12月 242015
 

和佐・木坂ラジオ(プレミアム)で知ったことですが、
ベーシック・インカムという
政府が国民に現金を定額支給するというものを
フィンランドにて実施するらしい。
(国民誰でも1人11万円)
その代わりに社会保障は停止する。
オランダでもユトレヒトに住む非労働者300人に対し、
(独身者には12万円、カップル・家族なら18万円)
実験として支給する方向らしい。

私の意見は、それは「失敗する」です。
なぜなら現金をもらっても、
運用する“思考力”がなければ
その現金なんてあっという間に無くなる。
浪費や博打とかに使うのではないかな。
宝くじで大当たりした人のその後を知れば
大体分かってくれるでしょう。
それだから娼婦も犯罪者も自殺者も皆無にはならない。

フィンランドの国民の9割は働かなくなり、
(子供は勉強しないので読み書き計算ができない)

・食う・寝る・暇する

ことにより、肥満、病気、麻薬・乱交セックスなどで堕落する。
そんな国へ旅行したい人はいない。
(勤勉なアジア人が世界を席巻する)

2年でか、国家の存続が危ぶまれ、
ベーシック・インカムは廃止されるだろう。
(私の予想に過ぎないが)

今やまさにフィンランドは終わりの始まりですな。
ロシアに飲み込まれなければいいけどね。

私なら税率を極限まで軽くする。
(消費税VATは廃止です)
外資を呼び込んで国の経済力を活性化させる。
そうなるとスキルのない労働力でも
雇える余裕が生まれる。
女性でも障害者でも働ける。
今はインターネットがあるから
弱小なる個人でも一気に這い上がれる。
思考力さえあれば。

追記:和佐・木坂ラジオプレミアムに興味がある方へ

ご購入はこちら

※私から入会したら特典として
アフィリ報酬のうちの2/3の1万円を差し上げます。

9月 272015
 

私の意見は最後に言う。
まずはこちらの与沢さんのメルマガを読んでほしい。
(アンダーラインは私がした)

(以下そのまま抜粋)
今日は、非常に重要なお話なので、
広告カットしてお届けさせていただきます。
じっくり読んで下さい。

今の私は、皆さんもご存じのとおり、
シンガポール在住です!
海外移住組です。
結論から言います。

あなたも海外移住した方がいいです!

日本に定住するのと、海外移住するのと、
どちらが良いのか?

と聞かれたら100%海外移住が良いんです。
断言します!1000%です。
これは私の経験談ですから、それなりの根拠があります!
まずは聞いて下さい。

第一に、

日本は、自然災害による経済壊滅のリスク
ワースト世界一なんです。

⇒ 自然災害が危険な都市ランキング、東京・横浜が世界1位

見たい人は上の記事を御覧下さい。
ただ、記事まで飛ばなくてもランキングを載せておきますね。

自然災害ワーストランキング

1.東京・横浜(日本)

2.マニラ(フィリピン)

3.珠江デルタ(中国)

4.大阪・神戸(日本)

5.ジャカルタ(インドネシア)

6.名古屋(日本)

7.コルカタ(インド)

8.上海(中国)

9.ロサンゼルス(米国)

10. テヘラン(イラン)

です。

順番に自然災害リスクの高さが算出されています。

なんと!

日本は世界ワーストランクトップ10に
三都市も入ってしまっています。
これは紛れもなく、
世界一危険な国だと言わざるを得ないかと思います。
その最たるものは、ご承知の通り、地震です。
日本は世界に冠たる地震大国です。

フィリピンマニラがワースト2位ですが、
フィリピンの場合は、その大半が暴風雨ですから、
実際には地震に比べダメージは少ないと言われています。

いずれにせよ、資産を運用する国、
および、生活の本拠とする国としては、
日本は当然として、
このワーストに入る国は、
なるべく避けた方がよいのです。

多くの人は、地震は来たら来たでしょうがないでしょ、
生きている間に来ないでほしいなー

ぐらいにしか思っていませんが、
実際地震が来れば、
最大の危険は家族や友人、
自分自身への生命の危機です。

しょうがない、とか、
生きている間には来ないでほしいな、
と願っているだけではどうにもならないんです。

東京首都直下型地震が起きた場合の死者数は、
数十万人超と試算する研究機関もあります。

東北大震災で、
死者は15893人、重軽傷者は6152人、
警察に届出があった行方不明者は
2572人となっておりますから、

東北とは比較にならないほど多い
関東の人口(数千万人)で考えると、
数十万人(つまり100人に1人)が死ぬ、というのは、
でたらめなデータではないと思います。
十分自然な数字です。

仮に100人に1人の死者に入らなくても、
その後迫りくる食糧難、経済麻痺、
通貨、株価暴落、収入断絶によって、
経済や国民生活は壊滅します。

世界のマネーが日本から引いて、
保険金の請求が増加し大手保険会社は窮地へ、
さらに預金を引き出そうとする国民が殺到し、
銀行も窮地へ。
預金封鎖は想定内です。

政府は、政治どころか復旧に5年、10年以上を要し、
そこに費やす労力、コスト、時間たるや戦後並みです。
それぐらい首都直下型地震はやばいんです。

簡単に言うと、
食、住に皆が困窮し、
犯罪や詐欺が横行し、
今持っている円の価値は10分の1にもなりかねません。
物価高騰が起きるからです。
となると、少なくとも、
資産を分散しておくことが最低限必要です。
海外不動産や外貨をもっておく必要があるのです。
さらに、日本にしか拠点がないと、
いざ被災した後に再起する余裕もなくなります。
逃げる場所もないです。
これが第一の理由、自然災害リスクです。

次に、2つ目の理由が税制です。

私たちは、
シンガポールに社会保険料も年金も、
住民税も支払う必要がありません。

そもそも外国には、
住民税という概念すらないところが多くあります。

日本は、国税から取られ、
地方公共団体からも取られるので、
国家と地方自治体、
双方から課税されているのです。

さらに、そもそもの所得税も安く、
キャピタルゲイン課税や相続税、譲渡税などは
ゼロです。

ドバイのフリーゾーンなどは、
法人、個人ともに所得税すらもなく、
完全に税金がゼロです。

税を国民から取らなくても
成長している国もあるんです。

そういう国に移住することで、
自分の生涯の資産は2倍、3倍も違って、
貯まっていきます。

3つ目に物価です。

シンガポールの物価は高いですが、
お隣のマレーシアのクアラルンプールなどは文明的にも、
もう日本と比べてもそこまで遜色ありません。
大きな都市になっています。
しかし、物価は日本の半分ぐらいです。
タイやフィリピンなどはもっと物価が安いです。

最近増えているのは、
マレーシアのMM2Hという
10年間のロングビザ(更新可能)を取って、
日本の定年退職した日本人が移住をたくさんしています。
余生を海外で、
そして物価の安い国で
日本の倍以上の生活水準を誇れるからです。
物価が安いということは、
今もっているお金でできることが増えるからですね。

そして、4つ目の理由ですが、
海外に移住しても日本にはいつでも遊びに行けるし、
年間の一部を日本に戻って過ごすこともできるのです。

つまり、海外移住したら最後、
絶対そこにいなければならない、
ということではなくて、
あくまで海外に本拠を持ち、
たまに日本に戻ることも可能なんです。

私は、こちらでやることがたくさんあるので、
当分戻りませんが、
デュアルライフといって、
半々で過ごすことも可能です。

そう考えると、海外に生活拠点を持つというのは、
必ずしも節税目的だけではないのです。

日本のリスク、海外税制の安さ、物価の低さ、
日本にはいつでも行けるじゃないか、と。

これら4つのことを考えれば、即海外移住すべきです。

他にもたくさん移住すべき理由はありますよ。

まず英語が話せるようになっていくこと。
すると、友達や恋人、結婚相手、ビジネスパートナーは
世界中を対象とすることができるようになるのです。
さらには、ビジネスチャンスもそれだけ増大します。

不動産投資するにも日本も見ますが、
世界の中の日本として、
あくまで候補の一つとして見られるようになります。

あくまで世界と比べるべきです。
選択の対象候補が多い方が、何事も有利なのです。

さらに、新興国では、
日本では当然のものやサービスが、
これから必要になってきます。
アフリカなんかは今チャンスだからじゃないでしょうか。
そこにビジネスが仕掛けられます。

食も、恋人も、通貨も不動産も、
自然もリゾートも、仲間も、環境も
狭い日本だけでなく、
世界の中から選ぶことができるわけです。

選択肢は広い方がいい、
このことは、何をするにも成功の必須要素です。

例えば、株式投資では、
銘柄を10見ている人より100見ている人の方が、
絶対にパフォーマンスが良いんです。
なぜなら10だけだと気づかないチャンスが
他の90に発生しているからです。
それと全く同じこと。

最後、海外移住の決定打となることが一つあります。

それは足の引っ張り合いや妬み、
嫉妬が海外移住組にはない、ことです。

日本人の海外移住組は現地でもやはり少ないので、
みんな仲良しです。

私の知る限りでは、派閥も喧嘩も全くありません!

日本人が最悪なのは、
嫉妬、妬み、足の引っ張り合い、
噂、悪口、蹴落とし競争です。

ばかじゃねーのって。

そんな暇あったら自己努力に時間使って、
それぞれが成功目指しましょうよって言いたい。

この話は何度も言っていますよね。

狭い視野で日本人だから
日本に納税するのが当たり前とか!

私は何億円も納税しましたが、
誰からもありがとうの一つも言ってもらえませんでした。

馬鹿だ、あほだ、死ね、ホームレスと罵られ、
ネタにされ、バカにされた時期もあります!

人より多く払ったって誰からも感謝も評価もない。

ほとんど犯罪者扱いだったわけですよ。
義務だから当然。もちろんです。
でも、人間は気持で動く生き物です。
日本最高でしょって、
海外移住したことない人が言うのも
また常識にとらわれているだけです。
こっちに来て、
シンガポール最高って私は自信を持って言えます。

売国奴とか、海外逃亡とか、
私のことを言う人、
あるいは、冗談でもネタで言う人もいます。

でも真実は違う。本当のことを知って動いた方がいい。

また、私のことをキモイだの豚だの
金しかない成り金野郎と言って、
時間つぶしている日本人の一般層たち。
そのキモ豚の私は、日々、着実に資産を買い増し、
どんどん利益をためて、知識をつけて、
英語も上達し、仲間も増えています。
今では世界のいくつかに資産を保有し、
拠点もどんどん増やしています。
それもたった一人でやっています。
誰からも指示をされることもないし、
誰にも気を遣う必要もありません。

本当に自由です。

私の武器は、知識と経験と人脈です。

これだけで相当強いです。

そこらへんの100人いるベンチャー企業と同じぐらい
私もパワー持っていると思います。

最愛の彼女と最高級の空間で
毎日1時間以上セックスしながら楽しく、
しかし、セックス以外では圧倒的に勤勉に(笑)、
圧倒的に刺激的で輝いた生活をしています!
本当に幸せです。
つまり、もう目を背けるのはやめましょう。

良さそうな方向性に蓋をするんじゃなくて、
良さそうな方向性の情報を
かたっぱしから集めるんです。

私はカジノも相当強いっす。トレードも強いっす。

なんでかわかります?

勉強代を払うし、
痛手も被るし、
何でも自分でやるし、
ぐちゃぐちゃできない文句も不平不満も
一切言わないからです。

1回100万負けたぐらいで辞めたらカジノも勝てない。

1000万負けたって勝てる。
投資も同じ。
そこで多くが辞めるから、
私が勝てる。

負けてからが本当の本線。
負けるまでは予選なんです。

ちょっとした金額でびびって、けちって、
勉強代にも感謝できず、
人のせい、言い訳、悪口、噂。

もうやめましょう。
そういう生き方の方が気持ち悪いと思いますよ!!
だから、私の言うことを信じておいたほうが賢明です。
海外への出国を薦めたのは実は今回が初めてです。

なぜか?
やはり日本人だから、
基本的に日本にマイナスなことは言いたくないからです。
そして、誰でも出国できるわけではないからです。
しかし、本当のことを今日だけはお話しています。

海外移住して下さい。
ないしは、海外にも拠点を作って下さい。

日本も素晴らしい国ですから
捨てる必要は必ずしもないです。
だとしても海外にももう一つホームを持って下さい。
それが生命、健康、資産、可能性にとって、
絶対に今やっておくべきことです。
今からそこを目標に動くべきです。
しかし、海外に移住しろと言っても、
これは誰もができるわけではありません。
お金を稼ぐ力がない人には無理なんです。
私の言うことを素直に信じる気があるなら、
金を稼いで下さい。

まず、第一に金を稼ぐんです。
次に、日本を出るんです。

以上です。

日本を出るのは、
情報と人脈があれば、
誰にでも可能です。
余裕です。

問題は、マネーです。

移住のための費用、
そして移住先での収入です。
そのためには、私の言うことを聞いて下さい。

ネットビジネスかトレードしかありません。まずは!

その後、英語をマスターすれば現地ビジネスができます。
日本にいるよりチャンスは多いです。
だけどまずは一人で完結できるものをマスターするんです。

トレードなら、私の師匠と私がジョイントして行う
この相場ゼミ+与沢翼株式投資研究会に即断即決で入って下さい。

⇒ http://lash-ex.jp/Le248/2s111

ネットビジネスのヒントなら、
明日のメルマガ18時を楽しみに待っていて下さい。
そこには、ネットビジネスのヒントを散りばめました。
私は結果を出してきています。
あとは、信じるか信じないかは皆さん次第です。

与沢 翼

(ここまで)

日本の嫉妬税制には
私も危機感を募らせている。

それに比べたら
自然災害や物価高は屁です。
なぜなら日本には自然災害があるとして
世界には人為的犯罪も日常軽く行われている。
人災というやつです。
だから世界のどこに住んでも災害からは逃げられない。
物価が高いといっても
精神的豊かさがあれば質素な生活でも私はハッピー。
モノにあふれる生活よりも
心が満たされている人生がはるかに充実する。

ただ日本の税制はあまりにもひどいだろ。
与沢さんが言うように
巨額の税金を納めても感謝がないんじゃ
日本のために何でそこまで働く必要があるの?
誰でもそう思う。
(外国人だって当然に嫉妬心はあるよ)

ではどうしてこんな嫉妬がまかり通るかというと

これまでガッポリと儲けたことがなく、
税金を死ぬほど払ったことがないから。
経験がなければ分からないものです。

※補注:
日本の幸福のためにすべての税金が使われるなら
「こちらからでも喜んで払ってやるわい!!」
そんな人も多いと思う

私自身は今まで多くを儲けたことがない。
だが本やテレビでじっくり知れば知るほど
金持ちも苦労しているな、
何でそこまでして働くのだろうか、
そんなに日本の奴隷(公僕)になりたいのかな、
などと思ってしまう。
つまり心の部分では理解できるつもりだ。

要するに
「みんな他人が分からない」
だから
「嫉妬・蹴落とし合いを許す」
そんな文化がこうしてあるのです。

無理解が嫉妬税制を許可しているなら、
祖国を弱体化させている犯人は
その無理解ということになる。

こいつを撲滅させる方法はあるのだろうか?

『魂から出ずる愛』

もうそれ以外にありえるのだろうか。

追記:言い忘れたが、
海外では日本人は団結した方がいい。
なぜなら華僑は血縁関係での結束が強く、
それが彼らの繁栄をもたらしたが、
日本人は一族で移住するなんてほとんどなく、
(足に根っこが生えた植物的人間だから)
大和民族同士で助け合うしか生き残れないから。
(ご近所付き合いというものですか)

ノホホンな現代日本人は餌食にされるぞ。
現地人は日本人は皆カモだと思っている。
(カネづるとも言える)
なぜって金持ちでなければ
旅行もリゾートも高級住宅街に移住もできないじゃないか。

信用できる人間を増やした方がいい。

7月 302015
 

日本の税制は累進課税です。
阪急グループの総帥だった小林一三さんが
累進課税ができた時に
「あ~あ。これで日本から金持ちがいなくなった」
と嘆いたそうだ。

頑張れば頑張るほど
所得を国に納めなければならないとすると、
ビジネス活動に勤しむ人は確実に少なくなる。
もしそれでも経営者としてやる人がいたら
その人はカネのためではなく、
信仰でもあるのではないかと胸が痛む。

松下幸之助さんが
(戦後一番金持ちになった人の1人ですが)
10億円稼いで
9億円を税金として納めたことに対し
どう思いますかとインタビューされた時、
「国のために10億円を奉納し、1億円をご褒美としてもらった感じ」
とか何とか答えたそうだ。

今の最高税率は50%か55%か。

「なぜこんなビジネス環境が厳しい日本なのに、
半分も税を課すという暴挙が許されているのか?」

嫉妬以外の何物でもない。

-カネ持ちムカつくぜ
-アイツからカネ取ってやれ

お金を稼ぐことがどれだけ難しいかは、
自分でビジネスをしたことがなければ
絶対に絶対に分からない。
給料だけで生計を立てている人は
頑張っても収入が増えないから、
その腹いせに金持ちに牙を向く。

それならこの時代、
ネット環境にある恵まれた状況にいる私たち、
誰でも世界に向かってビジネスに挑戦できる今、
収入を増やすために皆が副業でも持つべきではないか。
自分の力でお金を得るという勉強のためにも
やってみることが国を豊かにしていくことではないか。

税を徴収する前に
国民1人1人がビジネスしてガンガン稼ぐ。
失敗しても何度でもチャレンジできるのが
ネットビジネスのメリット。
なぜならコストが安いから。

世界に散らばる円やドル、ユーロを
稼ぎまくって日本国内に循環させる。
せめて海外で稼いだお金は減税してほしい。

私は夢を見る。
日本人から嫉妬心が無くなった時、
国債はチャラにでき、
犯罪激減で刑務所はガラ空きになり、
離婚は10%以下、
失業という言葉は死語になる。

人類は“理解”の段階により
進化向上を遂げていく。

そのときカネはない。
国もない。

5月 282015
 

いつかのFacebookの投稿で、
5000万円の借金を(個人的に)背負っていた社員の代わりに
自らがその肩代わりをした経営者がいたようです。
名前は分かりませんけど。

なぜ肩代わりしたのか理由を知りたいところですが、
おそらく経営者として・男としての気概を
試したかったのだろうと思います。

アメリカの鉄鋼王カーネギーは
「私は全米で1番金持ちだけど、1番借金もしている」
とか何とか言っていたそうです。

事業を行なう上で借金は悪いことではない。
むしろ借金してまでも新規事業にどんどん挑戦していかないと
ビジネスの世界では取り残されてしまう。
なぜなら変化の中にビジネスチャンスがあるからです。
借金を怖がって、
自社の内部留保されている資金だけで
新規に事業を開始したとしても
新機軸は打ち出せません。

私から言わせたら
「無借金経営はぬるま湯経営」
だと見てしまう。

「お金があるといいビジネスができない」と
松下幸之助さんは言っていますが、
借金は節税対策にもなるのです。
税金のことを考えない経営者は無謀ですよ。

また斎藤一人さんは
借金は負のオーラが出るからしない方がいいと言ってますが、
そんなオーラすらも弾き返す気概を持たなきゃ
数百億、数千億のお金は動かせません。

借金の是非についてはきっぱりと断言できませんが、
「借金なんかに負けるな!!」とだけは言わせて下さい。
それが原因で殺されるわけないので。

若い起業家の方にはガンガン攻めていってもらいたいですね。
投資家の方もそんな人を支援してやってほしいものです。
銀行は頼りにならないし。

5月 042015
 

私が与沢翼さんを知ったのはYoutube動画ですが、
(ヒロト氏のFX動画を見ていた時に発見した)
アフィリエイトで稼いだというのが半信半疑で
そこに興味を持って動画を検索して全部見ました。

アパレルでの倒産、借金、無料オプトインでのV字回復、塾販売、
彼と関わった人物が提供してくるオファーの数々。

彼を追求していった結果、
現在の私はインターネットで稼ぐことについて
多くの知識を得られている。
それについて私は非常に感謝している。


この本は今でも通用するまともなことが書かれてある。
決して駄本ではない。

中途で彼がアマゾンランキングの故意的1位で
虚偽の名声を獲得しようとしたことがあり、
私はこれを放置していけば
いつか必ずド壺にハマると思い改心させようとしたが、
(文章ではなく動画で伝えたら効果的だったかもしれない)
思わぬところで自ら墓穴を掘った。
当時は裁判沙汰になるのではないかという予想だったが、
何と初歩的ミスな税金未納で会社整理に陥るとは
その時は思ってもみなかった。
情報業界から逃げ出したいという思いから
自分の会社を考えたくなかったのだろうと思う。

現在彼はシンガポールに移住し
カジノや株式トレードで収入を得ているようだ。
あらゆるビジネスはギャンブルだと考える。
私はカジノや相場に関して否定していない。

日本ではもう復活しにくい。
上場スケールの新しいビジネスは海外でしかできない。
日本のマーケットはあきらめて
税率の低い海外での成功を期待している。

ここでもう一度私は「金持ちは日本脱出をせよ」と言いたい。
日本は貧乏でいい。
国家破綻してもいい。
徹底的に落ちなければ日本人は目を覚まさない。

増税は確実に国をダメにする。
もうこうなったらトコトンダメになれ。
生き残るのは希望を捨てずあきらめなかった奴のみだ。
あとは知らない。

(以下記事の抜粋)

与沢翼、海外で豪華生活を満喫。家賃200万円、高級家具に3000万円も

【週刊SPA! 4月25日(土)】

昨年4月に約3億5000万円の法人税未納が発覚し、経営破綻状態と発表した与沢翼氏。「秒速で1億円稼ぐ」と豪語し、高級車に美女をはべらせ、バブル時代を彷彿とさせるような豪遊ぶりを見せつけていた彼の凋落を見て、「秒速で1億稼ぐ男、秒速で破産寸前!」「税金支払いで自宅も差し押さえ。与沢翼、ホームレス化!」など、数々のメディアが報じたのも覚えているだろう。

もはや表舞台からは姿を消したのかと思われていた与沢氏だが、なんと昨年12月に海外へ移住を果たしていた。行った先は、アジアきっての金融大国・シンガポール。その移住の真意や現在の生活ぶりを知るべく、SPA!取材班が密着取材を決行した!

シンガポール最高級と言われる56階建てマンション「オーチャード・レジデンス」。その最上層49階に与沢氏は居を構えていた。

「今の家賃は200万円。新居に住むにあたって3000万円近くの家具を買ってしまいました」と笑う与沢氏。その豪奢な住まいは、かつての自宅と何の変わりもない。そこで、まず今回のシンガポール移住の真意について直撃した。

「一部では『与沢翼が移住したのは、海外に資産を隠したから』なんて言われていますが、全部ウソです。移住の一番の理由は、税金ですね。ご存じのとおり、私は税金で痛い目に遭いましたから、二度と同じミスをしたくなかった。そこで、税制を調べていたら、シンガポールは日本よりも圧倒的に税率が低いことを知ったんです。事業をやるなら、日本よりこっちのほうが絶対に得ですから。それに、現在活況なアジアの市場で勝負するなら、シンガポールは地の利もありますしね」

◆資金ショートから奇跡の大復活!

だが、与沢氏が実質破綻状態に追い込まれた要因である、3億円超の法人税はどうしたのか?

「これは、昨年10月にすべて完済しました。確かに、当初3億5000万円もの法人税を払うお金はもうありませんでした。会社が倒産したら法人税の納付義務はなくなるので、正直、倒産させてしまえば簡単だったんです。でも、絶対に倒産だけはしたくなかった。会社を倒産させたという悪いイメージがついてしまいますし、3台の高級車、5つの高級住宅、資産のある法人などもありましたから、これらを売却していけば、ギリギリ法人税を払えるのではないかと思った。だったら最後まで責任を持って、自分でできるところまで処理をしようと思ったんです」

滞納分は毎月分納し続け、昨年10月時点で、残り約1億2000万円まで減っていた。

「その時点でもう資産はほぼ売り払っていて、これ以上は返せるアテがなかった。そんなとき、知人から“法人税の還付金”について教えてもらったんです。私の会社は8月決算でその年度は大赤字でしたから、ちょうど1億2000万円ほどの還付金が見込めたんです。ただ、本当に還付金が戻ってくるのかはわからなかったので、かなり賭けでしたけどね。もしもっと還付金が少なかったり、仮に還付されなかったら、本当に倒産するしかなかったですね」

ただ、一部では「計画倒産なのではないか」と疑われていた。

「そもそも計画倒産とは、銀行から融資を受けていたり、ツケで物品を買っていたりと、債権者がいるもの。私のケースは税金の未納であって、会社は黒字経営だし、出資も融資も受けていないばかりか、買掛による取引もなかった。だから、そもそも計画倒産という指摘は根本的にありえません。それにもし本当に計画倒産するんだったら、法人税を1円も払わずに倒産させていますよ(笑)」

◆シンガポールでデイトレーダーに転身!

何とかギリギリのところで踏みとどまり、すべての手続が終了後、シンガポールへ移住を決意。だが、やはり驚きなのは、一時一文なしと報じられたのに家賃200万円の家に住み、高級家具に3000万円近く費やすその経済力。いったいどんなカラクリが?

「ホームページなどのアフィリエイト収入や企業のPR、講演などの各種出演料。あとは、株式投資とカジノで、毎月1500万円は稼いでいます。マリーナ・ベイ・サンズには5万シンガポールドル(約450万円)以上をデポジットすると会員になれるVIP用の『PAIZA』というグレードがあるんです。私も会員になっているのですが、ここは普通のカジノよりもレートが高く儲けやすい。1か月で2500万円稼いだこともありますよ」

だが、与沢氏が今何より力を入れているのが株式投資。トレード自体は一日1時間程度だが、それ以外に毎日16時間、株式投資の勉強に割いているという。

「今一番の目標は、超一流のトレーダーになること。’12 年12月に8000円台だった日経平均株価が2年数か月で2.5倍の2万円になったことからもわかるように、今投資は追い風が吹いています。この波を逃す手はないですよ」

その言葉を裏づけるかのように、先日もソフトバンク株を大量購入して、利益をあげたという。

「ソフトバンクが7100円台のときに合計6000株、4300万円ほど買いました。そのとき私が立てた予測は、『7450円程度まで90%の確率で上昇するだろう。さらに上昇する確率は45%で、7500円をブレイクしたら、次は8200円まで80%の確率で上昇する』というものでした。実際、このあと株価は予想どおりに上がり、4月13日には104万円、15日には70万円と、毎日50万~100万円程度の利益を確定させています。勝っても浮かれず、負けても臆せず、技術を磨き続けるだけですね」

取材・文・撮影/藤村はるな 横山薫(本誌)

————

株は一夜にして資金の半分、3分の1になる。
絶対気を抜かずにリスク管理は万全にね。

4月 252015
 

このブログのしばらくの中断があり
大変すいませんでした。
突然のことだったので私の方もビックリしました。

中断した理由:
ウクライナでのサーバー会社を使っているのですが、
(nic.uaというウクライナでは大手のサーバー会社らしい)
そこに警察の査察が入ったそうです。
それでサーバーを断絶するハメになったと。
私が頼んでいるウクライナの青年が言うには、
警察も政府もbicth(クソ)で
稼いでいる会社から難癖つけてカネを取ってやれという魂胆。

「ウクライナの政治は汚職で、役人はダーク(暗黒)」

だからその青年は一刻も早く祖国を離れ、
ブルガリアかどこかへ行きたいと望んでいる。
プログラミングができるので
パソコン1台あればお金を稼げる力がある。
以前私は彼に、日本ではプログラマーが足りない、
来日して働けるかもしれないが
日本語ができないとダメだと言った。
残念がっていた。

日本でも異常なほどの法人税や最近の消費税増税、
経費の制限や接待費の限度など
さまざまな規制がある。
それを嫌って海外移住をする人も目立ってきている。
国の税収は間違いなく減るでしょう。
このまま何も対策を講じないならば。

「ビジネスというのは官民協力しないと育ちにくいものだ」
それに
「法人を苦しめ過ぎると税収は確実に減る」
ということを理解してくれないとダメですよね。

ウクライナの青年には祖国を離れてビジネスをすべきだと言ったし、
日本で稼ぐ人たちにも海外移住をお勧めします。

なぜなら国のために奉仕するのは国家公務員の職務であって、
国がピンチならば彼らが率先して身銭を切るべきだと考える。
公務員のボーナスは当然「無し」が妥当でしょう。

ではビジネスマンの職務は何かというと
「お金という力を借りて国民の経済的幸福度を高めること」
だと思っています。
(今はグローバル時代なので、国民でなく“世界市民”が正しいかな)

私は生まれ育った日本に愛国心を持っているが、
世界市民の脅威になる政治には応援しません。

日本もウクライナも少しずつ改善されていくことを願う。

1月 182015
 

スイスフラン(の価値)が暴騰した。
対ユーロで1.2スイスフランで推移していたが、
1.6まで急騰した。
(現在は1.35ほど)

「なぜ暴騰したのか」と言うと
(専門的には知りませんが)
これまでスイス政府が自国の通貨高を抑制するために
1ユーロ=1.2スイスフラン以上になったら、
スイス中央銀行が無制限でスイスフランを売っていた。
それが今回「辞めます」と言って急騰したとのことです。

「なぜ辞めたのか?」

スイスフランを売るということは
外国の通貨を買うということで、
スイスには外貨が貯まり過ぎたようです。

人口800万人の国でどうやって外貨を使えるの?

製造業ではロレックスが本社を置いているようですが、
(フランク・ミュラー、スウォッチ、他は知らない)
輸出企業はスイスフラン高になるとピンチです。

ですがスイス人は旅行などしやすくなりますね。
(ちょっと前の日本の状況に似ている?)

それにスイスに行く外国人旅行者は減る。
ホテルなどの観光業もピンチです。

スイス経済は空前絶後の大不況になるでしょう。

★スイス人が取るべき道

1、スイス以外への外国への出稼ぎまたは移住する
2、800万人から出る需要目当ての商売をする

私は1を選んでほしい。
なぜならその方が容易だから。

それにしてもなぜスイス政府は有り余る外貨を使わないのか。
どんどん使えばいいのに。
と思ったあなたは甘い。

お金を使いたいのは山々だが、欲しいものがない!!

金持ちの苦労の一つです。

それなら金(ゴールド)を買えばいいじゃないか。

⇒そんなことしたら余計にスイスフラン高になるだろ!!

海外不動産を買いまくればいいよ。

⇒国際的に反感を買うだろ!!

外国債(他国の借金)を買って国際協力?

⇒スイスは永世中立国なの!!

スイスの苦悩と未来:外貨を稼ぎ過ぎて自国崩壊の予兆

私がスイスへ渾身のアドバイスをさせて頂く。

人口増加戦略で国難を回避せよ!!

そもそも人口が800万人しかいないから需要が低い。
(国土は台湾よりも少し広い程度)
これでは外貨を減らせない=海外の商品を買ってくれない。
人口が増えれば嫌でも消費が生まれる。
自国にない商品ならば外国産のものを買うしかない。

人口増加のために出生率を上げるのは時間がかかる。
だから移民を受け入れるしかない。

でも雇用口はあるの?

外国企業を誘致する。
欧州の中でも法人税は安い方らしいが、
高税は誰もが嫌なものです。
せめて消費税(VAT)は減らす方向で。

移民といってもさまざまな国や人がいる。
選定基準は収入とスキルです。
つまりハイクラスな人のみです。
これについては非難が来そうなのでここでは止めます。

永世中立国というのは
どこの国であろうと肩入れしないという立場ですよね。
これはどんな国の人でも差別しないという意味でもある。

『移民による人口増加という国策は妥当』

今後のスイスの動向が楽しみです。
どんな政策を打ち出してくるやら。

追記:FXは口座に全財産を預けるな!! 一晩でゼロになるよ。

12月 302014
 

以下の動画を見てほしい。
「ホームレス=負け犬」という考えが吹っ飛びますよ。

Youtubeを投稿するジョシュさんは
ホームレスに100ドルをあげると
一体何に使うのかという企画を立てた。
(アドセンス広告収入目当てでしょう)

偶然道端にいたホームレスのトーマスさんに
それを実行してみた。
(選択基準が何なのかは分かりません)

カメラがトーマスさんを追跡すると
スーパーで買った食料品を
何と同じホームレスに分け与えているではないか。

ジョシュさんは慌てて事情を説明し、
なぜホームレスになってしまったのか聞いた。

父親がガンになって治療費のために家を売り払った。
父が亡くなると母も後を追うように亡くなった。
仕事も家も無くしたトーマスさんの選択肢は
ホームレスしかなかったと。

トーマスさんは独身だったのでしょうね。
家族がいれば別の道もあったと思われますが。

なぜ他の人に食料を分け与えたのか理由を尋ねると

「お金では買えない幸せがある。
私はこうすることで幸せを手に入れるのです」

という私が涙するようなことを言う。

その後ジョシュさんはトーマスさんのために
募金活動を開始し
現在11万ドル(130万円くらい)近く集まったそうです。

日本での医療費はかなり安い。
恵まれているといえば全くそうなんですが、
その医療費は誰かの支えで成り立っている。
日本とアメリカでの医療システムを比較して
どちらも一長一短あって断言はしにくいですが、
『健康でないと働けない』
ということは確実に言えます。
働けなければ税金も払えないので
やはり国は国民総医療保険を支持すべきだと思う。

ところで私が心配するのは医学の進歩ではなく
医療従事者の進化の方です。
小児科医なんかはしんどいから
(少子化でお母さんがちょっとのことですぐ診察希望する)
専攻する絶対人数が少ないので激務らしい。
他の分野の医者も激務であることは変わらないと思いますが。

しんどいから日々進歩する医療技術を勉強したり
習得するような余裕時間はないだろう。
しかも疲れやストレスによる医療ミスや事故も頻発すると思う。

「どうすれば日本の医療現場を改善できるのか?」

アジア系の外国人医師を雇うしかない。
タイには優秀な人材が多いらしい。
頼んで来てもらうしかない。

自国だけでなんとかできる力はもはや日本にはない。
もう外国頼みの日本に成り果ててしまったのです。
輸入品目は石油などの原料や食料だけではなく、
人材も輸入する。

『国境を考えていたら日本そのものが無くなる』

問題のない国や人はいないけど
どうしたものだろうか。