1月 282018
 

あんパンはWikiによると
1874年に木村総本店の創業者である
木村安兵衛とその息子が考案したそうです。

日本にパンが伝来したのは安土桃山時代ですが、
その次の江戸時代に入っても
パンを頻繁に食されたという記録はない。
日本人はコメが主食であるという習慣が根強かったからだ。
(キリスト教を忌避していたことも原因の1つ)

そんな日本人に「パンはおいしい」という
意識革命をもたらしたのがあんパンだった。

あんこも安土桃山時代に伝わり、
当初は塩味だったが、
江戸時代中期に砂糖を使った今のあんこになる。
当時は砂糖は高価だったため
高貴な身分の者しか食べることができなかった。

そんな歴史を持つ2つの食材を
ドッキングするという大胆な発想。

どこからそのヒントを得られたのか
本人に聞かないと分からないことだが、
何とかしてパンのおいしさを伝えたかったのではないか。
なぜなら甘い物を食べてほしいだけなら
和菓子屋をするだろうから。

「あんパンを考えた木村父子はスゴい!!」

現代のパンの原料となる小麦は
度重なる品種改良の末に
農薬に強い小麦に変貌したそうです。
だから防虫剤や化学肥料を使っても大量に生産できる。
そうすれば収穫量が増え、農家も製薬会社も儲かります。

おまけに日本に輸入される小麦は防腐剤が使われていて
私たちの食べる小麦食品は“毒”と言っても過言ではない。

私自身コンビニで売られているパンやカップ麺を
大阪にいた一人暮らし時代や
現在の仕事場で平日の昼食として食べていた。
それが原因なのか最近鼻がものすごく痒かった。
花粉症にしては症状がひどかったので
食生活を改め弁当(コメと夕飯のおかずの残り物)持参にした。
そうすると鼻の痒みが治まった。
完全ではないが和らぎました。
それからというもの、あんパンもジャムパンも
好きだったインスタントラーメンも食べていません。

ラーメンの鬼として活躍した佐野実さんは
食べ物はまず安全性が重要だとし、
麺は国産小麦のホクシンやハルユタカ、
パスタに使われるデュラムセモリナ粉とをブレンドする。
それ以前は外国産小麦を使っていたそうだが、
国産のあまりのおいしさと安全面から
国産しか使わないようになった。

小麦は北に行くほど適しているそうで
北海道で栽培されている。
毒と化した小麦を救えるのは北海道かもしれませんね。
(小麦農家に栄光あれ)

私はあんパンを発明した木村さんに聞きたい。
今のパン業界をどう思うかと。

「俺の作るパンに輸入小麦は使わせねぇ」

職人はガンコでいい。

12月 262017
 

外食産業で一時成功した者たちの
大失敗と転落の原因を探ってみると、
皆に共通して大きな借金をしたことが挙げられる。


(飲食経営者はこの雑誌を絶対に読んで下さい)

なぜ彼らは借金をするのかと言うと
店舗を増やしたいから。

店舗が増えれば売上げが上がる。
そうなれば利益も大きくなる。

そうなるはずだと考えているのがそもそもの間違いです。
なぜなら固定費や人件費がそれと共に大きくなるので
利益を圧縮してしまうのですから。

どうしてそんなに規模をデカくしたいのか
(特に男性)
私には理解しにくいですが、
飲食業はいかにしてお客さまに

・おいしい料理
・くつろげる、落ち着ける、楽しい空間
・まごころこもったサービス

を提供するかが大切であるのに、
なぜか儲かったらすぐに出店・拡大に走ってしまう。
しかも銀行から融資を受けてまでしてしまう。
儲けた利益で新店舗を作るならいざ知らず、
多額の借金をしてまで店舗拡大を目指すのは
やはり見栄なのでしょうか。

人間なら誰でも備わっている3大欲は
・食欲・性欲・睡眠欲
とされていますが、
権力欲、支配欲、征服欲も入るのではないかとする人がいる。
争いが絶えないわけですね。

※お金はこれらの欲望をすべて満たしてくれます。

我々が仕事をするのはお金(生活費)が必要だからですが、
経営者がビジネスするのはもっとお金を増やしたいから。
それについては否定しません。
だからこそビジネスの拡大を焦ってしまうのも分かります。

でもその焦りが命取りになることを皆知らない。
冷静さを失う。
自分の考えに固執して無理矢理それを推し進めようとする。
赤字店舗なのに、初期投資をかけているから止められない。
だったら赤字の原因を分析して改善していけばいいのに、
冷静な判断ができなくなっているから
さらに借金して先延ばししたり、別店舗で補填させる。

なぜ焦るのかというのを考えた時、
「チャンスは1度しかない」と
思い込んでいるのではないかと思う。

「やっと巡ってきたこのチャンスを逃したら
俺はもう2度と上へ行けないかも」
「こんなちっぽけで終わってたまるか!!」

商売のチャンスならどれだけでもあるというのに。

私も飲食関係で働いていたから分かりますが、
「俺にはこの業界でしか生きていけないんだ」
と視野の狭いところで固執していました。
本当にそう思い込んでいた。

なぜ視野が狭くなるのかというと
日本の教育と自身の経験の少なさがあると思う。

日本では「石の上にも三年」だとか
「最後までやりきりなさい」だとか
自分に合わないことでもそう強いる風潮があること。

もう1つは自分のこれまでの経験なんて
たかが知れている。
学校生活やクラブ活動など周囲と似たような人生ですから。
(教育改革が望まれます)

10年間生き残る会社なんて全体の1割以下です。
飲食店なら3年以内に7割が閉店してしまう。

倒産・閉店を回避するのは

・多額の借金をしない(身の丈経営)
・いろんなビジネスを知ること(日々勉強)

この2点は意識してほしい。

そしてもう1つだけ知ってほしい。
挑戦すれば必ず失敗の1つや2つ起きてしまう。
その失敗を次にどう活かすのか、
または挫折で終わらせてしまうのか、
あなたの器が問われる時です。

成功の反対は失敗ではなく、
何もしないこと。

エドガー・ケイシーも言っている。
「何もしないでいるよりも、積極的にやって間違いをした方がよい」

痛い思いをしないと人は反省しない。

バカな争いを繰り返してきた人類史であっても
少しずつ良くなってますからね。

5月 292017
 

片桐亮さんのメルマガにて知りました。

経済産業省の若手の方が作成したレポート

不安な個人、立ちすくむ国家
~モデルなき時代をどう前向きに生き抜くか~

簡単に言うと。

「ガタガタ言っとる日本社会の中で、
俺たちは方向を失い、恐れ、すくみ、
すべてに絶望しかけている」
「このままでいいのか?」

私はこれと似たようなことを
すでに2009年6月9日に
こう書いたことを思い出す。

男たちよ、“人類空前絶後の危機”を前にして、胸が熱くならないか?

文化、文明、宗教の対立・衝突
理由なき犯行とテロリズム
飽きることを知らぬ戦争と紛争
地球の温暖化による気温の高熱化
干ばつと食糧不足
大量消費とごみ問題
肥満とダイエット、そして貧国の餓死者
地震と洪水の頻発化
大雨による土砂崩れや家屋・橋などの倒壊
汚染物質の放置・放流による自然破壊
奇病・流行病の世界的蔓延
被ばくの危険をはらむ原発の安易な取扱い
都市化がもたらすヒートアイランド現象
アメリカ依存の世界経済の軟弱性
政治不信と政治家の汚職
企業経営者の拝金主義
安易なリストラと使い捨て労働者
貧富の格差の拡大
ヤミ金、自己破産、税金の滞納
自殺の日常化、軽く扱われるようになってしまった命
犯罪の増加・凶悪化・低年齢化
性風俗の乱れ、中絶、レイプ
離婚率の増加と家族離散
親殺し・子殺し
若者の無気力と老人の悲嘆
いじめ、不登校、学業放棄と授業崩壊
年金崩壊と高齢者の孤独死
etc…

数え上げたらキリがないこうした世界に直面する我々。
絶望するな。
人類滅亡なんてまだ決まったわけではない。

すべての男たちに告ぐ。
「多大な苦難を前にして燃え上がらないか? あなたの“男気”が」
「俺様が解決してやる!!」って。

熱くなる胸の鼓動と高鳴り。

『ここで逃げたら“男”じゃない!!』

———-

ん~
読み返したら熱くなったぜ。

2017年今日の日本を想う。

こんなんじゃねェだろ
俺たちが求めた日本は!!

『夢・希望の光あふれる国家、大和』

未曾有の危機ただ中にある世界。
拳を振り上げ「違うぞ!!」と
怒声をあげる武士(もののふ)たち。

世界史で最も日本男児が活躍した時代を
後生の人はこう語る。

「YAMATO時代」と。

7月 092016
 

サン・フェルミン祭り(別名:牛追い祭り)で
日本人の青年(33歳)が胸を怪我したらしい。

記事

このお祭りでは国を問わず
誰でも参加できるようです。

サン・フェルミンのWikiを読んだが、
なぜ牛を追うのかという理由は記されていなかったので、
調べていくとエンシエロ(囲うという意味)というWikiにあった。

何でも牧童たちが牛を市場まで移動させるのに
そのスピードを競うようになったのが起源のようです。

誤解が通っていますが、
牛を追う(牛の後ろを走る)のではなく、
牛の前を走って牛を(牛舎に)囲うという挑戦が
醍醐味となっているので、
正確には「牛追い」ではないですね。

それにしてもスペインは牛が好きですね。
(中世ヨーロッパの食料の2/3は牛)
インドでは牛が神様扱いですし、
という動物には、人間にとって神聖なものを感じます。
飲食や農耕・牛車という人の生活に深く関わるものだからでしょうか。

「人に役に立ってくれるものを粗末に扱うな!!」

この考えに私は強気(Bull)です。

※ちなみに、役に立たないものはこの世界に無い。
ゴミだとされているものであっても。

余談:バスケットのシカゴブルズは
イリノイ州(シカゴ市のある州)は畜産が盛んだったことにちなむ。

6月 262016
 

イギリスがEU離脱を選んだ。
それはEU圏からの独立を意味しています。
単独でイギリスは自国を運営していくという今回の選択が
私は良いのか悪いのか一概に言えない。
イギリスよりももっと小さく弱い国だって存続しているし、
国境という壁で自国を守ることだってある。

スペインのメル友が
国境は犯罪のフィルターの役割を果たしている、
日本に国境がなかったら中国人が大量に押し寄せるよ、
と言っている。
難民に悩む欧州人ならではの意見です。

そういえば塩野七生さんの本に書いてあった。
ローマ人は道を作ったが、
秦の始皇帝は壁(万里の長城)を作ったと。

道を作ればヒト・モノ・カネの流れが活性化できて、
それは経済の動脈、静脈とも言える。

余談:森英次さんによると中国青島では
地下鉄の建造が始まったようです。
手抜き工事なきように願う。

私は国境というのはどんどん無くなる方向にあると考える。
なぜならインターネットにはほぼそれがないし、
日本のような鎖国的な国でさえ
外国人労働者や観光客であふれている。
岐阜の田舎で育った30年前の私の子供時代より
外国人は本当によく見かけるようになった。
こんな田舎でも。
テレビをつければ外国人タレントやハーフも目立つし、
あのお堅い相撲の世界でさえも
ハワイやモンゴル人が活躍している。

「ボーダーレス化は止められない」

仮にイギリスと同じ島国日本が
グローバル化は嫌だと鎖国を宣言したとする。

飛行機や船を無くせますか?
食料は自給できますか?
高齢者の面倒は誰がしますか?

イギリスがEU離脱を撤回する可能性はある。
だから今時点で断言はできませんが、
イギリスは自国だけではやっていけないよ。
中国いやアジアンパワーに飲まれるよ。
長い城壁を懸命に作った
中国秦のように短命にならなければいいですけど。

言い忘れないようにするが、
「すべての道はローマに通ず」のローマは
帝政の時代だった。
今のEUで誰がリーダーなのか判然としない。
だからEU圏内で周期的にリーダーを選ぶべきだと思う。
(ドイツのメルケル首相?)

もう1つ言わないといけない。
依存に甘えてはダメになる。
「EUに加盟しているからこれで安心だ、
何とかしてくれるだろう」
では発展はないです。
中国に負けます。

「自分ができることは何かを考え実行に移す」

道を選ぼうが、壁を選ぼうが、
それは万人の責務となります。

6月 192016
 

以前の記事で
トヨタの代理店が閉鎖したことを書いた。

http://love.nakynaky.com/?p=10422

跡地に何が来るのかと思っていたら
中古車販売のガリバーでした。

ガリバーLIBERALA一宮

このことから言えることは

「新車は売れない。でも中古車は売れる」

日本人の財布のひもが固くなってきている。確実に。
自動車は一家に1台の必需品です。
(特に田舎)
だから中古でいいから安い車を希望する。

方や高級ブランドアパレルが売れている。
BUYMAというサイトで儲けている人が少なからずいるので
お金のあるところにはあるものです。

「高級路線ビジネス vs 中古・安売り商売」

この二極化は顕著です。

国が亡ぶ条件に「格差」があります。
共和制ローマも1度それで滅びかけた。

どうしたら回避できるのか?

日本の現状を考えると
消費が増えないから企業は儲からず、
法人税を払えないし、社員を雇えない。
代わりに安い派遣やアルバイトで間に合わせる。
彼らは所得が低いので消費は弱い。
高齢者はお金を使いたくても使えない。

消費を増やすためには?

住居スペースを倍増させる。
まだまだ日本の家は小さい。
アパート・マンション暮らしも多い。
住宅需要はあるのだから
住宅ローンにおける税金を無しにしたり、
固定資産税を安くしたり、
大きな家に住めるように国が援助する。

一番簡単なのは消費税を撤廃することですが。

「格差」というのは危険な信号です。
皆が同じであるわけがないとは言え、
誰でも最低限度の生活が保障される国に向かって
日本は舵取りを怠ってはいけない。

20XX年:日本という島国が滅亡しました。
原因:国民は議論だけで何も対策を打たなかったから。

こんなことが歴史の本に書かれるかもしれない。
嫌ですよね?

1月 232016
 

CoCo壱番屋の廃棄トンカツを
廃棄処理する会社ダイコーが、
そのカツはまだ食えるからということで
食品業者に安く販売したというニュースが話題です。

私が知った時に一番思ったことは
「ココイチは食品管理が下手だぞ」
「そんなに廃棄を出して大丈夫なのか」
「カツ=お金を捨てていることに
もっと危機感を持たないと」
でした。

なぜ私がこんな風に思ったかというと、
近い将来日本人の9割は貧乏に成り下がり
ジャンクフードしか食べれなくなるから。
(今すでにその兆候は出てます)

世界で成金中国人が食料品を買い占めて、
大金を出せない日本人はジャンクしか食えなくなる。
それに中国政府は13億人の胃袋のために
中国産食料品を自国に振り向ける。
つまり食料自給率40%の日本は
人口の半分が飢えるか、残飯を食うハメになる。

「みんな分かってるの?」

現実から目をそらさないで考えろよ。
中国もインドも東南アジアも
経済力をつけている。
しかも食料生産に適する安全な水も
日々どんどん減少している。
(奇病にも注意が必要です)

『世界的飢餓』

それを回避する方法はない。
(ありません)

私は戦争を危惧している。
第三次世界大戦だ。

廃棄カツがどうのこうの言っとる場合か!!
日本はまだマシだろ。
中国はダンボール肉マンだぞ。

人肉を食う時代もやって来るだろう。
そして狂牛病(脳みそスカスカ病)で人口抑制。

笑いごとじゃねェ。
人は食うために人を平気で殺す時代があることを思い出せ。

—奪い、犯し、殺しまくる—

あのビル・ゲイツはコンドーム事業に乗り出している。
人口を増やさない政策が各国で行われるという
彼の頭脳から出る予想はほぼ正しい。

「私たちは輝かしい未来にするために何ができるのか?」

まず感謝すること。
“頂く”という言葉があるように
命を捧げる動植物に感謝する心を持つ。
それ無くして未来展望は描けない。

「未来戦士よ、鍬を取れ」

栄冠を授与される勇者は食から誕生するだろう。

8月 082015
 

ミュージシャンの相川七瀬さんの過去世で

「声の出せない女の子だった。
歌い始めはちょっと勇気がいるはずです」

と占星術師の女性が言っているのを
テレビで聞いたのを覚えている。
その経験が声を出すような仕事に就いている原因だとも。
(ネットで検索すると出てくる)

「アタシ、もっとおしゃべりしたいの」
「もっと多くの人に、もっと遠くまで声を出してみたいの」

それを知って相川さんの歌を聴くと、
シャンペンを開けたような
溢れ出てくるような声に聞こえてしまう。
(大阪出身も因果かもしれない)
飽きるまで歌えばいいさ。

それを私がなぜ今も記憶しているのかは
その方面にとても関心があったからです。

前世なんて本当なのか?…
だとしたら死んでも無にならないな、俺たち。
いいよな…

まあそれは置く。

ところで現在の私は少し助言できるのではないか。

上の占星術の方は女性ではなく「女の子」と言った。
だとすると相川さんのその時の過去世は
若くして亡くなったとみなしても怒られないだろう。
(原因は分からない)
(私には過去世は見通せないからだ)

どうしてそれが言えるのかというと
声の出せない女性がどうやって結婚相手を見つけられるのか。
またそんな女性を慕ってくれる男性がいるとも思えない。
いたとしても彼女の方が避ける。
カップルの間を接近させるのは
コミュニケーションしかないから。
ということは彼女はその時
結婚も出産も経験していないということになる。
初潮を迎えれば女性なら誰でも
いつかは子供を、と意識するはず。

彼女は声を出したい。(=おしゃべりしたい)
結婚して子供も欲しい。

他の多くの女性と変わらんやんけ。
チャンチャン。

と終わりにしたら
ここが神学ブログではなくなる。
(スピリチュアルは江原さんの専売特許だから、
私は神学、霊魂学と言っておいたほうがいいかな)

確かに過去世というものはある。
魂は不滅であり、この物質界は修練の場であり、
我らすべては魂を純化させるために
幾度も生まれ変わるのだから。
それを繰り返すことによって
『人類は魂として一つ』であることに気づき、
そのように生き、最終的に涅槃に至る。

そう、一つであるならば
我らの過去世の歴史もすべて
ただ、一つで織りなされていることになる。

つまり個々の過去世など意味はない。
そんな取るに足らぬ因縁に束縛されず、
今あるがままの自身に立ち返り、
過去世を神世にすべく生きなければならないはずだ。

どうやれば成就できるのだ?

「歴史を受け止めろ」

それも1つだ。

補足:上の占星術師は森めぐみという方です。
職業を占星術師ではなく、
未来透視家としているようですね。
(未来は、あなたが求めた先にあるものです)

http://ameblo.jp/happy-rules/

更新が少ないので
セミナーなどの活動は積極的に行なっていないのかも。
ひっそりと独り静かに1to1の対面セラピーか。
それが一番効果があると思う。

4月 052015
 

今私のブログの過去記事をコピーしながら
自分の書いたものを読んでいます。
(電子書籍を出版してみたいから)

http://naokilovesyou.com/

自分で書いておいてできていないことが少なくない。
これは反省です。
まあ意見が変わってしまうのはご勘弁を。

振り返ればいろいろ思い出すこともあるよね。
真っ先に思い出すのは嫌なことだろ?

「人は過去からは逃れられない」

誰であろうと自身の過去という呪縛からは解放できない。

嫌な思い出、憎むべき記憶は誰でも1つは必ずある。
でもそれを乗り越えた(許した)時、
一皮むけた自分になれる。

人にとって過去とは重い十字架のことかもしれない。
イエスはそこから逃げ出さず、最後まで背負い切った。

「我らの道標、イエス・キリスト」

どうしたら過去を愛すべきものとできるのだろうか?

現在を喜びで満杯にすること。

そのためには自分の喜びとは何かを知らなければいけない。
自分を深く掘り下げていかなければならない。
その作業が現在に求められる。
それを了解した時、あなたの未来は輝く。

7月 022014
 

今メールにて
事の顛末を知りました。

原因を簡単に言うと
任せていた販売代行会社が途中から
“強引に”売り込みをしたこと。
(手数料が魅力だったのだろう)
それを把握できていなかったことは
二人の反省点ということで
落ち度が全く無いわけではなかったと。

http://tokimirai.com/blog/

時という名前のコンサルタント?については
青木さんも全く会ったことのない人物で、
どんどん話がねじれてややこしくし、
塾に関係のない人まで話に便乗して
詐欺だ詐欺だと叫ぶので頭が痛い。
この先もあんまりひどいと法的措置も辞さないようです。

私の感想ですが、
カネを大きく稼ぐ人間がいると
おもしろくない人がいるのです。
(青木さんは韓国アパレルで稼いでいるようです)
少しのボロが出たらそこを突っつきまくる。
足をつかんでずり落とすやっかみ根性です。
人間とはそういう面があるのです。
2000年以上前の荘子の時代にもいた。
彼曰く「富多ければ事多し」(金持ちトラブル多し)
金持ちも大変です。

「カネを持っても自慢をしてはいけない」
と私は言ったことがある。
これはどんな時でも謙虚にしていなさいという意味と、
目立ったらひどい目に合わせられるぞという意味もありました。
(50%ずつかな)

今回の件で
八木さんは襟首整えるために高級車を売り払い、
青木さんは1から出直す気持ちになったそうです。

私は皆さんに忠告しておく。

「チャンスもトラブルも人が運んでくる」
(割合は1:99%かな)

「人付き合いは慎重に」
(美輪さんは人付き合いは腹4分目と言う)

「ビジネスは関わる人が少ないほどイイ」
(個人で稼ぎましょう)

もし八木&青木転売塾について質問などがありましたら、
彼ら直通のメールアドレスを教えますので
遠慮なく問い合わせを下さい。
時未来という方に聞かないで下さいね。

内緒の話:コンテンツは充実していますよ。
僕の入った藤田式トリックツール転売塾よりは。
他の物販塾は知りませんが、
二人は自分たちが業界一と自負している。(自ら入塾しての経験則)

もし初心者が物販に興味があるならココがいいと私は思う。
http://fmclub.asia/lime/
安いし、即解約できますし。