7月 302018
 

CC便(コストカット便)という
FBA納品専門の代行業者が営業停止した。

https://cc-bin.appspot.com/

私は利用したことがないので詳しくないが、
何でも160サイズの荷物を
たったの950円でFBA納品してくれるサービスで
多くのアマゾンセラーから支持されたが、
昨今の配送業者の運賃値上げで赤字が拡大したからでしょう。

営業再開はほぼ絶望的だと思う。
なぜならこれから運賃が下がるとは思えないから。

それに加えて私が愛用しているクイックポストも
9月1日から164円→185円に値上げする。

たったの21円かもしれないが、
歴史を見ると2014年6月からスタートして
その4年間に1度も値上げしていないことを考えると、
これも日本郵便のキャパオーバーから来る
人件費などのコスト高によるものなのでしょう。

この事柄から逆に言うと
オンラインでの購入をする人が確実に増えていると言える。

アマゾンや楽天だけではなく
4年前には無名だったメルカリなどのフリマアプリの登場も
それに拍車をかけた。

この記事を読んでいるあなたなら理解してくれると思うが、
ネットで購入するのと実店舗に行って購入するのとでは
便利さが全然違うので、1度でもその味を覚えたら
またネットで買えばいいと脳に刻まれる。

つまりネットショッピング人口は減ることはない。
増えることはあっても減ることはない。

もしそうならば配送料金の値上げは今後とも起きてくる。

日本人労働者人口の減少傾向は食い止められないので、
外国人労働者の受け入れを拡大していかないと
運送サービス自体が危機に立たされる。

配送業各社は人材確保のために
その受け入れ体制や運転などの指導・教育に
資金を注入していかないと、
いずれ新手の外国人専任の運送業者が現れて負けるかもしれない。
度重なる値上げで対応すればそれが隙になり、
そうしたところに新規参入者のチャンスを生む。

タクシー会社は配送業に進出するのもいいのではないか。
もしくはタクシー運転手が配送業に転職してもいい。
なぜならUBERやLyftのような配車アプリサービスが出現したから。

何でもアメリカではYellow Cabというタクシー会社最大手が
倒産危機にさらされているそうです。

その理由は3点

・UBERを利用する人が増えたから
(その方が便利で。もう常識になっている)

・運転手がタクシー会社からUBERに流れたから
(その方が儲かる。実入りが80%ならオイシイ)

・副業でUBERをする人が参加してきたから
(いい小遣い稼ぎになります)

※需要と供給がバランスよくありますと
これはもうビジネスとして成立してます。

私はアメリカの法律を知らないが
タクシードライバーになるのにアメリカでは
ライセンスは不要なのでしょう。
(白タクがない)

もし私がタクシー運転手ならば休日に試しでUBERをしてみます。
なぜなら収入を1つの会社に依存していては危険ですし、
自分で稼ぐ実感・自信を得られるから。

まとめに入ろう。

・配送業界とタクシー業界
・ネット人口増加とアマゾンFBA納品

この2つの点から導き出せる私のビジネスアドバイスは

「タクシー会社はアマゾンFBA納品専門配送業者になれ」

お届け先であるアマゾンの倉庫は固定化されている。
あとは大口の依頼主を見つけられたら安定収入になる。

私がタクシー会社の経営者なら
UBERなどの配車サービスが怖くてたまらない。
ガソリンの値上がりもあることだし、
商売替えを真剣に考えます。

大企業の歴史を読むと
ピンチをチャンスに変えてきたからこそ
大きな飛躍ができたのだと分かる。

タクシー会社も変革すべきです。

6月 032017
 

アメリカの大学生1500人を集めて
2つのグループに分けた。

A:まずお金を稼いでから自分の好きなことをする。
B:好きなことを優先させて、お金はその都度考える。

A:1245人
B:255人

20年後その1500人を調査した。

億万長者になったのは101人いた!!

A:1人
B:100人

255人中100人が金持ちになった。
(39%は高い方だと思う)

※アメリカ人の成功の定義は、お金の多寡

私はこの話を知った時
なぜそんな結果になるのか考えた。

【理由】

嫌なことをすると疲れる
疲れるとやる気が起きない
エネルギーが沸かないから成果が出にくい
成果が出ないからさらにやる気がなくなる
⇒悪循環
果ては社会や人間関係を嫉み、呪う

逆に好きな仕事をする
好きなことにお金や時間をつぎ込む
やる気・エネルギーが沸く
没頭して働くから成果が出やすい
成果が出ると楽しくて仕方がない
昇進やビジネスチャンスをつかめる
⇒好循環
他者を思いやる余裕が出てくる

もしあなたが今の生き方に不満があるなら

・嫌なことは辞める
・嫌な仕事は断る
・嫌な人とはつきあわない

そういう方向へシフトしてほしい。

いきなり仕事を辞めたら収入ゼロになるから、
今あるお金や時間を少しずつ楽しい方へと移す。
もしくはその仕事の中に
いかに楽しさや使命感を見出すか。
(死にたいほど嫌なことなら即辞めてしまえ)

現在、夢中になれるものや
情熱を持てるものが無い人は、
興味・関心があるものを片っ端からやってみること。
100くらいやれば誰でも
手がかりになりそうな糸口1つは見つかると思う。
そんな人生も素敵じゃないのかな。

『仕事再考』

「ゲーム感覚のような仕事をする」
もしくは
「仕事をゲーム化する」

人生の成功はお金だけではないが、
お金も必需品アイテムだから
自分の仕事をよくよく考えなければなりません。

人生(仕事)はそんな甘くない・きれいごとだ、
そんなふうに思う人もいるかもしれません。

・どうしたら仕事を楽しく面白くできるか
・楽しい仕事にするためには何が必要か

これに留意して日々の仕事に取り組んでほしい。
特に経営者の方は是非ね。

締めくくりで私のこのブログの読者に聞きたい。

“あなたの今の仕事、燃えてますか?”

あなたはいつ死ぬか分かりませんよ。

3月 042017
 

ジム・ロジャースさんが言っていた。
円を増刷し円安誘導をした安倍総理は
日本を破壊した人物として歴史に名を残す、と。

http://president.jp/articles/-/14427

私の意見ではそれは違うと思う。
確かに円を増刷したら
日本や世界に円が流通する。
だから円の価値が目減りする。
だがせっかく円を保有しても
銀行に寝かせることが好きな日本人は使わない。
なぜ使わないのかと言えば将来不安だから。
だから大量の円は結局日本銀行に還流される。

仮に増刷マネーが消費に回ったとしよう。
個人から企業側にそのマネーが移り、
そのマネーは従業員の給与や設備投資などの資金に移り、
法人税として国の財政にも回る。

「世の中にお金が循環することは良いことだ」

今その循環が悪い(今後もっとひどくなる)
消費を起こさないことには循環は良くできない。

『消費低迷』

これが日本経済を破壊する重大な原因です。
断じてアベノミクスの円安誘導策が原因ではない。

ではどうしたら消費がさかんになるのか?

将来収入を得る手段が無くなるのではないか
(リストラされるのでないか)
という不安を消すこと。

国の財政がピンチという理由で
消費税を5%から8%に引き上げた。
それが現実のものとなった時、私たち消費者は
「この日本という国は相当ひどい状態なんだ」
と確信へと至らしめた。

人は不安になれば自分の身を守ろうとする。
経済的不安なら出費の抑制に意識が向かう。

増税するということに良いことは1つもありません。
1つもです。
なぜなら税金は国民のために使われるもので、
その国民からお金を徴収するのは矛盾であるし、
何と言っても政府は税金の使い方が下手くそ。
その証拠に国債(国の借金)発行額は膨張している。
公務員に利殖の才能はない。

それならば自分で稼いだお金は自分で使わせればよい。
その方が結果に対して自己責任にできる。

あなたに私のことを誤解してもらいたくないが、
税率をゼロにせよとは言っていない。
消費税を上げるなと叫んでいる。
なぜならすべての国民が消費しているから。
電気、ガス、水道、食費、家賃、教育費、通院費などなど。

安倍政権は消費税を上げてしまった。
3%に減税すべきだったのに上げた。
何てことを…

私は東京五輪はダメになるのではないかと危惧している。
たとえ運良く開催してもその後は撃沈するだろう。
なぜなら国民の士気も政治も経済の基盤も危ういから。

ここで安倍総理にお願いがあります。
せめて東京五輪の終わる2020年まで
臨時で消費税を3%に引き下げて下さい。
(ゼロにしてもいい)
消費パワーは必ず復活し、所得が増え、
それに見合った以上に税収が確保できる。
海外からの旅行客も消費税を払う。
それが無くなれば日本でもっとお金を落としていく。

どこかの議員が「政治とは税のことだ」とテレビで聞いた。

税金を下げる。
国際競争力を強めるためにも
税率を引き下げる。

トランプ大統領は移民制限のために
メキシコ国境沿いに壁を作ろうとしている。

そんなものは後からにしろ。
作りたいなら財源を確保してからだ。

なぜ税率を下げる施策を速攻で発表しない?
彼は不動産マンだから税については苦労しているはずなのに。

アメリカの抱える雇用問題は減税効果で解決できる。
そうして世界中の優良企業を広大なアメリカ大陸へと誘致せよ。

私はそうと簡単には言っているが
現実的には減税法案を通すのは難しいのだろう。
多数決の民主主義では抵抗勢力も強い。

独裁政治しかないかな…

俺が総理大臣じゃ!!
逆らう奴は殺す!!

これくらいでないと日本は変わらない。

12月 032016
 

ドナルド・トランプ氏が
ヒラリー・クリントン女史を破り、
アメリカの第45代目大統領に当選した。

私はどちらも好感を持っていないので、
多民族国家アメリカも人材難だと感じた。

まあ今更何を言っても
トランプさんに決まったのだから仕方ないが、
少し彼についての意見を言わせて頂く。

正直私は彼について期待していない。

【その理由】

Wikiを見てみると
彼は父親の跡を継いで不動産開発で富を築いている。
生粋の不動産マンだ。
それ以外の事業にも手を出したが不発に終わっている。
つまり彼は不動産しかできない人。

不動産を持つということは
(読んで字のごとく)安定資産を優先する考えでいる。
これは資産家の思考です。

資産家は、資産を増やすことにフォーカスしていない。
今ある資産を減らさないように絶えず対策している。
(ちなみにファンドとは資産を減らさないようにするための基金)

事業撤退、債務、破産、2度の離婚などの
大転落を味わっている彼は、
ほとほとチキンになっている。

だから資産家トランプ大統領(70歳)は
「現状維持」マインドの持ち主です。
アメリカの諸問題を改善・解決(変化)させるよりも
これ以上問題をひどくさせないように注意を払う人です。

過激な発言は口先だけで
チェンジと言ったオバマさん同様に、
今のアメリカをより良く変える政策は実現しない。
「波風立てて終わる」というのが私の予想です。
(4年持つかな~)

あまり当たってほしくないですが、
せめて1つくらいは功を残してもらいたいものですね。

8月 152016
 

コストコはアメリカのグローバル企業で
日本にはすでに25倉庫もある。
今も拡大の最中のようで
それは儲かっているということでしょう。

HP:http://www.costco.co.jp/p/

創業は1976年で私と同じ生誕年です。
今年で40周年か。
日本の大型小売店がどんどん合併や閉鎖していく中
よくがんばっているよね。

私は「なぜコストコが存続できているのか?」を考えてみた。

1、有料会員制だから
2、倉庫=店舗だから
3、商品をパレットごと陳列しているから
4、内装に手を出していないから
5、まとめ買いによって単価を高くできるから
6、郊外立地だから
7、その他

コストコの企業経営は「経費削減」をモットーとし
その浮いた経費分を低価格に反映させている。

なぜそれほどまでに低価格にこだわるかというと
有料にて会員になってくれる顧客に
少しでも得してもらいたいから。
だからこそ無駄をカットしていくスタイルを取る。
倉庫がすなわち店舗になれば
中間マージンを排除できるわけだ。

私は安売りには限界があると確信している。
ダイエーもそうだったが、
安く売れば売るほど自分の首をしめていき
ついには固定費をまかなえないほどになるから。

コストコはどうだろうか?

有料会員にするところが効いている。
そうすることで顧客の囲い込みができ、
顧客管理も同時にできる。
https://www.costco.co.jp/p/registerlimitedemail
会員だけのメルマガにて広告し
広告費も安く抑えていることでしょう。

ちなみにアルバイトの最低時給が1200円です。
(他の小売店では800円から)
人件費はケチらないようですね。

それでも私はコストコには頭打ちがあると思っている。
なぜならアマゾンのようなEコマースがあるから。
小売りのライバルとして恐ろしく強い相手。
(私はアマゾンが大好きです)
コストコは彼らに勝てないと思う。

だったらコストコもネットで販売すればいいじゃないか。

そうなると顧客住所までの配送コストがかかる。
大量売りが基本だから店舗での販売に限られる。

「ではコストコはどうしたらEコマースの脅威を退けられるか?」

入場料を上げ続けている
ディズニーランドがいいヒントになる。

『ビジネスの遊園地化』

そういえばマクドナルドの藤田田さんが
これからの日本は「富国楽民」と言っていた。

コストコに行くと
「楽しい」「おもしろい」「ワクワクする」
そんな店舗を作れば生き残れると思う。

ネットショッピングは気軽で簡単、便利です。
しかもアマゾンは届くのが早い。
でも楽しくないんですよね。
やっぱり人間なら楽しみが欲しい。

コストコさん、
映画館や温泉施設を併設してみたらどうでしょうか?

それほどお金をかけずに済ませたいなら
コインゲームを置きますか?

コストコに限らず
どんなビジネスをしている会社も
上のキーワードだけは頭に入れておいて下さい。
でないとダメになるよ。


アメリカだけに商品はビッグサイズです。

7月 242016
 

ある転売塾の価格が99800円だった。
セールレターに24分割で月々4083円とあり、
実際に計算してみると

99800÷24=4158円

おそらく価格を98000円と間違えているのだろう。

それにもう一つ間違えている。

分割支払いにすると(リボ払いも同じです)
クレジット会社に「利息」を払わないといけない。
お金を借りているといっしょだから。
よって単純に24で割った計算の金額は
クレジットカードのことを分かっていない証拠です。
転売での仕入れは大丈夫でしょうか。

クレジットの英語の意味は“信用”ですが、
クレジットカードは“借金”カードのことだとみなしても
全く差支えない。

(アメリカではクレカを持てない人は生きていけないほど、
借金に依存した国だと言われています)

クレジットカードは使ってもいい。
便利だし、ポイントがつくから。
でも一括で返済した方がよい。
でなければ利息もプラスして払わないといけなくなる。
これが決してバカにできない。

特にリボ払いは月々決まった定額を支払い続けるので、
借金している感覚が薄まってきます。
ですが年利は確か15~18%くらいですので、
リボ払いしている人はすぐにでも返済するように願いたい。

三井住友クレジットは一括支払いでも
自動的にリボ払いにされてしまうので、
契約直後は必ず確認して下さい。
(私はもう嫌になって今は使っていません)

代わりに楽天カードヤフーカードはいいですよ。

ですが皆が一括支払いばかりされると
クレカ会社の儲けはガタ落ちですので、
クレカショッピングで慣れさせておいてから
買い物依存症(薬漬け)にはめ込む気でしょう。
パチンコ商法に似ています(笑)

クレジットは借金だという認識においてお使い下さい。

5月 292016
 

私の住む町に
「クスリのアオキ」というドラッグストアができる。
その道沿い近くにはすでに
「ZIPドラッグ」というストアが営業している。
(株式会社ココカラファインが運営)

どうして初期投資のかかるリアル店舗を
多店舗展開するのか本当に疑問だ。
店を増やせば儲かると思っているのだろう。
旧世代の経営者は勉強不足。

アメリカの家電売上高では
アマゾンが2位に躍り出た。
ウォルマートを抜き去って
1位のベストバイに迫る勢いだ。

※アマゾンがあのEveryday Low Priceのウォルマートに勝った
という疑いようのない直視しなければならない脅威。

次は薬品・ヘルスケア部門もそうなるだろうし、
ネット業界はアメリカが先を行っているので、
日本は対岸の火事ではない。

現に本、CD、DVD、おもちゃ、ファッション、家電など
どんどんネットがリアルを駆逐していっている。
その証拠に小売りの王者「イオン」を見ればすぐ分かる。

クスリのアオキもネットショップを持っているが、
アマゾンや楽天に勝てるの?

私なら即刻赤字店舗を閉鎖して
その跡地を倉庫に転用できないかを考える。
ネットショップを強化していき
配送スピードで差別化を図る。
なぜならアマゾンはまだ倉庫数が少ないので
(中部には1か所のみ)
勝つチャンスは残されている。

「ネット時代にふさわしい頭に切り替えて!!」

多分そうは言っても聞かないと思うけど。

9月 162015
 

日本はアメリカに守られていると言われる。
もしアメリカが味方していなかったら、
日本はお隣りの韓国や北朝鮮、中国などに
何をされていたか分からない、だそうだ。

私が想像すると
もし隣国が日本を軍事的破壊行為をしたら
世界的世論がその隣国をバッシングするだろう。
経済的にも文化的にも。
日本人の尊い命が多く犠牲になるが、
その隣国にも餓死者や暴動が起こるのではないかな。
知らんが。

もしあんたが
今のアメリカが世界を救えるなどと
本気で思っているとしたら
大馬鹿野郎だ。
なぜなら失業率も離婚率も
自己破産比率も犯罪率も
先進国でワーストの順位だろう。
(日本はアメリカのマネすんな!!)

「自分の国も救えないアホが
よそ様の国を救えるなんて
何たわごと言ってんじゃボケ!!」

特にアングロサクソン系白人はどうしようもない。
金融危機で世界をあんなに不況にしたのに
誰も責任を取っていない。
低所得者層のアメリカ移民系も怒るわな。

「あんた、本気でアメリカ人が守ってくれると思ってんの?」

おめでた。
まあ私はアメリカン映画やドラマが好きだから
そこは楽しみ応援はしているが、
核などの軍事力はいらんがな。
(下半身の核は爆発させたいww)
(DMMはしょせんバーチャルなんだよ、グスン)

ところで
稼げない私が
「もっと稼ごうぜ」と言ったところで
「お前がまず稼げよ」と言われるのがオチだから、
何とかお金を儲けることに注力している。

「くそっ、今迷路の中なんだよ」

迷走中も調整中で
必ず乗り越えてみせるぜ!!
見てろよ。

8月 052015
 

「WOMB」というアパレルショップサイトです。

https://www.womb-store.jp/

英語の意味は「子宮」ですが、
マタニティーグッズでも
ベイビー用品でもなく、
男女のファッション関連を扱っています。

「STARVATIONS」(餓死、飢餓という意味)

http://www.starvations.com/

このお店はCOZY CORPORATIONという
会社のブランドの1つです。
「BABYDOLL」と共に
全国にリアル店舗を構えています。

日本人だったら意味を知らないでか
気にしている人はいないと思いますが、
アメリカ人やイギリス人は???だと思います。
まあ海外の日本語表記も変なのがありますが。

※今すぐ店名を変えろとは言ってません!!
(そのままでもいいと思います)

店名はどんなお店なのかを知る
最初の手がかりの1つです。
できれば分かりやすく
カフェならCafeとか喫茶とか入れた方がいいと思う。

だったらSONYはどうなの?

東京通信工業という会社名だったのですが、
国際的な企業になるのだということで、
欧米でも発音しやすい、覚えやすい社名で
SONIC(音の)から取ったと思います。
ただ当初はSONNY(坊や)、
SUNNY(陽気な)という発音で
誤解されたみたいですね。
創業者の盛田さんは根性むき出しで
「どんな会社か根付かせたる、みとけ!!」
と世界に通用する大企業にしました。

私たちはそこまでする必要はないと思います。
なぜなら企業の寿命は短くなったからです。
ブランドを浸透させる前に倒産してしまうのが
9割以上でしょう。
厳しい世界です。

本でもタイトルは大事ですね。
タイトルとカバーデザインで7割だと聞いてます。
買ってもらいたいのなら気を付けましょう。

もし英語で説明文章を載せる場合などは、
翻訳家に頼んで1度チェックしてもらうといいと思います。
ランサーズで見つかると思います。

余談:
カルピスは「Cow Piss」(牛のおしっこ)という発音に近い。
ポカリスウェットは「Sweat」(汗)。
おしっこ飲むの?
汗を飲むの?
とアメリカ人は思ってしまう。
そのネームでは普及しませんのでご注意を。

7月 142015
 

アメリカのゴールド・ラッシュの時、
一番儲けた奴は金を掘り当てようとする人ではなく
つるはしを売った人だったと言われているらしい。
それは間違いだ。
なぜならつるはしが儲かると分かれば
他の奴らもマネして売ってくるし、
一度買った人がまたリピートして売れるものでもない。
早々壊れるものではないから。

ではつるはしを作った人が儲けたのかというと
それも間違いだろう。
なぜなら単純構造で作られるつるはしは
道具屋なら誰でも簡単に製造できて、
過剰生産による値下げ要求に負けることになる。

「結局誰が儲かった?」

ニーズを真っ先に見つけた奴だ。
人間をつぶさに観察し、
次に必要とされるであろうものを予測し
その提供のための行動を起こした者。

つるはし→ショベル(スコップ)→手押し車→トロッコ
衣服→洗濯→風呂→ベッド→宿

人間がいればそこにニーズがあり、
ビジネスが生まれる。
だとしたらお金を儲けるためには
人間を絶えず観察する態度は必要不可欠だぞ。

ニーズは何か?
要求は何だ?
できることはあるか?

もし無関心になったら
お金から三行半だ。
不干渉だから。