1月 292013
 

商品の掲載写真に自分の顔と名前を載せておく。
(下の写真のように)
自分のブログのURLを「自己紹介欄」に載せておく。
(おそらく商品説明欄にはURLを貼ることはできない。直接取引防止のため。ヤフーはケチ!)
そして発送方法や入金先などの詳細は「自己紹介欄を見て下さい」と伝える。
これで興味のある方がブログにアクセスしてくれる。

『商品を売るだけがヤフオクの使い方ではない』

なぜ今までこれをしなかったんだろう?
アホやった。
もっと頭を使わなければアカン!!

ちなみにこれ約1000円でeBayから仕入れました。
3000円以上で売ります。
売れなくてもいいですけど。

イエスのブレスレット

1月 222013
 

無料オプトインの目的の一番は
「メールアドレス(リスト)の獲得」です。

だったら最初のLPページで、伝えたい内容の90%を皆に知らせてしまえばいい。
(100%でもいい)
(それでも登録しない人がいれば、ご縁がなかったということで)

「知られた=読んだ・動画を見た」確実な証拠なのです。

名前も顔も覚えてくれるかもしれません。

90%も伝えたら、読者はもっと知りたくなるのです、あなたのことを。
だからメルアド登録をしてしまうのです。

メルアドが手に入らなければ無料オファーを制作した意味がない。
何としてもメルアドをゲットしないと。

アフィリエイターランキングが発表されているのを見ますが、
1位の方でも1000件もない案件がある。

無料なのにどうして登録しないのか?

先入観ができてしまって飽きられているから。
「またこんなのかよ」って。
同じような内容ならすぐ購読解除される。
そんな読者なら最初からいらない。
だから90%以上暴露してしまえって言いたいのです。

この業界にも『差別化』が必要とされ出してきましたね。
それはつまり無料オプトインの企画者や、
それで儲けているアフィリエイターにとっても
ビジネスがしにくくなり、リスト・収入の減少が確実なものとなっていく
ということを意味しています。
次の手を考える必要が出てきました。

1月 092013
 

与沢翼氏の2冊目の本です。私はまだ読んでいませんが。

この本のデザインにはある欠点があります。
デザインに関わる人は常識かもしれませんが、
その他の人で知りたい人はメルアド登録をして下さい。
もちろん無料です。



ここにメルアドを送ると下記の文章が届くのです。
興味のある方が皆無でしたので貼り付けます。

タイトル「山田直樹:与沢さんの本のデザインは下降イメージなんです。」

「右肩上がり」という言葉がありますが、
「左肩上がり」とはあまり聞きません。

株のチャートでも左から右へ
何かの折れ線グラフでも左から右へと書かれます。
どうしてそう書くようになったのかは分かりませんが、
多くの人間の利き手が右だからというのが関係するのかもしれません。

###name###さんは、ムンクの「叫び」という絵画を知っていると思います。

http://art.ringru.com/17_Munch_The-Scream.php

中央の口を大きく開いているのは画家ムンク本人で
後ろの二人は友人だそうです。

この二人がどちらの方向に向かっているのか分かりませんが、
右の人はムンクに近づき、左は離れていくように見えますがどうでしょうか。

この絵の中の橋は左の中央から右下に向かって伸びています。
右下がりですね。(肩ではないですけど)

もし仮にこの橋を左下から右端に向かって描いていたらどうでしょうか。
(つまり橋の向きを逆にすると)

そうすると何だか上昇的なイメージになりませんか?

与沢翼氏の本のタイトルは
左上から右下に向かって配列されている。

逆にすればよかったのにね。

まだ安い電子版が出ていないのでそれまで待ちたかったけど
中身を知りたいので買いました。

11月 112012
 

画面が真っ白になった。
なぜそうなったのかを考えてみると
俺が「包茎」について言及したからだと思える。

僕の「アニメ・マンガサイト」にも
グーグルの広告が張ってあるが、
問題なく広告されている。
(このアニメサイトの広告も消そうかなと思案中)
(アニメ・マンガの記事更新も
少しずつ頑張ってますのでそちらもよろしくね)

「グーグルジャパンで働く男は
皆さぞかしムケているのでしょうね」

(それほどうらやましくないです。
チンチンなんてムケなくていいから、
男の一皮をムケてみろっての)

アホらしくなったので、
ここのすべての広告を削除しました。3つ。
まあ収益はほとんどゼロなので問題ないですが。

10月 252012
 

1件1000円もするメルアドを買うよりも
自分のお客さんはどんな人なのか研究するべきでしょう。
(迷惑メールに送られるのがオチ)
メルアドだけなら分かりにくい。

どうしてメルアドを買いたいのか僕には分かりません。
どなたか知っている人がいれば教えて下さい。

10月 072012
 

↓私ならこうします。
自宅に招いて(会議室の賃料がいらない)、
タダで携帯ビジネスでの儲け方を教えて、
その人が儲けた額(純利益ベース)の20%を頂く。
(なぜ20%なのかは“ココ”を読んで下さい)

生徒(教えられた人)が稼げば稼ぐほど本人も山田さんもうれしい。
1回コツをつかんで稼いでくれたら後はほったらかしで自分の元に自動的にお金が入る。
その方が楽でしょう?

「もし生徒が裏切ってお金を計上しなかったらどうしてくれるの?」

教えた自分が悪い。
人を見る眼識がないのだから。(=事業を見る先見性もない)
あなたは事業家にはなれないでしょう。

私は『人を儲けさせることが自分を豊かにしてくれる』ものだと確信しています。

後記:山田塾は19万8000 円らしいです。

10月 022012
 

『空売りのスキルを自分のものにしろ!空売りこそ百獣の王』
↑このオファーをヤフー株式掲示板に投稿しただけ。

ヤフー掲示板ではこのようなリンクはすぐ削除されてしまいますが、
時間をおいて何回も投稿し続ける。(連続投稿禁止)

9月はよかったけど今月10月はダメそう。
食い付きが悪い。続けますが。
それでもいいお小遣いになりました。
ごちそうさまでした。

↓証拠画像

9月 172012
 

1、アフィリエイトする広告を決める
2、アフィリエイトサイトを作成する
3、作ったサイトをPPC広告に出稿する
(広告料がかかります。リスティング広告
4、PPC広告を管理する
(儲からないサイトのための広告はすぐ取り消すこと=損切り)

9月 122012
 

検索で見つけた古いデータですが。
これを見ると平成16年から21年まで伸びていません。
今年24年は昨年と比べてどうなのか分かりませんが、
株価を見ればおおよそ分かるものがあります。

業界ナンバー1の電通(4324)
ナンバー2の博報堂DYホールディングス(2433)

広告を出して知名度を上げたい企業やショップが増加していない。
(広告制作会社は事業転換期を向かえています)
そんな中で広告をブログに載せて儲けたい個人が増えていく。
先細りは必至ですね。