4月 302017
 

トレーダーの内田博史さんのブログ
2017年3月30日付の日記にこうあった。

今日、弟の面白い話を聞いた。
バイト先に東京大学の法学部を出たヤツがいるらしいが、
ソイツが一言で言うと仕事の効率が悪いというか、
こうやったほうが仕事が早いんじゃない?
と言うことをやらかすらしい。
何度か、仕事の指示の事で話をしたらしい。
ウチの弟は、モノゴトをハッキリ言う性格なので
人によっては言い方がキツイと感じられる場面もある。
んでまあ、そのことに腹が立っていたのか、
弟に手紙を寄越してきたようだ。
その手紙の内容は聞かなかったが、
手紙の裏が面白かった。

東京大学法学部の卒業証明書のコピー

だったようだ。
うーん…痛々しい…
弟のバイト先は、コンビニなんだぞ?
そこで、仕事の効率が悪いと弟に言われたから反撃したのだろう。
弟も俺と同じで学歴に価値を感じてないので
あーバカだねコイツって思ったようだ。
学歴ってのは、気にしているヤツは物凄く気にするようなんだが…
興味のない者にとっては、へぇーすごいねってなもんだ。

———-

この東大法学部卒の男性は
間違いなく司法試験に受かっていない。
なぜなら受かったらコンビニで働いていないから。
しかもバイトで。

話によると
法学部というのは司法試験に受かれば
即卒業の資格を得ることができるそうだ。
卒論を書かなくても単位が足りなくても。

ということから彼は司法試験に
1度は挑戦したはずです。
卒業しても試験なら毎年誰でも受けられるので
私ならどこかの法律事務所で働きながら
司法の勉強を続けるのだが、
彼はコンビニで働くという道を選んだ。

ということは弁護士の道をあきらめたのだろう。

その理由は2つある。

1、司法試験は超難しいから。
2、日本一とされる東大ではない他の大学卒で
試験に合格した奴がいる法律事務所で働くなんて
東大卒のプライドが許さないから。
(お前東大卒なのに試験受かってないの?)

世にはいろんな職業があるので
彼にはいろいろ挑戦して自分の道を定めてほしいが
おそらくダメだろう。
なぜなら挑戦には失敗が伴うので
東大卒が失敗したら恥ずかしいと思われるのが怖いから。

ふと思い出したけど
2003年だったか私がバイトしていた居酒屋に
ビールの営業マンが来た。アサヒだったかな。
個人店オーナーの店主がどこの大学?と聞いたら
東大卒だと言う。
オーナーは高校中退なので
東卒営業マンが頭を下げるの見てほくそえんでいた。

就職難の時代だったのでやむを得ず入社だったと思う。
営業マンなんて苦労が多いから本当は別の仕事に…
その人は今どうなっているのか知りませんが、
ビール業界も厳しいので
「こんなはずじゃなかった」と思っているでしょうね。

どんな優秀な人であっても
斜陽産業に入ったら収入は伸びません。

ちなみに東大卒の創業者はなぜか少ない。
(敬称略)

・故藤田田(日本マクドナルド)
・笠原健治(mixi)
・松本大(マネックス証券)
・西川潔(ネットエイジ)
・孫泰蔵(ガンホー)
・高島宏平(オイシックス)
・出雲充(ユーグレナ)
・村上世彰(村上ファンド)
・中退ですが堀江貴文(ライブドア)
など

その理由も2つ

1、頭脳が働くのでリスクの計算が上手だから。
(起業よりも官僚や一流企業に就職した方が安全)
2、起業して失敗したら後ろ指さされて恥だから。

東大卒のプライドなんて捨ててしまえばいい。
この混沌とした世界経済の中で生きていくには
その経歴はかえって邪魔になる。
挑戦心を殺すから。

1月 012017
 

ホストやキャバ嬢の呼び方には
源氏名(げんじな)があてられる。
なぜなら本名にするとお客さんに情が移って
財布からお金を出させようとするあらゆる策略に
大胆さをそがれてしまうから。

しかし源氏名にすると役者のようになって
自分自身をその人物を演じられるようにさせる。
営業開始前に
「私は女優、私は女優」と
自分に言い聞かせているキャバ嬢がいるらしい。
“素”で仕事をしていたらとてもやっていけない仕事なのでしょう。

ネットビジネスをしている方には
偽の名前や顔出ししていない人が多い。
キャラ設定して覚えてもらおうとしているのか、
詐欺師を徹底的に演じるためにしているのか、
うさんくささを感じたら排除した方がいいでしょう。

では偽名はネガティブかというとそうではない。
名前を変えることによって
別人物になって成果を上げられる人も多い。
芸能人の中にはそんな人が多いはずです。

例としてあなたは
映画監督 北野武と
芸人 ビートたけしを
使い分けているのを知っていると思いますが、
それは本人の中に二面性を認めているからであって
切り替えスイッチの役割でしょう。
うまいやり方ですね。

山本美憂さんは元レスリングの選手で
今は転身して女子格闘家になっています。
大晦日の対戦では負けてしまいましたね。

こうなったら新しい挑戦のために
「リングネームを付けたらいかがでしょうか?」

本名のままにしていると
それまでの人生で経験したことがそっくり試合に出てしまう。
失敗したこと、負けたこと、離婚したことなど。
そんな過去をいったん棚に置いて、
新しい世界に向かうためにリング名をつけて
別の自分を作り上げるのもいいと思います。

※命令ではありませんから!!

名前を変えただけでその気になって
人生がよりよいものになれば
それを私は否定しません。
整形も同じです。

6月 262016
 

イギリスがEU離脱を選んだ。
それはEU圏からの独立を意味しています。
単独でイギリスは自国を運営していくという今回の選択が
私は良いのか悪いのか一概に言えない。
イギリスよりももっと小さく弱い国だって存続しているし、
国境という壁で自国を守ることだってある。

スペインのメル友が
国境は犯罪のフィルターの役割を果たしている、
日本に国境がなかったら中国人が大量に押し寄せるよ、
と言っている。
難民に悩む欧州人ならではの意見です。

そういえば塩野七生さんの本に書いてあった。
ローマ人は道を作ったが、
秦の始皇帝は壁(万里の長城)を作ったと。

道を作ればヒト・モノ・カネの流れが活性化できて、
それは経済の動脈、静脈とも言える。

余談:森英次さんによると中国青島では
地下鉄の建造が始まったようです。
手抜き工事なきように願う。

私は国境というのはどんどん無くなる方向にあると考える。
なぜならインターネットにはほぼそれがないし、
日本のような鎖国的な国でさえ
外国人労働者や観光客であふれている。
岐阜の田舎で育った30年前の私の子供時代より
外国人は本当によく見かけるようになった。
こんな田舎でも。
テレビをつければ外国人タレントやハーフも目立つし、
あのお堅い相撲の世界でさえも
ハワイやモンゴル人が活躍している。

「ボーダーレス化は止められない」

仮にイギリスと同じ島国日本が
グローバル化は嫌だと鎖国を宣言したとする。

飛行機や船を無くせますか?
食料は自給できますか?
高齢者の面倒は誰がしますか?

イギリスがEU離脱を撤回する可能性はある。
だから今時点で断言はできませんが、
イギリスは自国だけではやっていけないよ。
中国いやアジアンパワーに飲まれるよ。
長い城壁を懸命に作った
中国秦のように短命にならなければいいですけど。

言い忘れないようにするが、
「すべての道はローマに通ず」のローマは
帝政の時代だった。
今のEUで誰がリーダーなのか判然としない。
だからEU圏内で周期的にリーダーを選ぶべきだと思う。
(ドイツのメルケル首相?)

もう1つ言わないといけない。
依存に甘えてはダメになる。
「EUに加盟しているからこれで安心だ、
何とかしてくれるだろう」
では発展はないです。
中国に負けます。

「自分ができることは何かを考え実行に移す」

道を選ぼうが、壁を選ぼうが、
それは万人の責務となります。

5月 042016
 

Richという英語は、金持ちという狭い意味ではない。
人生全般に対して豊かなことを言うそうです。

世の中の99%の人は
仕事(労働)が嫌い。

なぜなら
「その仕事、収入ゼロでもするか?」と問われたら
「嫌だ」と答えるのが99%だから。

もし仕事が好きで楽しいなら
無報酬でも喜んで働くだろう。
楽しい遊園地ではお金まで払っているのだから
タダで楽しいことをさせてくれるなんて
自分は何て幸せ者だろうと思うはずだ。

:現在この日本で
人をタダ働きさせる会社はない。
サービス残業させたい経営者はいるが、
それは彼の本意ではない。

とすると
面白い楽しい仕事をしている人間は
それだけでリッチだ。
お金までもらえて、毎日が楽しいなんて
豊かな人生そのものだ。

いや、それでも仕事なんて嫌だ
楽しい仕事なんてない
俺は遊んで暮らしたい
と、そんな人もいる。

「1年間ニートをやれ」

寝て起きてメシ食ってクソして寝て、の繰り返し。

これが地獄だと悟れるだろうから
一生に1度くらいは怠惰な生活をやってみろ。

他人のために生きられる(働ける)とは
何と素晴らしいことなのか理解できる。

食う寝る遊ぶをやってみろ。
むさぼるほどに自分を甘やかせ。
酒やドラッグに溺れる奴もいるだろう。
それもまた人生。
気の済むまで堕落しろ。

自分地獄は苦しい。

9月 142015
 

私も日本で育った典型的日本人の一人で、
お金を稼ぐことは何だか悪いことのような
そんな罪悪感というものが心のどこかにあったのは
否定できません。

ですが今は経済社会です。
その中で生きている以上
お金というのは必要不可欠な存在となっています。
それにケチをつけてはいけないし、
お金を稼ぐことにも躊躇してはいけない。

もし私がここで
「もっと真剣になってお金を稼ごうよ!!」
と叫んだ時、あなたが
「そんなら悪いことしてでもお金を稼いでいいのか?」
と(心中でも)反論したら
あなたはお金の本性を誤解している。
いや歪んでいる。
もしあなたがそう思うならば
美しいビジネスをしてきれいなお金を儲ければよい。

「自分は自分。他人は他人」です。

そしてあなたがお金を手に入れることに成功できたら
今度はそのお金を使わなければいけない。
(これは義務です)
なぜなら自分のビジネスによって得られたお金は、
誰かがあなたの提供するサービスなどの“価値”に
お金を払ってくれたのだから、
今度はあなたの方が何らかの価値に対して
お金をどんどん使わなければ不公平だろ。
お金単体で持っていても仕方ないぞ。

ということは
銀行に眠らせているお金が巨額であればあるほど
あなたは恩を返さない愚か者になる。

「稼いだら使え」

日本企業は
もしもの時に備えてなどとぬかして
お金を貯め込んでいるのに関わらず、
人件費を圧縮するために派遣社員に切り替えた。

「お金は経済社会に還元しなければいけないのに」

これは大罪に近い。
つまり企業内余剰金があればあるほど
罪を犯している。

「ではどうして人・会社はお金を使いたがらないのか?」

というと
不安だからなのです。
将来に対して漠然とした不安があるから
みんな少ないお金を必死に握りしめているのです。
稼げばいいのに。

稼いで税金を払えば国が潤う。
(税金の無駄遣いはいけませんが)

日本経済にお金という血液を循環させることは
とても良いことです。

「よしそれなら使ってやろうじゃないか」
と思ってくれた人。

使う方が難しい。
稼ぐのも大変だが、
使う方がもっと大変です。

なぜならお金で買える欲しいものは
せいぜい不動産が一番高いと思う。
それを買ってしまったらあとは何に使うの?

とにかくお金は使うためにある。
そしてその使い方を見れば
その人の品性や思想なりが分かるというもの。
だってお金は人の奥底に眠る欲望をあぶり出してくれるから。
気付きができて、いい体験とも言えますが。

6月 202015
 

私が1つのことにフォーカスせずに
ビジネスにあれもこれも気にしているには理由がある。
(もし物販だけしていたら月収10万円は楽でした)

「1つにこだわると1つの変化で死ぬ」

例えば1人の異性を好きになって無我夢中になる。
でもその異性はあなたのことを別に想っていない。
でもあなたはこの人しかいないと頑固だ。
周りを見渡せば素敵な人がたくさん見つけられるというのに。

それと同じくビジネスも1つにフォーカスしない。
絶えず新しい道を切り開くための改善・改良が必要になる。
そうするためには異業種に触れてみる必要があるのです。

「これを自分のビジネスに活かせないだろうか」
「この部分を導入すればもっと効率的になるな」
など。

私は過去に美輪明宏さんがギャル曽根さんから
「芸能界で生き残るためにはどうすればいいのか?」
という相談において

「引き出しを多く持っておくことね」

とテレビで言っていたのを覚えている。
ギャル曽根さんはあまり真剣に聞いていないようでしたが。
若者はそういうものなんだ。
お説教は聞きたくないと。

私はこのブログで
『お金をもたらす資産とは頭脳のことだ』
とみなしている。

そうなればいろんな知識や情報に触れることで
私の頭脳に絶えず新鮮な刺激を与えたい。

私は大学を卒業してから
仕事という仕事はほとんど飲食関係でした。
お金がもっとほしいなとは思っていたが、
自分には飲食しかできないと思い込んでいた。
リフォームのテレアポや派遣での工場勤務も経験したが、
求人欄を見るといつも飲食欄に目が行っていた。
飲食業界は飽食日本ではニーズが強くなく、
在庫は早めに処分しなくてはならず、
全く儲かる分野ではないことを知ったのは
31歳頃かな。
ただその時でさえも
「だけど自分は他に何ができる?」と反問し、
劇的な行動の変化を起こすには至れませんでした。

私は大学卒業の頃に株式を始めていた。
なぜなら社会人で株を知らない人はいないよと本にあったから。
私は早速大和証券に口座を作って四季報を買った。
もっと情報が欲しかったためにパソコン(25万円)を買った。
(ISDNだったから設定に手間がかかった。イライラしてた)
当時はホームページを持っている企業も数少なく、
ブログなんて便利なものはなく、
確かネットで株注文もできなかったと思う。
私はせっかく高いパソコンがあるのだから
いろいろ検索していた。
知りたい情報はまだまだ少なくて退屈だったが。

その後にネットショッピング(楽天・アマゾン)が出てきた。
「送料がかかる。店舗価格よりも高いだろう」
と勝手に思っていて利用には至りませんでしたが、
映画のタイタニックのDVDが見たくて欲しくて
BOOKOFFに行ってもないので
仕方なくアマゾンで買いました。
私が決定的にネットでの買い物に夢中になったのが
ハードディスク150GBを楽天で25000円(展示品)で買った時。
リアル店舗で同じ150GBが29800円で売られていた。
4800円も安いじゃんか、ラッキー。
それからヤフオクというものを知り、
引越しのために不用品をいろいろ出品して売った。
もちろん利益を出した感はない。
その時もしリサイクルショップで仕入れて
ヤフオク販売という頭脳があれば
私の経済的生活は変わっていたかもしれない。くそ!!
つまり当時の私はバカだったのだ。

それから無料だからということでブログに挑戦してみたり、
海外ビジネスがデカいぞと思って
中国・タイ・ベトナム・カンボジアに行って見たり、
eBayというのを知って海外におもちゃを販売してみたり、
FX、アフィリエイト、無料オプトイン、FBAを知ることができた。
これらはほとんどインターネットがベースとなっている。

「ネットを使えば誰でもお金を稼ぐことが容易な時代だぞ」

これに気づかせてくれたの与沢翼さんのおかげです。
彼には非常に感謝している。

その一方でネットビジネスで稼げていたのに
一発屋で退場していく人もいると教えられた。
なぜなのか考えると
それしか引き出しがなかったから。
要するに20代の私と同様に知識が少なく頭が悪いということ。

頭を鍛えておかないと俺も退場してしまうぞ。
一時期稼げたとしてもそれは苦痛になるだけだぞ。
勉強し続けなきゃマズイ!!

私は一度退場してしまったら、
二度と元の世界に戻って再挑戦するというエネルギーを
奮起させる人間はほぼいないと思っている。
(2度の世界チャンプの人はすごい)
なぜなら老化が挑戦心を奪っていくからだ。
私ももうすぐ39歳でおじさんの部類だ。
日々生まれは消えゆくネット業界の変化に
頭を柔軟に対応していかないと手遅れになる。
(お前らも歳を取れば分かるぞ)

目の前の月収数十万円を蹴ってでも
私はこの頭脳を維持させなければならない。
しがみついてでも学ぶ。
学び吸収する姿勢を失ったらジエンドだ。

「安定は情熱を殺す」

引き出しを多く持てるように
どんなことでも勉強し血肉にしてしまう。
私は悠々自適なボケーっとしたライフスタイルよりも
毎日が新しい発見の連続でありたい低収入の道を選ぶ。

今カネがない奴は富に相応しくなるよう学べ!!
カネのある奴は勉強代のために捨てろ!!

引き出しの多さとは
若さを引き出す最高のアンチエイジングだから。

5月 202015
 

フリーエージェントの定義の詳細は知らないが、
ここでは以下のようにしてみる。
ほぼこれでいいと思うがどうか。

「自身の保有する技術や技能のみで、
組織に依存せずに生計を立てる新時代のワーカー」

(野球のフリーエージェントとは違うのかな)

上記の定義を要約すると
『強く輝く個人』ということでいいと思う。

これって組織に属するサラリーマンの方も知っておいた方がいい。

これからどんどん実力社会の経済システムが確立されていく。
誰にでも簡単にできる仕事なんて、
収入が時給10円の方向へと向かう。
だって1日1ドルで生きている人は世界にゴマンといるから。
彼らが知識を持ち、言語を学べば、月給3万円でも喜んで働く。

しかもIT(インフォメーション・テクノロジー)の力によって
労働力(マンパワー)を必要とされなくなる分野は次々と出てくる。
インターネットの世界ではそれが著しい。
例を挙げたらキリがないので止めるが。

サラリーマンも派遣労働者もみんな
フリーエージェント的な人間にならなければならない。
この時代を生きるために。
でないと無職かその日暮らしの生活になる。

フリーエージェントはのんびりお気楽な
自由満喫の生き方(の人)ではない。
自身のスキルと他者の喜びとを交換するために
日々切磋琢磨し、チャンスを模索し、
行動していかなければならないのです。
ボーと生きていたら社会の底辺に這いつくばる。
(ルーティンワークの人はその予備軍です)

これは脅しでも何でもない。
なぜなら誰も助けてくれないからだ。
その証拠に日本企業は派遣切りやリストラを平気でしただろ。
終身雇用の元祖パナソニックでさえも。

「生き残るために学ぶんだ!!」

特に“人間”を知ることを始めてほしい。
この世は機械でもロボットでもない、人間の社会だから。

個を大衆から引き離せ!!
自身を日常に埋没させるな!!
強く高くたくましくあれ!!

あきらめなかった者のみが
人生に乾杯できるのである。

5月 122015
 

若い時に大金を稼ぐと
「俺って天才、他はみんなバカだぜ」と思えてしまう。
その気持ちが態度に出て
横柄な性格になったと周りからうざいと避けられるようになる。
本人は自分のそんな態度に気づいていない。
もしくは去った奴らは反乱分子でバカは消えろとまで思う。
そうして彼の周囲にはイエスマンだけしか残らない。
アドバイスをしてくれる人がいなければ
浮き沈みの大きいビジネスの世界では
ふとしたことがきっかけで退場させられる。
そういうものなのだ。

すべてを失うハメになった時初めて気づく。

「俺は何てワガママで傲慢な人間だったんだ…」

でもそれでいいんです。
しょせん自分の経験でしか自分を成長させられないからです。

「バカやって頭ぶつけて涙する」

行動して失敗して痛い目に合って
少しずつ魂を純化させる。
これが人生の意味ですから。

天狗なって鼻をへし折られればいい。

「強烈な体験からの教訓は来世へのプレゼント」

日本人よ、もっと欲に素直になろうよ。