8月 122018
 

日本最大のサッカースクールを経営する
現役プロサッカー選手の本田圭佑さん(1986年生まれ)が
カンボジアのサッカーチームの監督兼GMになったそうです。

「なぜ日本人の彼(しかも現役選手)に
カンボジア側が監督としてオファーしたのか?」

私が推測すると

1、日本サッカーを代表する人
2、海外でも通用している人
3、子供たちにサッカーを教えていること

この条件が揃っていたことと、
他のサッカー界の人にも多く打診してみたのだが
発展途上のカンボジアに来てくれる人がいなかった。
その中でも本田選手だけは承諾してくれたからだと思う。

調べてみると
アジアのサッカーチームで所属している日本人は
少なからずいる。

Wikiから

なぜ彼らが活躍の場をアジアに選んだかというと
収入面の要素が大きいだろう。
Jリーガーでも2部に在籍する選手はまだマシだが、
3部の選手はフリーターくらいで
副業でもしないとやっていけないらしい。

しかも選手寿命は25才までで
第2の人生を模索しなければならない。
サッカー一筋で生きてきた若者には
企業で通用するスキルは皆無に等しい。

だからどうせ日本で芽が出せそうもないならば
(自分よりもスゴい選手はウヨウヨいるし)
サッカーの未発展のアジアの国で代表選手になり、
給与を頂く方が楽しいし、ゆったり生きられる。
現役を引退したらコーチになるチャンスも大きい。

野球の巨人の選手の誰かが言っていた。
「2軍の選手はプロ野球の選手でない」と。

私はどうせ目指すならプロとして活躍して頂きたいと考える。
とすれば日本でプロを目指すよりも
アジアにてプロ選手としてやっていく方が
プライドと収入の両面で満足できる可能性が高まる。

※工業製品(ハード)を輸出する日本から
日本人(ソフト)を輸出する日本にシフトする。

国が豊かになっていくと
どうしたわけなのかスポーツ振興に力を入れ出す。
中でもサッカーは世界的人気なスポーツ。
何としてでも隣国だけには勝ちたいと思うのが
ナショナリズムというものだ。
(参照:韓国が日本に対して抱いているライバル感情)

「それにしても本田圭佑さんはなぜ監督になったのか?」

リオ五輪のマラソンでカンボジア代表となった
芸人の猫ひろしさんのことも頭にあったかもしれないが、
私の妄想は彼についてもっと広くとらえている。

彼の采配でカンボジアサッカーが強くなる
⇒カンボジア人(クメール人)が元気になる
⇒日本や日本人を好きになってくれる
⇒日本カンボジア友好関係が深まる
⇒日本企業のためのビジネスチャンスが増える
(彼は経営者でもある)
⇒日本国家の財政が潤う
⇒アジア間の平和の樹立

「サッカーで築こう友達の輪、輪!!」

オランダ、ロシア、イタリア、オーストラリアで
サッカーチームに所属しプレーしていく中で、
アジア人蔑視も受けたであろう。

「俺がアジアでサッカーフィーバーを巻き起こし
国境も人種差別もブチ壊してやる!!」

スポーツでも革命は起こせる。

彼の意図する未来は、差別や争いのない世界だ。
なぜならサッカーはチームプレーであるし、
ルールに則するスポーツ競技であるから。

差別も争いもペナルティかレッドカードで退場行為。
それではスポーツとして成り立たない。

カンボジアで“スポーツ”を教えてやろうかな。

【後記訂正】

カンボジアの監督へのオファーは
本田選手の方からでした。
(私の調査不足をお詫びします)

すでに2016年にカンボジアにてサッカー教室を開いた経緯があり、
カンボジアサッカー連盟との交流があったそうです。
そこで連盟に
「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と質問し
「本気で言っているならオファーをする」と返事が来た。

記者会見での所信表明は
「1つはカンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。
2つ目は、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすること」

日本人は知らないと思うが、
東南アジアでもサッカー選手権(ASEAN連盟主催)が開かれている。

Wikiから

カンボジアのサッカーは弱い。
ボロボロだ。

本田選手はそんなチームの監督を引き受けた。
彼は弱小チームに肩を持ってしまう
いわゆる「判官贔屓」の人なんだと
私は彼の義侠心に感嘆する。

カンボジアの魅力が世界へ発信されるとともに
和平運動家である彼も世界にアピールされることになるだろう。

そしてまだ若い日本人サッカープレーヤーもアジアへと動き出す。
本田監督を習って。

2月 142015
 

フィリピンでは1日4食らしい。
土屋ひろしさんが言っていました。
そして日本のラーメンやカツ丼が
日本の値段そのままでも食されているらしい。
フィリピン人は食への情熱がすごいのでしょう。

土屋さんはフィリピンで日本食の飲食店を開く予定と
動画で公表していましたが、
やるなら空港内に作るべきでしょう。
なぜなら場所がいいからです。
現地人ではない外国人であっても
そのロケーションはいいと断言できるからです。
集客には困らないし、
大家の横暴・無理難題に悩むこともない。
(ベトナムの地方で店を追い出された日本人がいる。奥さんはベトナム人なのに)

マニラ空港に行ったことがないので分かりませんが、
http://www.japph.com/kihonnjouhou/maniraauc%60ece%7Dta.html
これを見ると港内に飲食店はないようです。

タイの国際空港にはあります。
確か日本食レストランもあった記憶があります。

ですがタイもフィリピンも空港がすでに立派で
その周辺の地価は上がっていることと思う。
その点カンボジアのプノンペン空港のそばはそれほどでもないでしょう。

土地ごと買って飲食店を開くのなら大賛成です。
経済の発展する国の不動産は必ず上がると
韓国、台湾、シンガポール、ベトナム、その他も
証明してくれている。

飲食をやるなら土地ごと購入して、
(現地人パートナーと組んで)
不動産の値上りも計算に入れてやるべきでしょう。
そうでなければ私ならやらない。
飲食はあきられたら終わりだからです。
そうならないためにも日夜創意工夫が必要。
こんなに頑張っても利益を出せていけるかどうか…。

飲食はやってはいけないビジネスです。
フランチャイズであっても同じ。

あきられたら終わり。
現地のライバルが値下げし出したら終わり。
食中毒を出したら終わり。(刑務所かも)
儲かったら嫌がらせに合う。(嫉妬ハンパない)
従業員にストされても終わり。(真面目に働くかな?)
レジのお金をくすねる奴が必ずいる。
横領されたら終わり。

いいこと何もなし。

それでもやるの?

5月 222014
 

物販で稼いでいるLEEという愛称の
李政峰さんのメルマガで知ったのですが、
何とカンボジアの平均月収は30~50ドル(3000~5000円)。
世界でも最低ランクに属しているそうです。

彼のブログです。http://lee-style.jp/

ただし教育水準が低いのか
ビジネスなどの理解度が低いそうです。
ティクティク(人力車風バイク)のドライバーに
目的地を伝えてもなかなかたどり着けない。
2キロ先でも40分かかったそうです。
(時間稼ぎかもしれませんが)

東南アジアは昔の日本と同じく
のんびりのどかな社会です。

当然ですが日本とは違います。
文化も風習も思考も違っているのです。
同じアジアですが、冬がないという風土なのです。

ではカンボジア人には優秀な人はいないのか?
というと、いるに決まっている。
豊かな教育を与えればいい人材がたくさん生まれるでしょう。

カンボジアは天然資源が豊富だと言われています。
人口は1500万人と少し少ないかもしれませんが、
平均年齢が20代ですので
これからどんどん増加していきます。

単純労働の外注先候補としていかがでしょうか?

中国はもはや製造国ではなく消費国としてとらえて、
メーカーは東南アジアで製造拠点を置くといいと思います。

5月 102014
 

5、6年前に旅行に行った
カンボジアの首都プノンペンで
まあ現地ではカジュアルな方の外観のお店にて
ホットドッグを注文して食べた。
これがマズいんだ。
パンは固いの何のって。(フランスパンかな)
あのソーセージは「エッ、魚肉ソーセージ!?」
プリプリ食感のジューシー豚肉油を想像していたのに
凹んだ。

プノンペンの一番高いデパートの上階にある
ファミリー向けレストランで食べたエビチリ風揚げ物。
これも固い、エビが口内で刺さって痛い、泣けた。
しかも頼んだオレンジジュースはぬるい。
吐きそうだった。

夕方にホテル近くの小さな洒落たお店で食べた米。
パサパサ。ボソボソ。ホントにお米?
「俺、何食ってんだろ?」と意識が飛びそうになった。

早く日本に帰りたいと思った。

思うに発展途上国って
料理レベルも発展途上で、
味覚が鈍感、味音痴なんだろうと思う。

では「カンボジア人はおいしい料理を食べたくないのか?」
というと食べたいはずです。

世界にはもっとうまいものがあるということを知らないだけで
食べたいに決まっている。

飲食経営に興味のある人は
お店を持つなら是非東南アジアで。
その前に調査を兼ねて旅行でもいいと思います。

10月 152012
 

衛生面が悪いので。

潔癖社会で育っている日本人には免疫がないので、
インドやラオス、カンボジア、ミャンマーなどの東南アジアに行くことは
多種な細菌の温床である地域なので危険です。

日本人は誰であろうと注意が必要です。
(特に若い人。40歳以下なら十分危険です)

水はペットボトル
料理は加熱したものを口にして下さい。