち早く海外にも目を向け、
海外出店を加速させている。

“年間750杯を食す“という
ラーメン評論家の大崎裕史氏は
「幸楽苑さん、日高屋さんなどに続いて、久々の上場。
儲かるラーメン店というのは本当にごく一部」と話す。

日本人のソウルフードとなったラーメンだが、
経営の実情を語る上で外せないのは、
その原価率だ。

大崎氏によると、
ラーメン店の原価率は
平均的には30%くらいだという。
販売価格が1000円だとすると、
原材料費が300円という計算。
「材料を加えれば、一般的には美味しくなる」のだという。

閉店してしまった『ラーメン無双』
元店主の西村政司さんによると、

メンマは8円(原価率8%)
海苔4枚が13円(13%)
玉子18円(18%)
チャーシュー20円(20%)
もやし100gが9円(9%)
ネギ50gが20円(20%)
コーン50gが20円(20%)
という内訳だったという。

「トッピングで注文されて嬉しかったのは、もやし。
安い野菜でカサ増しができるのも嬉しかった」

さらに、麺の原価は1玉45円、
豚骨ラーメン用の特注麺で52円、
透き通った清湯スープ
(しょうゆ・塩・味噌などのタレを
入れる前の段階のもの)で約70円、
豚骨スープになると210円~220円だったと明かし、
原価の高い豚骨スープにこだわったことが、
自身が閉店に追い込まれてしまった原因の一つと話す。

「原価率が大体40%以上になったので、
利率はどんどん下がっていく。
集客数がどんどん上がっていけば
利益としてなったんですけど、
集客率も変わらない状態でその原価でっていうと、
持続していくのが難しなっていった」
(西村さん)

前出の大崎氏は
「昔はタクシー初乗り料金と
同じくらいと言われていたラーメン。
1000円を超えると高いなという感覚があると思う。
ただ、安くすればお客さんが来るかというとそうではない。
儲かるお店がどれだけお客さんのことを考えているか。
接客やサービスも大事」だと話す。

“10年続く店は10%、20年続く店は3%”
と言われるほど厳しいラーメンの世界。

大崎氏によると、
たとえばオーダーミスがあった場合でも、
わざわざイチから作り直して提供するなど、
「一番美味しい状態でお客様に
提供しようと努力するお店」は繁盛するという。
逆に利益を第一に考えて経営するお店は、
潰れてしまうことが多いと指摘した。

4月 222017
 

オンラインコミュニティを始めようと思ったら
以下の3つの方法があります。

1、DMMのオンラインサロン
https://lounge.dmm.com/

2、Synapse
https://synapse.am/
(2017年にDMMが子会社化してます)

3、オリジナルサイト

現在1と2の代行手数料が分かりません。
売上げの10~20%くらいだと思いますが。

ですが決済代行や入退会の手続きが面倒な方は
1か2を選ぶのがいい。
コンテンツ制作や交流に集中できるので。

1のDMMは2016年から始まったサービスで、
サロンに入会するとFacebookへの誘導が来ます。
Facebookに依存したサービスとなるので
Facebookが禁止してきたらアウトです。
その予防策を講じている最中だと思いますし
私はDMMを一番おすすめします。
なぜならすでにDMM会員に2300万人いるので
その人たちにアプローチできるから。
入会したい人も審査があるので
DMMの中から探した方がいいでしょう。安心。
ヘンなサロンに入って時間もお金も無駄にならない。

2のSynapseは
やがてはDMMシナプスに融合されるだろうから
1と2は同じものだとしていい。

今後は楽天やサイバーエージェントなどの
IT企業が続々参入してくるはずなので、
DMMがぶっちぎるためには
各業界の有名人や著名人を直にスカウトしていく。
早ければ早いほどいい。

大企業でなくてもチャンスはある。
結局個人のブランド力がすべてを決めているので
専門分野に特化すれば大手に負けないだろう。

ブランドのない一般人である我々個人は
オンラインサロンに参入できないことはない。
審査の必要のないオリジナルサイトを作り、
(ブログ、YouTubeチャンネル、Twitterなど)
FacebookやLINEに誘導すればよいのだから。
(メルマガは到達率が悪くなっている)
それで月額制課金のコンテンツ提供、交流サイトを持てる。
ただし集客が難しい。

サロンビジネスで成功するポイントは
「最初の1人を大事にすること」

満足度100%ならば
SNSで少しずつ広がっていく。
ブランドのない個人でも十分チャンスがあります。

それにしてもDMMは色んなことにチャレンジしてますね。
私は「多角化」とか「何でも屋」には否定的です。
なぜなら経営資源が分散されるので
ライバルとの競争やイメージ戦略に不利になるから。
もし色々とやりたいならば必ず
『分社化』して下さい。
そのためにはリーダー育成が急務です。

ちなみにリーダーとは教育者のことだと言ってもいい。
そこに肩書や知名度は関係ない。

リーダーは理想とするところに近づける“変化”を提供する。
それが教育だと思う。

3月 122017
 

無借金経営を貫く経営者は小物。
いやノー天気バカだ。
なぜならこのグローバル経済において
ライバル企業となるのは日本国内だけではない。
日本企業に追い打ちをかける新興国からの刺客は
今後どんどん誕生していくだろう。
そんな過酷な経済世界で利益をつかみ取ろうとするなら、
内部留保金だけでどうやって世界の企業と戦い生き残るのか。
ボーとしてたら食い殺されるぞ。

「借金=レバレッジ」

成長を見込めそうな事業に
積極的に投資をして会社を増強していかないとダメだ。

その時銀行からの融資を受ける必要がある。
自己資金だけでは限界があるからだ。
(舞台はグローバルになっているよ)
銀行は雨が降ったら傘を貸さないところなので
上場の道を選ぶ経営者もいる。
(銀行の頭取代表たちよ、銀行の役割を思い出せ)

私は上場することには否定的ですが、
(株主の方を向いて経営するとダメになるから)
借金経営には賛成です。
(不相応な借金は厳禁ですが)

優秀な人材を雇うのにも
新店舗の開店にも
新製品の開発にも
設備投資にも
マーケティング調査にも
いろいろと経費がかかるものです。

目まぐるしく変化をとげる経営環境の中で
その経費を惜しんでいては時代に取り残される。

納税をするくらいなら
借金の金利による節税を利用して、
銀行からの信用を得た方が企業経営には有効です。
なぜなら企業運営にはお金が必要だからです。
いざとなったら銀行の信用が役に立ちます。
信用はお金では買えません。

※ただし銀行はお金を貸してくれないので
いつも信用が効くとは限りません。

銀行には多くの情報が集まる。
(お金の集まるところに情報も集まる)
自社にとって有利な情報を得られることもある。
だから借金(銀行)=悪とは思わずに、
銀行と仲良くなるための経費としての利息を払って
無借金経営からはおさらばすることをお願いしたい。

補足1:こんなことは少し考えれば理解できることなのですが、
日本人には「借金=悪」という洗脳があるから
なかなか分かってくれないのですよね…

補足2:言っとくけど納税しても国は良くならないよ。
「流しそうめん」のように上流が潤うだけだから。

2月 052017
 

ポテトチップスのカルビー株式会社
会社出勤せずに在宅での勤務もOKにした。
なぜそれを許可したのかというと
優秀な人材を確保したいからだそうだ。
ということは既存の社員は
それほど優秀ではないということだろう。

私はやってダメなら撤回すればよいと思う。
いろいろ試してみればいい。

ところで私は岐阜県各務原市在住だが、
この求人を見たことがある。
そこには契約社員募集とある。

多様な働き方を認めるのはいいが、
契約社員ということは正社員よりも待遇が悪いはずだ。
ボーナスは少ない、退職金はない、
契約期間が終われば解雇できる。
雇用側にとっては使いやすい労働力ですね。

もしカルビーが成果主義を掲げるなら、
正社員とか契約社員という身分には意味がない。
その身分格差を認めている以上
それは成果主義に反している。
偽りの経営方針です。

それに成果というのは目に見えない活躍もある。
数字上に表れない成果は判断に苦しむ。
だから成果主義一辺倒は危険をはらんでいると思う。

会社に利益をプラスした人がいる。
彼は成果を出した。
反対に会社がマイナスにならないように努力した。
(例えば服装を注意する、清掃をきちっとやる、など)
彼女の成果はどう考えるのか?

ついでに褒賞で社員のやる気を釣るのは愚行。
なぜなら褒賞が出ないことはやらなくなるから。
(例えばクレーム処理)
これを採用する会社はダメな会社の典型です。

以上のことを考えると
「カルビーは終わりの始まりかもしれない」

私は松本晃CEOにアドバイスする。

正社員の給与を下げてでも
契約社員の処遇を改善せよ。
その垣根を作るな。
能力により給与の差はあってもいいが、
すべては同じ従業員として一括りに考える。

それをするとどうなるか?

異物混入などによる自主回収の件数が確実に減る。
なぜなら「会社が困る=自分も困る」から。
(家族経営とはそのようなものだ)

ポテチはおいしいので松本社長に
ビジネスで成功するにはどうすればいいのか?
の秘訣を特別に教える。
一口に言えば
「応援してくれる人をいかに増やすか」
に尽きると断言する。

顧客から
従業員から
取引先から
株主から
融資先から
地域社会から
メディアから

契約社員から応援されてますか?

(以下記事抜粋)

在宅勤務、毎日でもOK カルビーが4月以降に新制度

朝日新聞デジタル 2/3(金)

カルビーは4月以降に、自宅など社外で勤務する「テレワーク」の上限日数(週2日)を撤廃する。制度上は毎日テレワークが可能になる。多様な働き方を認めることで、優秀な人材を確保するねらいだ。

いまの制度では、前日までに上司の許可を得れば、週2日まで自宅で勤務できる。社員は配布されているノートパソコンで仕事をし、翌日上司に成果を報告する仕組み。勤務場所は自宅に限られている。

新制度では日数の上限をなくすことに加え、自宅以外のカフェなどでの勤務もできるようにする。ただ、実際には「顔を見て話しあう必要もあり、週1回程度は出社することになるだろう」(幹部)という。

対象はパートや工場勤務の人を除き、契約社員を含めた入社3年目以上の社員になる見通し。会社側が勤務時間をどう把握するかなど制度の詳細や実施時期は今後詰める。同社首脳は「会社が求めるのは成果。働き方改革をしないと会社はよくならない」と話す。

朝日新聞社

9月 172016
 

月収100万円ネット起業家
ジュークという名の
20歳の大学生のメルマガに
以下のことが書かれてありました。

(以下抜粋)

僕が就職を捨て去ったのは、
ある出来事がきっかけです。

その出来事というのが・・・

すでに就職を決めた先輩との
久しぶりの出会いでした。

大学4年のとき、いつものようにサークルの
飲み仲間と飲み屋に行くと、
その先輩もたまたま同じ飲み屋で飲んでいました。

同じサークルの先輩で、ノリが良く、
面倒見も良い人だったので、後輩からの信頼は抜群。

僕も慕っていた先輩でした。

おまけに成績も超優秀。

見事、大手企業への就職を決め、
将来が約束された安定街道まっしぐらだと、
僕は思っていました。

すこぶる人生を楽しんでいるのかと思いきや、
実はまったくそんなことはなかったのです。

明るく、面倒見が良かった当時の面影はなく、
会社の愚痴、普段のストレスを僕らにぶちまける。

日頃のうっぷんを晴らすためか、
僕らにも今まででは到底考えられないような
厳しい言葉を投げかけてくる。
意味もなくぶん殴られた友人もいた。

そして、終いには酒に酔った勢いで、
当時、僕の付き合っていた彼女に
手を出そうとまでしていたのです。

その時は
自分の女に手を出されそうになり、
殺意で頭が沸きそうになる中、
僕はこう思った。

「あの人が良かった先輩がここまで変わんのかよ
就職っていったい?
この先の俺の人生っていったい?」

この出来事をきっかけに、
僕は「就職」という選択肢に
疑問をもつようになってきた。

だって、このまま就職を選んだら、
この先輩のように絶望的な人生を
送ることになってしまう
可能性があるわけですから。

「俺の人生、本当にそれでいいのか?」

そう思わざるを得なかった。

(以下略)

就職先の大企業がどこなのかは
書いていなくて分かりませんが、
日本の企業組織のほとんどは

・保身
・内向き志向
・けなし合い
・引きずり下ろし合い
・旧体制からの罵倒

そんなもんでしょう。

なぜなら簡単に儲けることのできない時代になったから。

今大学生や20代の方にアドバイスしたい。

「独立に備えよ!!」と。

他人を変えることはできない。
ましてや組織を変えるのことは不可能なのです。
それを理解してほしい。

だったらどうすればいいのかというと
もう自分自身を変えるしかないということです。
それしかない。

すでに就職している人は
自分が働く会社をよ~く観察してみること。
ダメだと判断したら即辞める。
(私のようにズルズルと就くな)

大学生の人は自分のすべき一生の仕事を
もしくは理想となるような仕事を
できるだけ早く決めてほしい。
方向性だけでもいいから。

その際就職が必要ならば
会社の規模や知名度、給与水準、福利厚生で決めるのではなく、
やりがいを持てるかどうかで決めてほしい。
スキルを身につけるために、でもOK

私なら就活なんてしない。
その言葉を頭から消す。

それに費やす時間を代わりに海外旅行するか、
成功者の本を読みまくるか。

今でしたらインターネットを使って稼ぐことが
とても効率的で、資金が少なくても始めれる。
やってみて下さい。
超おすすめですから。

それで得られた資金で海外展開を目指す。

私は若者に「海外志向」であってほしい。

日本は成熟しきってしまったので、
青春の燃える血を注ぐには物足りない。

「はじけろ、青春!」

東南アジアでしたら
まだまだこれから伸びる伸びる。
(行けばすぐに分かってもらえる)
自分の会社を上場企業にすることも夢ではない。
日本の斜陽産業となってしまった分野でも。

小売業、飲食業、農業、畜産業、美容関連、教育関連、医療関連…

ほとんどすべての業種ですね。

チャンスあります!!!

大企業に夢を抱いてはダメ。
幻想から早く抜け出してほしい。
本当にそう思います。

私の本音:
能力ある若者が続々とネットビジネスに参入されると
おじさんである私が稼げなくなるじゃないか。
ちょっとは手加減してよね!!

8月 152016
 

コストコはアメリカのグローバル企業で
日本にはすでに25倉庫もある。
今も拡大の最中のようで
それは儲かっているということでしょう。

HP:http://www.costco.co.jp/p/

創業は1976年で私と同じ生誕年です。
今年で40周年か。
日本の大型小売店がどんどん合併や閉鎖していく中
よくがんばっているよね。

私は「なぜコストコが存続できているのか?」を考えてみた。

1、有料会員制だから
2、倉庫=店舗だから
3、商品をパレットごと陳列しているから
4、内装に手を出していないから
5、まとめ買いによって単価を高くできるから
6、郊外立地だから
7、その他

コストコの企業経営は「経費削減」をモットーとし
その浮いた経費分を低価格に反映させている。

なぜそれほどまでに低価格にこだわるかというと
有料にて会員になってくれる顧客に
少しでも得してもらいたいから。
だからこそ無駄をカットしていくスタイルを取る。
倉庫がすなわち店舗になれば
中間マージンを排除できるわけだ。

私は安売りには限界があると確信している。
ダイエーもそうだったが、
安く売れば売るほど自分の首をしめていき
ついには固定費をまかなえないほどになるから。

コストコはどうだろうか?

有料会員にするところが効いている。
そうすることで顧客の囲い込みができ、
顧客管理も同時にできる。
https://www.costco.co.jp/p/registerlimitedemail
会員だけのメルマガにて広告し
広告費も安く抑えていることでしょう。

ちなみにアルバイトの最低時給が1200円です。
(他の小売店では800円から)
人件費はケチらないようですね。

それでも私はコストコには頭打ちがあると思っている。
なぜならアマゾンのようなEコマースがあるから。
小売りのライバルとして恐ろしく強い相手。
(私はアマゾンが大好きです)
コストコは彼らに勝てないと思う。

だったらコストコもネットで販売すればいいじゃないか。

そうなると顧客住所までの配送コストがかかる。
大量売りが基本だから店舗での販売に限られる。

「ではコストコはどうしたらEコマースの脅威を退けられるか?」

入場料を上げ続けている
ディズニーランドがいいヒントになる。

『ビジネスの遊園地化』

そういえばマクドナルドの藤田田さんが
これからの日本は「富国楽民」と言っていた。

コストコに行くと
「楽しい」「おもしろい」「ワクワクする」
そんな店舗を作れば生き残れると思う。

ネットショッピングは気軽で簡単、便利です。
しかもアマゾンは届くのが早い。
でも楽しくないんですよね。
やっぱり人間なら楽しみが欲しい。

コストコさん、
映画館や温泉施設を併設してみたらどうでしょうか?

それほどお金をかけずに済ませたいなら
コインゲームを置きますか?

コストコに限らず
どんなビジネスをしている会社も
上のキーワードだけは頭に入れておいて下さい。
でないとダメになるよ。


アメリカだけに商品はビッグサイズです。