5月 202015
 

フリーエージェントの定義の詳細は知らないが、
ここでは以下のようにしてみる。
ほぼこれでいいと思うがどうか。

「自身の保有する技術や技能のみで、
組織に依存せずに生計を立てる新時代のワーカー」

(野球のフリーエージェントとは違うのかな)

上記の定義を要約すると
『強く輝く個人』ということでいいと思う。

これって組織に属するサラリーマンの方も知っておいた方がいい。

これからどんどん実力社会の経済システムが確立されていく。
誰にでも簡単にできる仕事なんて、
収入が時給10円の方向へと向かう。
だって1日1ドルで生きている人は世界にゴマンといるから。
彼らが知識を持ち、言語を学べば、月給3万円でも喜んで働く。

しかもIT(インフォメーション・テクノロジー)の力によって
労働力(マンパワー)を必要とされなくなる分野は次々と出てくる。
インターネットの世界ではそれが著しい。
例を挙げたらキリがないので止めるが。

サラリーマンも派遣労働者もみんな
フリーエージェント的な人間にならなければならない。
この時代を生きるために。
でないと無職かその日暮らしの生活になる。

フリーエージェントはのんびりお気楽な
自由満喫の生き方(の人)ではない。
自身のスキルと他者の喜びとを交換するために
日々切磋琢磨し、チャンスを模索し、
行動していかなければならないのです。
ボーと生きていたら社会の底辺に這いつくばる。
(ルーティンワークの人はその予備軍です)

これは脅しでも何でもない。
なぜなら誰も助けてくれないからだ。
その証拠に日本企業は派遣切りやリストラを平気でしただろ。
終身雇用の元祖パナソニックでさえも。

「生き残るために学ぶんだ!!」

特に“人間”を知ることを始めてほしい。
この世は機械でもロボットでもない、人間の社会だから。

個を大衆から引き離せ!!
自身を日常に埋没させるな!!
強く高くたくましくあれ!!

あきらめなかった者のみが
人生に乾杯できるのである。

12月 242012
 




右脳が重要になる。

ホワイトカラーの仕事はアジア圏にシフトする。
特に英語圏のインドとの関わりが多くなる。

20世紀:機械化によりブルーカラーの仕事の軽減。
21世紀:コンピューターによりホワイトカラーの仕事が軽減。
今の中流階級は100年前の富豪よりも豊か。
機能ではなくデザインやストーリーを持たせる。

6つの感性が今後問われてくる。
1:52頃をチェック。

11月 162012
 

リスト(メルアド)をたくさん持っていても
アドレスを変更されたら終わり。

今はSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が利用できて、
個人が簡単に活躍できる時代。

リストよりも自分の顔や名前を知ってもらった方が断然有利。

知名度認知度をアップさせよう!!

11月 122012
 

与沢翼会長の経営する会社が数10社あり、
100人の社員がいるそうです。
その100人の中に
取締役という社員も含まれていると思いますが、
おそらくイエスマン。
すなわち奴隷。
何で社員なんか持つのでしょうね。

「全員に自分の会社を作らせてジョイントすればいい」
(小玉氏や泉氏と組んだように)

そうすれば経営者と従業員でなく、
事業パートナーという関係になるので対等。
(もちろん利益責任は折半になるが)

経営理念や社訓などを守らない企業も多い。
だから倒産するのですが。

僕なら社員のケツを叩きます。
「独立せいっ!!」と。

10月 202012
 

スターリンが言ったらしい。
「1人の英雄の死は悲劇だが、100万の民衆の死は数字上の統計でしかない」とか。

さまざまな生き方で歴史を刻んでいるのは誰個人としても平等。

『個人が輝ける時代』は今。

SNSというツールで世界とつながれる。

あなたはあなたの主人公。
新個人主義の爆発です!!

10月 092012
 

志が大切。
『思考は現実化する』『金持ち父さん、貧乏父さん』を読んで感銘。
火事場の馬鹿力
自己が洗脳できる→他人を洗脳できる。
無意識まで成功を潜行させる。
成功できない辛さは避けたい。
「枯れない花はない。咲かない花はある」
成功者をつぶそうとする輩。
ネット界は目立たないと勝てない。
日本に敗者復活はない。
稼ぐ人はどんなことがあっても稼ぐ。
今日という日を幸せにする。
「あの頃が一番いい時代だったな…」は今頑張っていない証拠。
自己実現した人は他人を妬まない。(妬む=人生のリスク)
やりたいことがあるなら絶対せよ。今から始める。
実行力がない=燃えていない
面白みがあると燃えてくる。
抵抗勢力・妨害は必ずある。
その時は突っぱねる。
100%自分が正しい信念があるならシカトできる。
★40分頃
まずは10万円を目指す。
ブログから始めた。
プラグミングが書けるIT長者社長は誰か調べた。
書ける:Google、グリー、ライブドア
書けない:ソフトバンク、ミクシー
サイトに記事を貼る
22万円稼ぐ(初アフィリエイト報酬)
その後セミナー3万円300人で100万円台突破。
集客のための媒体
・ブログ(最低1日1000のページヴュー月収10万のオプトイン収入)
・メルマガ(最低1000のアドレスリスト月収60万のアフィリエイト収入)
・フェイスブック(いいね300なら月収300万円)
『グリー』600億円の利益(空前絶後)
=フリーエージェントビジネス(在庫なし、24時間365日稼働、無限供給)
コンプガチャ規制がかかる。
規制がかかる前に儲けろ。
情報商材は詐欺的なものが多かった→情報企業は社会的信用がうすい
「与沢翼 詐欺」という検索ワードが「副業」を超えている
怪しい時が一番儲かる(馬車時代の自動車登場。車は危険)
★1:02頃
SEOのためのプログラミングのことなど。
100万円で本業の意識が芽生える。
バイラル(ウイルス感染)を利用する。
まず自分の会社(箱)を作る。
形から入ってもいい。
経費処理できる。
「断捨離」環境を変える。
友達を切ると新しい友達ができる。彼女と別れると別の彼女が現れる。
サラリーマンでも副業する。
1000万円:
月収1億円:案件が押し寄せてくる。
ランキング1位になる。
有名になるための実績を作る。
テレビ出演。
ホリエモンのことはおじいちゃんやおばあちゃんでも知っている。
車は飽きた。事業をしていることが楽しい。
月1000万は好きなことができる。
名前を売ることが今の関心事=無形の資産
21世紀はクリエイターの時代。アイデアマンが勝つ。
ITスキルは大切。
英語はいらない。通訳を使えばいい。
企画力(コンセプト)。アイデアは無からは生まれない。
売るためにネーミングを考える。分かりやすく。
バタフライエフェクト(小さな言動が別の次元で大きな反響を作る)
アマゾン1位を取るためにどうしたか?(DVDを付けろ。会食を付けろ)
どんなアイデアでもいい。
★1:57頃
個人同士がつながって強みと強みを掛け合わせる。
経営資源の交換で出費を抑える。
SNS口コミを利用する。
お客さんを営業マンに組み込む=とてつもない売り上げ
集中力がすべて(All or Nothing)『1点集中』
情報ビジネスが熱くなっている。
若い人にもっと参入してほしい。
日本の元気がない。
国債乱発=日本の増税は避けられない。消費税。
少子高齢化
晩婚化を個人で変えることは不可能。
日本を楽しい国に変えよう。(今は明治維新か?)
会社は社員をコストとみなす。
夢が持てない→フリーエージェントは個人が輝く。
若者が変えるしかない。
人間には現在しかない。過去も未来も時計という存在があるのが前提として成り立つもの。
自分というフィルターを通して物事を解釈する=個性的
川島和正氏は香港でブログを書いているだけで年収1億。
情報には価値がある。
ネタがないなら勉強するしかない。
★2:25
起業を志す人は例外なく金銭目的。
アパレル時代は人を雇うことの難しさ。
人は皆利己的。
人を稼がせていっぱいお金をあげること。
歴史を知ることで救われた。
孫正義氏は貧乏。
今の子供はぬるま湯に使っている。(6つのポケット)
問題意識が薄い。
日本を変えてやろうと思わない。
中国の春秋時代。
越の王が囚われて奴隷にされる。虐待の14年間。
会社を倒産させたぐらいで俺は…「事業家として大成してやる!!」
お金がないと自己実現の感覚がつかめない。
シダックスの社長7回倒産。
ディズニーは9回自己破産。
借金、倒産なんて屁でもないこと。
ゴマブックスを買収した。
自己出版のお手伝いをします(700万円。比較しても安い方)
折り込みビラでメルアドやQRコードでリストを集める=お得意様
本の出版は著者として知名度を確立させる。
「ネットの世界では有名になること」
情報の洪水
トッププレイヤーの人からしか聞かない。

9月 272012
 

“実績”が大事。
(小さな実績でもいいから積み重ねる)
その実績がビジネスチャンスを導き寄せる。
やるならネットビジネスしかない。(早ければ早いほどいい)
グリーなどの情報ビジネスにおいて「無料」に国の規制が入った。
少子化→消費減少(30歳代が最大な消費者。それが減る)

「自分=商品」
自分を磨け!! =稼げるスキル・武器を持て!!

日本の財政は危ない。
日本円の価値が暴落する。
不動産・金の価値は変動する。

企業経営のあり方が問われてくる。
「一人一人の従業員に裁量を与える」=一人の従業員のパワーがものをいう

やはり『自分を鍛えるしかない!!!』
誰にも負けない秀でた能力を培え!!

フリーエージェントは?
基本は個人。フリーエージェント同士が協同してビジネスをする。
フリーランスとは?
個人。依頼があって動く。

9月 202012
 


・美容師など「サービスを宅配する」儲かりそう。
・イベント業界が停滞。(人が家から出ない)
・ボクシング・ガールズコレクション携帯サイト
(K-1の魔沙斗と記者会見予定。女子プロとの提携も)
・時価総額が下がって企業を買いやすくなっている。
・リナックス(オープンソース)は覇権を取れなくなった。
時価総額今や6000万円(グーグルやフェイスブックに負けた)
・超多忙(寝れないほど。夢にまで金儲けが出てくる)
・「勝てば官軍」結果がすべて。
・具体的に表せる成果を積み上げろ
・実績を持つ人の意見だけを聞く。
・中島薫、本田健、斎藤一人のような“個人”としての実力・魅力を磨く。
・そんな“個人力”が強い人と同じ空間にいること。
・そのための方法:①お客になること②従業員になること③遊び友達になること
エンジャパンに新卒採用に2000万円払う。
・年内に出版社を手に入れる。
・尊敬する相手なら言葉だけでなく行動で表せ。
・本を出版せよ。ステータス&ブランドになる。300万円あれば誰でも出せる。
・ブランドが一番の資産。(協栄ボクシングと提携の一番のメリットは知名度が上がること)
・無料無償で奉仕せよ。感謝される。信頼される。(恩着せがましくはダメ)
・金がないなら労働力で。
・今のビジネス界のスピードは速い。
・お金は使えば使うほど入ってくる
・貯蓄精神は大切(300万円までは)
・10代はアルバイト3つ掛け持ちと副業
(ガソリンスタンド、野菜工場、弁当工場、土木、クール宅急便、クリーニング、バイクの転売、金貸し)
・環境の力は強力
・思考は現実化する『自己洗脳』
・弁護士になる夢より起業家に。ホリエモンの影響。
・近藤社長のかばん持ち(この時の影響は起業家としての決意を固める)
・仕事がつまらないなら他へ行け。もしくは起業する。
・今あるもので勝負する。ないものを考えると自己洗脳が狂う。
・楽しむ時期をいつにするか。“儲ける力”をつけてから遊ぶ。
・金はゼロが当たり前。
・40歳までは猛烈に働く。
・中途半端はダメ。突き抜けるだけの全力を尽くす。
・『自己実現』は最も難しい。
・少年鑑別所で独りになって弁護士になろうと思う。
・早稲田で起業する。
・会社は結局倒産し、個人で1億円の負債を背負う。自殺を意識する。
・情報ビジネスに出会う。
・1日1冊、読書は大切。
・人から好かれる。
・人を動かす=お金を動かす。
・人と向き合う。

私も1冊買いました。