4月 222018
 

船原徹雄氏がウェブセミナーで言っていた。
下の商品で3億円を売り上げたそうです。
(日本総代理店契約を結んでいる)
(利益率は30%)

このハードウェアウォレットは
(コールドウォレットとも言う)
仮想通貨を保持保管するための機器です。

コインチェックのネム流出事件をきっかけに
ネット上で保持するのは危険だとして
一気に売れ出した。
(ネット上の保管のことをホットウォレットと言う)

通常の物販で30%の利益率はすごいことです。
(私はスーパーマーケットで働いていたが
利益率は5%くらいです)

転売せどりをして利益率30%は難しい。
上手い人でしたら20%台ですが、
売れていない在庫を考慮したら
たちまち10%台に低下するでしょう。

船原さんはヤフオク初期から転売をしている。
最初はeBay輸入をして儲けたみたいで、
そこからどんどん拡大していって
物販という業種のほとんどを経験した。
現在は各部門ごとにプロを雇って任せている。

そんな彼はウェブセミナーで漏らしていた。
物販は現金(キャッシュ)がなければ話にならないと。
上記のコールドウォレットだって
大きな資金を用意できなければ
現物を取り寄せられなくて、
3億円も売ることができなかったわけですから。

もしあなたが物販で億単位の売上げを狙うなら
価格差を狙った転売せどりはするな。
(これは単純転売と言う)
ライバルとの価格競争にさらされたり、
商品管理や資金管理に限界が出てくるから。

月に10万20万円程度なら単純転売でも構わないが、
大きくなりたいならば

1、他社ブランドの日本総代理店
2、自社ブランドの製作と販売

両方をするか、せめてどちらかを選べ。
(その時点で単純転売は卒業してしまうこと)

そこで重要となるのがキャッシュの有無です。
昨今の船原さんのメルマガでは
コンサルや塾などの情報を売るのに躍起になっている。
キャッシュに困っているのだろう。
というよりずっとキャッシュのことで
頭を悩ませていると言ってもいいでしょう。

製造者も現金の前払いで受け取りたい。
売掛金なんてできれば避けたい。
だから現金払いの小売業者を贔屓にする。
値引きしてやってもいいかなと思う。

結局ビジネスはキャッシュがあれば有利に立てる世界です。

キャッシュが欲しくてビジネスしているのに、
ビジネスを維持するためにキャッシュが消えていく。

これは「ビジネスの奴隷」だなと彼は嘆いていた。

ヒヨッコの私が言うのも何ですが。
船原さんはアメリカのオレゴンに配送センターを持つ。
それを売却してしまう。
それを終えたら日本の茨城にある配送センターも売る。
(上のウォレットの総代理店権利も売却してしまおう)

代わりにマレーシアに倉庫・配送センターを作る。
(彼はシンガポール在住)

これから拡大していくであろう
東南アジアの消費に対応シフトする。

簡潔に言うと日米欧の市場から
東南アジアの市場へとフォーカスすること。
(中国は競争が激しそうなので様子見で)

先日彼はベトナムへ行ったらしい。
何をしに行ったのか分かりませんが、
着眼点が鋭い人だと思います。
中国の10年後の国がベトナムだから。

キャッシュが売上げに比例して必要になる物販。
小売ビジネスと物流ビジネスとの両方で
拡大を目指すといいと思います。

【追記】
我々は社会のルール内で生活している。
それを破ればたちまち法から罰せられる。
法による強制力は我々を法律の奴隷にさせている。
誰もが何かの制限を受けている。
自身の肉体であっても制限になっている。
だから誰でも人間である以上、
神のような自由を手にすることはできない。
であるならばいかなる制限であろうと
物怖じしない雄々しさと
揺るぎない気高さや志を
胸に刻み込んで生きるべきではないか。
経営者はキャッシュに屈しない闘志を持つべきではないか。
人の隷属性を無効化できるのは
人生への果敢なる挑戦において他にないだろう。

12月 292017
 

UBERとは個人とタクシーとをつなぐスマホアプリです。
この種のアプリを「配車アプリ」と言う。
これの登場でもっと気軽にタクシーが利用され、
タクシー免許を持つ個人でも
特定の会社に属すことなく簡単にビジネスができます。

※無免許タクシー(白タク)はもちろん違法です。

ソフトバンクがそのUBERの株式の15%を
既存株主の持ち株売却から取得したそうです。
それ以前にも東南アジア版配車アプリ「Grab Taxi」や
インドのそれ「Aniテクノロジーズ(通称オラ)」や
中国の「滴滴出行」にも出資しているようです。

孫正義会長は移動手段の簡便化による
交通の革新を狙っているのでしょう。

ヒトが動けばカネも動く。
経済効果が期待できます。

休日でも家の中で過ごす人が多くなった昨今、
(繭化、コクーニング現象)
野外イベント系のビジネスにとっても
よいニュースですね。

私は運ばれるものの中で一番高価なのが命だと信じる。
あらゆるモノが0円に向かっていくデフレ状況において
人の命だけは0円にはならない。絶対に。
だからもし何を運ぶのが一番尊重されるのかと言えば
人間を運ぶことだと答える。
つまり宅配業よりもタクシーやバス、航空業の方が儲かる。
儲かっていないとすればやり方にどこか間違いがある。
業界の革命を切望します。

実のところ世にある仕事は命に関わるものばかりです。
飲食業の衛生不備による食中毒で死ぬ人もいるし、
欠陥ビルを作って軽度の地震で倒壊し死ぬことだってある。
私が今働いているビニール製品の製造会社で
2017年に指を切り落とした2人の女性がいる。
(命に別状無し)
電通では若い女性の命が自ら断たれた。
理解不足の上司と社内の無慈悲な暗黙文化によって。

人の生命は絶えず脅かされている。

生まれた瞬間から決定付けられた死。
亡きものとする運命の車輪が
我ら命の上を容赦なく想定外に転げ回っている。

2018年は「自分の死を引き受ける生き方」について
私と共にあなたにも考えてもらいたい。

「それでも俺は生きる。命を捧げてもこれがために」

その「これ」を見つけてもらいたい。

それがあればあなたは死に引きづられない。
死に強姦されず、やがて死を君臨するだろう。

死よ、驕るなかれ。

【追記】個人タクシー業を開始したい人は
必ず必ず防犯の仕切りボードを取り付けて下さい。
世の中の人は善人ばかりではありませんから。

http://www.myfavorite.bz/takeuchikougyou/pc/contents13.html
http://www.tohopress.co.jp/safety_guard.html

10月 092017
 

藤井聡太という若者(2002年生まれ)が
低迷する将棋界のアイドル的存在となっている。
今中3で高校進学間近です。

林葉直子という女流棋士がそんな彼に
「進学すべき」と言う。
その理由は、女流棋士は優勝してもたったの500万円。
それ以下の人の年収はフリーターより下回るだろう。
だからとりあえず高校へ行っときなさいという母の助言。
それにより同世代との高校生活の良さを知った。

将棋界は賞金額を上げて
外国人に門戸を解放し、
海外メディアを巻き込めれば
競技人口が増加し発展するだろう。
その時ネットが役に立つ。
チェス人口からの流入が起きてくれる。
(正座での対局は廃止方向が望ましい)

彼が高校へ進学するかしないかは
彼自身が決めることで私がどうこう言うことはないが。
私の高校での出来事を言わせてもらえるなら

「テストの点数で人を決めるのはおかしい。
勉強(学問)はそんなところにあるのではない」

と高一で中退したクラスメイトがいた。
今の私なら大賛成だが、
当時はそれが世の中だからと
普通の高校生をしなければと考えていた。
(周囲が困惑するので)
社会にある矛盾やバカげた慣習よりも
人はなぜ生きなければならないのか?
自身の存在の軽さ・危うさに
何の意味も分からず混迷していた。

私が高校で得たものは読書というもの。
これが1番の収穫でした。
2つ目は学ぶことを苦しませるような教育システム。
人の幸福の実現のために学問はある。
何だか矛盾している。
その矛盾を矛盾だと思っていない高校教師たち。
世の中は人を苦しませたいようなサドではないか。
自殺したい若者の気持ちも分かる。

もしあなたが進学や就職に迷うなら
選択肢は1つではないことを知ってほしい。

学校へ行くのも不登校するのも
就職するのもニートするのも
すべての選択は自由だ。

選択を間違えたら軌道修正も即時可能。
(違ったら止める)

それを教えてくれる教師や仲間がすぐそばにいたら
世の中はもっと気楽になると思う。

固執・束縛がどれほど人を制限してしまうか。
あなたの生き方ひとつでも
世界を1ミリ動かせます。

余談:もし私が藤井君(愛知県在住)の家族なら
将棋の強い人が多く集まる東京へ行けとアドバイスする。
それと縄跳び(エア縄跳びでいい)を習慣にしてみる。

【理由】
・お金がかからない
・いつでも気軽にできる
・部屋の中でもできる
・全身を動かせる
・数分でも効果がある

やってみると実感してくれます。

頭脳仕事であっても身体性を軽視してはいけない。
(逆にスポーツ選手は将棋を指せ)

デスクワークが多い=身体が鈍くなる=脳が活性化しない

霊魂は心・体・脳すべてにつながっている。
全部駆動させたら、霊魂不滅を確信するだろう。

8月 172017
 

現在世界人口は73億人。
あなたはそのうちの1人です。
(独りと書いた方がいいのかな)

あなたは自分をそこらにいる
つまらない人間だと思っていませんか?

カラー写真は19世紀の後半に誕生しました。
それに驚愕、恐怖したのが画家です。

写真のない時代が続く中で、
貴族たちは自身の肖像画を描いてくれと
人気画家に依頼する。
商売があった。生計が立った。

そこに写真が登場したことで
画家たちはお役御免とお払い箱にされた。
画家たちは真っ青になり、
これでは絵描きとして食えなくなると
落胆し失望し転職をはかった。
どれだけの画家が失業したのだろうか。

それでも食えない職業の画家は
屋根裏部屋に引きこもり、
世の中に巻き返しをはかるために
印象派という新風を起こした。

ドガ、モネ、ピサロ、セザンヌなど
写実主義とは異なる表現で世に問い、
美術史を支え、その消滅から救った。

18世紀の産業革命による工業化は
都市への人口流入を押し進めた。
それは人々の孤独を深める。
「個」が埋没し、統計と化し、
あなたは”It”になり果てるからだ。

あなたが私と同じ場所で同じ時間に
目の前にある風景をカメラに撮る。
ほぼ同じであろう。

だがキャンバスに絵の具を塗り込めれば
全く違う作品が出来上がる。

どうしてこうも違うのか。
脳の構造はほぼ同じであろうに。

人の持つ役割が違うからである。

あなたの眼に写る風景はあなたの世界。
その世界を統治するのはあなたの「個」

無数にある人々の「個」は
その相違を知り、泣き、笑い、
時に衝突を繰り返す。

それでも個は知っている。
私の個は寂しいのだと。

あなたの個が私の世界に訪問した瞬間、
私の個は癒やされる。

私はあなたに貢献したいのだ。

8月 152017
 

村上敏明さんのこの記事を読んだ。
過酷な状況の中で下した自身の判断に
今も悔やみ怖じ気づいている。

彼は過去の活用を誤っている。

私は過去(トラウマ)に苦しむ人に伝えたい。

過去を嘆いている時間の代わりに、
今あなたの目の前にいる人のために
あなたの力を存分に使って喜んでもらおう。

私たちのほぼ100%は過去世の記憶がない。
知ろうとしても思い出せない。
(私もそうです)
それはどういう意味かというと

人に過去は必要ない。
あっても魂の向上にとっては邪魔になる。
なぜなら後悔は前進する足を鈍らせる。
それならばこの瞬間の連続の中で力一杯生きる。
生きて1つである人類魂に貢献する。

過去の使い方は後悔ではない。
滅私のためのバロメーターだ。

「我欲に生きたら過去の人」
「人類愛に生きたら未来の人」

我らに未来はある。
魂の統一だ。

8月 092017
 

キャンピングカー市場が伸びている。
このご時世でも思い出作りとして
ファミリー層がユーザーだと思いきや
60代の夫婦が最も多い。



参照:ここから

どうして老夫婦が多いのか考えてみた。
おそらく仕事や家事で忙殺され、
夫婦水入らずの時間が持てなかったのだろう。
子どもと過ごす時間も取れずに
60代になってしまい、
息子や娘は既婚して家族ができている。
全員の都合がつく時間は作り出せない。
それなら夫婦2人でもいいので気楽な旅にでも…

私はあなたに伝えたい。
人はいつ死ぬのか分からない。
長寿の時代とはいえ、
皆がそこまで生きられるという保証はない。
それならばせめて

「半年後に死ぬとしたら、
あなたは今何をしますか?」

と自問してみてほしい。

売りたくもない商品
作りたくもない製品
やりたくもないサービス
のためにがんばりますか?
パワハラ・セクハラのある職場で働きますか?
いじめがある学校に我が子を行かせますか?
せっせと老後のために貯金をしますか?

私たちが働いているのは
日本のためでも経済のためでもない。
自分を必要としている目の前の人の笑顔のため。
あなたにもそれをしなければならない人が確実にいます。
そのうちの1人が家族です。
(私の場合は読者のあなたです^^)

ここから話が変わります。

光岡自動車という自動車メーカーを知ってますか?

私が子どもの時
こんな三輪の車が走っているのをよく見かけた。
おばさまが乗っていた。


(画像が粗くてすいません)

WIKIを読むと
霊柩車や園内送迎用車など
個性的な自動車メーカーです。

そこでこんな提案をしてみた。

光岡自動車様

唐突でしませんが、
キャンピングカー市場が伸びています。
(小さな市場ですが)

車を見物してみたのですが
あまりデザインがかっこよくないです。

光岡のデザイン力で
何とかイメージチェンジするような
かっこいい車を作ってもらえませんか?

もしくはキャンピングカー部門を創設し、
殴り込みして業界を一変してもらえませんか?

この市場は間違いなく今後も伸びます。
アジア市場でも伸びます。

大手が参入できない分野です。
トップを狙えますよ!!

ご検討をよろしくお願いします。

山田

(返信が来ました)

山田様

お問い合わせありがとうございます。
光岡自動車 森井と申します。

この度は、弊社事業にご関心をいただき
誠にありがとうございます。
また、貴重なご意見を賜り厚く御礼申し上げます。

しかし残念ではございますが、
弊社からお願いしたものではない限り、
お客様からの制作アイデア、
提案あるいは資料を受け取ったり、
考慮したりしない方針をとっております

せっかくご提案いただきましたのに申し訳ありませんが、
キャンピングカーという市場は
自動車メーカーの製造とは異なる部分も多く、
弊社程度では難しいかと存じます。

山田様のご要望にお応えすることができず
大変申し訳ございません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

(以上)

これは命令ではないので
提案却下は気になりませんが、
1つ気になることがあります。
アンダーラインの部分。

意味的にお客の声を全然聞かない
という意味ではないと思いますが、
もし自社内だけですべてやっていくつもりなら
アーティスト気質な経営でないといけない。
(マーケッターではなくて)

http://www.mitsuoka-motor.com/lineup/backnumber/

生産終了車の中に
マイクロカーのようなユニークな車がある。
これは儲からないから生産を止めたはずです。

「アーティストは利益を考えて制作をするな」

WIKI内の記載に
会長の光岡進氏と社長の章夫氏が
キットカーの販売の是非について議論したとある。
結局利益にこだわる章夫氏の意見が通った。

「利益にこだわるなら徹底的にマーケティングせよ」

お金を持っている人(=お客)が
どうしたらそのお金をこちらへと使ってくれるか、
それを日夜考え抜かないといけない。
お客が喜ぶものは何だろうか? と。

自動車でお金が儲かる方法を
特別にこっそりと教えます。

「今実際に売れている車を調べ上げ、
(人件費の安い東南アジアにて)
それをマネして作って、安く売る」

私がもし自動車メーカーならば
お客の意見はあまり聞きたくない。
社内で議論になるだろうが
「世の中にない車」を作ろうと宣言する。

無人運転車は資金力のある大手のメーカーに任せて
私ならマイクロカーをアレンジして
(高齢者や医療系を意識する)
世に送り出します。

キャンピングカーの話に戻りますが、
高価なものですからレンタル市場も伸びるでしょう。

すでにキャンピングカーを保有している人は
カーシェアリングをすると
車代が少しずつ取り戻せます。

ご参考になればうれしいです。

8月 042017
 

有形資産には
現金、不動産、株式、債券、ゴールド、貴金属、
などが挙げられる。

私は今一番価値のある資産は株式だと考えている。
(特に創業間もないベンチャー株)
なぜなら

1、保有課税されない
2、配当金が入る
3、インサイダー情報を得られる

からだ。

ある人は言う。
株式は変動リスクが高いから
比較的安定的な不動産がいいと。

私は生きている限り
安定などこの世界にはないのだから、
リスクを毅然と受け入れ、
その中で雄々しく生きるのが
かえってリスク軽減になる方法だと信じる。

実は有形資産は重要ではない。
無形資産の方が人生にとって、はるかに重要です。

愛、信頼、尊敬、熱意、共感、勇気、許容、忍耐、知識、経験、友情、団結、後援、開門の古巣…

ベンチャー株式を持つと
その起業家との親交、彼の頭脳、経営ノウハウ、スリル
そんなものが手に入る。

庶民の皆さんはお金の有無に固執してしまうが、
(私もそうでした)
名うての人物はお金の動きを楽しむ。
そこからどんなインプットとアウトプットがもたらされるか。
その変化を大事にする。
自己成長につながるから。

若さと未来志向を楽しめるベンチャー株は面白い。

もし若いあなたが大企業で働いているのならば、
起業するか、ベンチャーで働こう。
無形資産がどっさり貯まりますよ。

7月 012017
 

あなたは理解できないかもしれないが、
人は誰でも皆、生まれいずる前に
「今回は○○を学ぶぞ!!」という課題を
それぞれが自身の魂に刻みつけて生まれる。
それを宿命と言う。

宿命を変えることはできない。
宿命は自身の魂の合意の上で決定されるので、
それにケチをつけても仕方がない。

背負わなければならない
向き合わなければならない
人生の課題

仏教がこの世を簡潔に説明してくれている。
『四苦八苦』だと。

(Wikiから抜粋)

四苦八苦とは、仏教における苦の分類。
苦とは、「苦しみ」のことではなく
「思うようにならない」ことを意味する。

根本的な苦を生・老・病・死の四苦とし、
根本的な四つの思うがままにならないことに加え、

・愛別離苦(あいべつりく)愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく)怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく)求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく)五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四つの苦(思うようにならないこと)を
合わせて八苦と呼ぶ。

私は思う通りにならない世界(娑婆)を
それはそれで楽しい世界だとみなしている。
なぜならすべて欲望通りになってみろ、
世界は混沌に包まれる。

あなたは秩序の中で生きたいですか?
欲望まみれの混沌に生きたいですか?

それに私はあなたに、この世界は
意志の力でどうとでも変えられることを知ってほしい。
なぜなら今あるこの世界をそうしたのは
他ならぬ我々の意志だから。

未来がどうなるか誰も正確に予測できない。
1982年に公開された『ブレードランナー』という映画は
2019年の世界を描いている。

見たら分かってもらえるが、
スマホみたいな道具が出てこない。
今日当然のように皆が所有しているのに
未来作家でもそれを予測できなかった。

確かに未来は分からない。
が、意志する力であなたのより良いとする未来、
その方向へと向かうことは今からでもできる。
時間と共に旅する冒険の始まりです。

スマホができたのだから
きっと未来は面白い。

意志ある冒険は楽しい。

4月 302017
 

トレーダーの内田博史さんのブログ
2017年3月30日付の日記にこうあった。

今日、弟の面白い話を聞いた。
バイト先に東京大学の法学部を出たヤツがいるらしいが、
ソイツが一言で言うと仕事の効率が悪いというか、
こうやったほうが仕事が早いんじゃない?
と言うことをやらかすらしい。
何度か、仕事の指示の事で話をしたらしい。
ウチの弟は、モノゴトをハッキリ言う性格なので
人によっては言い方がキツイと感じられる場面もある。
んでまあ、そのことに腹が立っていたのか、
弟に手紙を寄越してきたようだ。
その手紙の内容は聞かなかったが、
手紙の裏が面白かった。

東京大学法学部の卒業証明書のコピー

だったようだ。
うーん…痛々しい…
弟のバイト先は、コンビニなんだぞ?
そこで、仕事の効率が悪いと弟に言われたから反撃したのだろう。
弟も俺と同じで学歴に価値を感じてないので
あーバカだねコイツって思ったようだ。
学歴ってのは、気にしているヤツは物凄く気にするようなんだが…
興味のない者にとっては、へぇーすごいねってなもんだ。

———-

この東大法学部卒の男性は
間違いなく司法試験に受かっていない。
なぜなら受かったらコンビニで働いていないから。
しかもバイトで。

話によると
法学部というのは司法試験に受かれば
即卒業の資格を得ることができるそうだ。
卒論を書かなくても単位が足りなくても。

ということから彼は司法試験に
1度は挑戦したはずです。
卒業しても試験なら毎年誰でも受けられるので
私ならどこかの法律事務所で働きながら
司法の勉強を続けるのだが、
彼はコンビニで働くという道を選んだ。

ということは弁護士の道をあきらめたのだろう。

その理由は2つある。

1、司法試験は超難しいから。
2、日本一とされる東大ではない他の大学卒で
試験に合格した奴がいる法律事務所で働くなんて
東大卒のプライドが許さないから。
(お前東大卒なのに試験受かってないの?)

世にはいろんな職業があるので
彼にはいろいろ挑戦して自分の道を定めてほしいが
おそらくダメだろう。
なぜなら挑戦には失敗が伴うので
東大卒が失敗したら恥ずかしいと思われるのが怖いから。

ふと思い出したけど
2003年だったか私がバイトしていた居酒屋に
ビールの営業マンが来た。アサヒだったかな。
個人店オーナーの店主がどこの大学?と聞いたら
東大卒だと言う。
オーナーは高校中退なので
東卒営業マンが頭を下げるの見てほくそえんでいた。

就職難の時代だったのでやむを得ず入社だったと思う。
営業マンなんて苦労が多いから本当は別の仕事に…
その人は今どうなっているのか知りませんが、
ビール業界も厳しいので
「こんなはずじゃなかった」と思っているでしょうね。

どんな優秀な人であっても
斜陽産業に入ったら収入は伸びません。

ちなみに東大卒の創業者はなぜか少ない。
(敬称略)

・故藤田田(日本マクドナルド)
・笠原健治(mixi)
・松本大(マネックス証券)
・西川潔(ネットエイジ)
・孫泰蔵(ガンホー)
・高島宏平(オイシックス)
・出雲充(ユーグレナ)
・村上世彰(村上ファンド)
・中退ですが堀江貴文(ライブドア)
など

その理由も2つ

1、頭脳が働くのでリスクの計算が上手だから。
(起業よりも官僚や一流企業に就職した方が安全)
2、起業して失敗したら後ろ指さされて恥だから。

東大卒のプライドなんて捨ててしまえばいい。
この混沌とした世界経済の中で生きていくには
その経歴はかえって邪魔になる。
挑戦心を殺すから。

1月 012017
 

ホストやキャバ嬢の呼び方には
源氏名(げんじな)があてられる。
なぜなら本名にするとお客さんに情が移って
財布からお金を出させようとするあらゆる策略に
大胆さをそがれてしまうから。

しかし源氏名にすると役者のようになって
自分自身をその人物を演じられるようにさせる。
営業開始前に
「私は女優、私は女優」と
自分に言い聞かせているキャバ嬢がいるらしい。
“素”で仕事をしていたらとてもやっていけない仕事なのでしょう。

ネットビジネスをしている方には
偽の名前や顔出ししていない人が多い。
キャラ設定して覚えてもらおうとしているのか、
詐欺師を徹底的に演じるためにしているのか、
うさんくささを感じたら排除した方がいいでしょう。

では偽名はネガティブかというとそうではない。
名前を変えることによって
別人物になって成果を上げられる人も多い。
芸能人の中にはそんな人が多いはずです。

例としてあなたは
映画監督 北野武と
芸人 ビートたけしを
使い分けているのを知っていると思いますが、
それは本人の中に二面性を認めているからであって
切り替えスイッチの役割でしょう。
うまいやり方ですね。

山本美憂さんは元レスリングの選手で
今は転身して女子格闘家になっています。
大晦日の対戦では負けてしまいましたね。

こうなったら新しい挑戦のために
「リングネームを付けたらいかがでしょうか?」

本名のままにしていると
それまでの人生で経験したことがそっくり試合に出てしまう。
失敗したこと、負けたこと、離婚したことなど。
そんな過去をいったん棚に置いて、
新しい世界に向かうためにリング名をつけて
別の自分を作り上げるのもいいと思います。

※命令ではありませんから!!

名前を変えただけでその気になって
人生がよりよいものになれば
それを私は否定しません。
整形も同じです。