4月 222018
 

船原徹雄氏がウェブセミナーで言っていた。
下の商品で3億円を売り上げたそうです。
(日本総代理店契約を結んでいる)
(利益率は30%)

このハードウェアウォレットは
(コールドウォレットとも言う)
仮想通貨を保持保管するための機器です。

コインチェックのネム流出事件をきっかけに
ネット上で保持するのは危険だとして
一気に売れ出した。
(ネット上の保管のことをホットウォレットと言う)

通常の物販で30%の利益率はすごいことです。
(私はスーパーマーケットで働いていたが
利益率は5%くらいです)

転売せどりをして利益率30%は難しい。
上手い人でしたら20%台ですが、
売れていない在庫を考慮したら
たちまち10%台に低下するでしょう。

船原さんはヤフオク初期から転売をしている。
最初はeBay輸入をして儲けたみたいで、
そこからどんどん拡大していって
物販という業種のほとんどを経験した。
現在は各部門ごとにプロを雇って任せている。

そんな彼はウェブセミナーで漏らしていた。
物販は現金(キャッシュ)がなければ話にならないと。
上記のコールドウォレットだって
大きな資金を用意できなければ
現物を取り寄せられなくて、
3億円も売ることができなかったわけですから。

もしあなたが物販で億単位の売上げを狙うなら
価格差を狙った転売せどりはするな。
(これは単純転売と言う)
ライバルとの価格競争にさらされたり、
商品管理や資金管理に限界が出てくるから。

月に10万20万円程度なら単純転売でも構わないが、
大きくなりたいならば

1、他社ブランドの日本総代理店
2、自社ブランドの製作と販売

両方をするか、せめてどちらかを選べ。
(その時点で単純転売は卒業してしまうこと)

そこで重要となるのがキャッシュの有無です。
昨今の船原さんのメルマガでは
コンサルや塾などの情報を売るのに躍起になっている。
キャッシュに困っているのだろう。
というよりずっとキャッシュのことで
頭を悩ませていると言ってもいいでしょう。

製造者も現金の前払いで受け取りたい。
売掛金なんてできれば避けたい。
だから現金払いの小売業者を贔屓にする。
値引きしてやってもいいかなと思う。

結局ビジネスはキャッシュがあれば有利に立てる世界です。

キャッシュが欲しくてビジネスしているのに、
ビジネスを維持するためにキャッシュが消えていく。

これは「ビジネスの奴隷」だなと彼は嘆いていた。

ヒヨッコの私が言うのも何ですが。
船原さんはアメリカのオレゴンに配送センターを持つ。
それを売却してしまう。
それを終えたら日本の茨城にある配送センターも売る。
(上のウォレットの総代理店権利も売却してしまおう)

代わりにマレーシアに倉庫・配送センターを作る。
(彼はシンガポール在住)

これから拡大していくであろう
東南アジアの消費に対応シフトする。

簡潔に言うと日米欧の市場から
東南アジアの市場へとフォーカスすること。
(中国は競争が激しそうなので様子見で)

先日彼はベトナムへ行ったらしい。
何をしに行ったのか分かりませんが、
着眼点が鋭い人だと思います。
中国の10年後の国がベトナムだから。

キャッシュが売上げに比例して必要になる物販。
小売ビジネスと物流ビジネスとの両方で
拡大を目指すといいと思います。

【追記】
我々は社会のルール内で生活している。
それを破ればたちまち法から罰せられる。
法による強制力は我々を法律の奴隷にさせている。
誰もが何かの制限を受けている。
自身の肉体であっても制限になっている。
だから誰でも人間である以上、
神のような自由を手にすることはできない。
であるならばいかなる制限であろうと
物怖じしない雄々しさと
揺るぎない気高さや志を
胸に刻み込んで生きるべきではないか。
経営者はキャッシュに屈しない闘志を持つべきではないか。
人の隷属性を無効化できるのは
人生への果敢なる挑戦において他にないだろう。

9月 082017
 

日本の配送業者の大手3社
日本郵政、ヤマト、佐川
は荷物が99%確実に届けられます。

ですが先進国であるはずのイギリスでは
荷物は雑に扱われ(中国人のように)
しかも“不在票”というサービスが無く、
受取人不在なら玄関先に適当に置いておく。
時には中のモノが盗まれるケースもあるとか。

どうしてこんなサービスなのかと言うと
荷物を指定された場所に“移動”させるのが
配送業者の仕事だ、という考えだからです。
受取人の元に届けるのではなくて。

もしあなたが海外輸出しているのでしたら
イギリスは顧客として除外した方がよさそうです。

どうしても送る場合は
段ボールには布テープとビニールテープで3重巻き。
クッションは多めに。

これを嘆くのもいいですが、
前向きに考えるとすれば
イギリスでの配送ビジネスにチャンスありですね。

それにしても日本の当たり前は
世界の当たり前ではない。

我々は日本に住めることに
もう少し感謝があってもいいのではないかな。

そう思ったら自分の仕事に誇りを持とう。

4月 172017
 

CASIOやSEIKOの時計などを
ユーロ圏へ並行輸出は違反です。
eBayで売ったら停止させられるそうです。

ユーロは法律に厳格なので、
正規販売代理店の許可を得ていない者が
ユーロ内の人には販売できません。
(グーグルは独禁法で告訴された)

そうすることでユーロ内に利益を確保したいのが
ユーロの本当のところでしょう。

負けずに製造業を振興させる努力をすべきだが、
チャイナパワーや人件費の安い東南アジアには勝てない。
だったら関税などの障壁を作って排他的経済にしてしまえ。

日本、アメリカ、ユーロなどの先進国は
どんどん閉鎖的な保護主義に移行している。

私はイギリスのユーロ離脱には賛成です。
ユーロという壁から脱出して
イギリスは世界を視野にして羽ばたいてほしいと願う。

日本も同じ島国。
世界スケールで動ける日本人が国を引っ張っていくと思う。

私たちや政治家の皆さんには
そんな人たちの足を引っ張るようなことはしないように
温かく見守るのが国のためになることです。
何もできない人でもそれくらいならできるでしょう。

それにしてもユーロでのビジネスは
ユーロ圏に入ってしまわないと成立できないことになる。
日本のメーカーが欧州攻略をしたいならば
カシオやセイコーのような戦略を取るだろうから、
並行輸出は今後ますます厳しくなる。
そうでなくても高い関税で輸出ビジネスは不利だ。
(その他にも規制はある)

同じビジネスで成功を目指すなら
まだまだ規制の緩い途上国がベターだ。
成長発展も見込めるだろうし。

熱視線を送るのは
欧米よりも東南アジアの方へ。

何も持っていない若者はアジアだけ見とけばよい。

1月 112017
 

中国の商品を輸入する際に
買付け代行をしてくれる会社が必要なのですが、
その老舗であった
「タオバオさくら代行」が
乗っ取られたようです。

この会社:http://sakuradk.com/

私は山本章さんのFacebookから知りました。

以下彼がまとめてくれた要点

●小笠原さんの主張

1:さくら代行が中国人に乗っ取られた
2:合同会社万和通(小笠原さんの会社)と
万和通株式会社は一切関係がない
3:(自分は)12/5以降のさくら代行とは一切関係がない
4:万和通株式会社のチョウテツリュウは
合同会社万和通(小笠原さんの会社)の
お金約3000万円を横領し持ち逃げした
5:1/6にチョウテツリュウの財産仮差押手続きが執行された
6:今後法廷にて事実を明らかにし争っていく

●趙哲龍(Zhao Zhelong)さんの主張

1:さくら代行は自分が作った
2:さくら代行は小笠原氏に会う前から存在していた
3:さくら代行の命名者は自分である
4:さくら代行サイトのドメインも自分が登録した
5:小笠原氏はさくら代行に一銭も投資していない
6:合同会社万和通の設立は自分が全て費用負担した
7:会社名の万和通の命名者も自分である
8:小笠原氏はさくら代行スタッフの顔をほとんど知らない
9:さくら代行のスタッフも小笠原氏のことを知らない人が多い
10:小笠原氏はさくら代行の仕組み、
物流、料金制度を詳しく知らない
11:さくら代行は日本宣伝役として小笠原氏を立てていた
12:小笠原氏から外側では
社長と名乗っていいかという確認があり承諾した
13:3000万円を横領したとあるが、
全てさくら代行のお客様からのオーダー。
口座は一切変更していない
14:小笠原氏が信用できないため
さくら代行の入金口座は変更した
15:自分は逃げてない。
いつでも電話をかけてきてくれ。
そちらこそ電話を出ない。
16:名誉毀損罪、誹謗中傷被害、営業妨害として立件予定

(以上)

運営サイトには、本社は千葉とあります。

趙氏は日本での税金はどうしているのでしょうか?
小笠原氏が宣伝担当の人ならば
財務会計は千葉の本社の誰かがしたのでしょう。
その彼・彼女は会社の代表が
誰なのかを知っているはずです。
重要参考人ですね。

私個人の意見ですが
“さくら”という日本のひらがなのサービス名
これは中国人が名づけられる名前ではないと思う。
例えば桜華なら十分に考えられるが、
日本のイメージである桜をひらがなにできるのは
純日本人だと思う。

それは置くとして
肥えらせてから奪い取るという横領は
相当な知能犯で
長年計画を練りながら機が熟すのを待っていたと思われる。
「いつか俺のものにしたるからな~」

この裁判で小笠原氏の勝利は難しいでしょう。
なぜなら舞台は中国だから。
それに中国スタッフは全員趙氏に味方する。
用意周到。すでに対策は済ませてあるはずだ。
が彼は分かっていない。
日本人がどんな民族なのかを。

そんな貢献度の高い日本人を追い出すような会社
誰が信頼して注文を出せるの?
どんな商品が届けられるのか?
検品をまともにしてくれるのか?
料金計算をごまかされるのではないか?
裏で何をされているのか分かったもんではない。

そんな心配が頭から離れない。嫌になる。
他の会社に頼んだ方がよほど安心して頼める。

もうこれで日本人がさくら代行を使うことはなくなった。
まあせいぜい新規顧客獲得を頑張ることですな。

8月 042016
 

(お金があるという前提で)
リアルビジネスをどうしてもやれと言われたら
私なら倉庫業をします。
(自分でも利用して貸すこともして)

なぜなら今後誰もがネットショッピングで購入するから。
(リアル店舗に行かずにスマホで)
その兆候はすでに出てきている。
現にリアル店舗が次々と閉鎖している。

今後その跡地がどう変貌していくのか、
悲観的でもあり楽しみともなっています。

(過去にした予想はこんなの)

・マンションなどの住宅
・駐車場
・貸しルーム、貸し倉庫
・ミニ映画館
・ミニ教室
・高齢者向けヘルシー飲食店
・温泉施設

それはさておき。

倉庫業にも差別化が必要です。
船原さんの倉庫会社は思うに苦戦中のようで、
少し前にビジネス路線の変更を書いたことがある。
http://love.nakynaky.com/?p=11655
それから考え直してみた。

船原さんの会社は広州にも倉庫を持つ。
ということは中国全土で倉庫業を展開できることは
十分に可能なことだと言える。
(桑田さんと橘さんが1から構築した)

中国でもネットショッピングは進んでいる。
なぜならタオバオというeモールサイトがあるから。
(運営会社は阿里巴巴で流通額は世界一です)
その他にもネット販売サイトがあることでしょう。

とすると倉庫業は中国でも必要になってくる。
決して時代遅れではないビジネスだ。

場所はどこがいいか。
四川省の成都がいい。
なぜなら日本の会社でどこもそこに倉庫を置いていないから。
(このサイトを参照)

四川省の人口は8000万人で(地図で調べてね)
省都の成都は人口1400万人で申し分ない。
現地のイトーヨーカ堂が賑わっているとも聞いている。

成都のことはこの男に聞け!!
金伸行さん:Facebook

船原さんは中国で物流網を構築する。

現時点の3箇所の物流倉庫:茨城、アメリカ(オレゴン)、広東省広州
それに成都を足す。

中国では今、異常に関税が高くて
中国へ輸出することが困難になっている。
ですがそれは解消に向かう。
なぜなら中国には外貨があふれかえっているから。
中国企業は稼いだ外貨を銀行にて
自国通貨である中国元に変える。
中央銀行は中国元の紙幣が足りなくなるので増刷する。

「外貨と自国通貨の洪水」

これはインフレ(物価高)を引き起こす。
中国政府はインフレだけは避けたい。
(デフレの方がまだマシ)
なぜならインフレは不動産価格を高騰させ、
庶民の生活物価も押し上げる。
そうなると金持ちはいいが、所得の低い農民は飢える。
その時中国各地で暴動を起こされるだろうから。
(クーデターは怖い怖い)
世界の世論は中国政府の怠慢を非難する。

だから政府は必死に外貨を減らそうと
外国投資を奨励する。
それと同時に金持ちから税金をむしり取って
公共事業でそのお金を行き渡らせる。

モノとカネとヒトの流れが
中国全土を駆け回る。
(景気がいいというやつですな)

-オレゴン-茨城-広州-成都-

この流通網にて大きなビジネスチャンスが待っている。
(重慶という都市は何と人口3000万人。ここも挑戦?)

船原さんの会社には優秀な橘さんと桑田さんがいる。
どうでしょうか?

何々。中国人もバカではない。
カネのためならパクリでも違法でも何でもする。
そんな奴らがウヨウヨいる中国へ
ノコノコ行っても返り打ちに合うのが関の山だ。
撤退する外国企業も多い。
何か策でもあるのか?

あるにはある。
最強の経営だと私が信じている方法が。
だけど実現がマジで難しく正気ではない。
なぜならそれをしている会社は世界に1つもないから。
(あのグーグルもしていません)
しかも今後においてもそれをする会社は現れない。
絶対に現れない。
なぜなら理想論だから。

しかしながら私から言わせれば
中国で勝つにはそれしかないと信じる。

恥ずかしながら書きます。
少しお待ちを。

余談:私が船原さんならネット物販事業は縮小させる。
なぜなら今後はメーカーが直接ネット販売してくるから。
(製造小売りですね。アパレルで言うところSPA企業)
だからメーカーにでもならない限り、利益を出せなくなる。

私は今(単純)転売をしていますが、
資金を作れたらメーカーになるか別の事業をするつもりです。

※ラクになっていかないビジネスは辞めていこう。

3月 302016
 

アマゾンのセラーセントラルページにて
こんな文章が出ています。

お知らせ
【新機能】
中国語セラーサポートおよびセラーセントラルの中国語表示について
2016/03/28

このたび、日本のセラーセントラルに中国語が追加され、機能とヘルプページの言語を中国語に切り替えて使用いただけるようになりました。言語を中国語に切り替えると、中国語でのEメールと電話サポートを受けることができます。チャットによるサポートも今後予定しています。 言語を中国語に切り替える手順は以下のとおりです。

1、セラーセントラルのページを下までスクロールします。
2、言語を選択するドロップダウンメニューから「中文」を選択します。
3、ページが更新されるのを待ちます。セラーセントラルの言語が中国語に変わります。

———————————

要約すると
中国に住む中国人が日本のアマゾンで
出品できますよ、ということです。

船原徹雄さんによれば
Amazon USAで販売している中国人セラーに
日本のアマゾンで販売してみないかと、
2~3年前からアマゾンが打診していたそうです。

銀行は日本の銀行以外でも可能らしい。
(中国人は節税のために香港バンクを指定している)

私は中国に住む中国人セラーは
日本と日本のアマゾンをダメにすると思っている。

なぜなら彼らは日本人を分かっていない。
安価であっても、品質にバラつきや不良があったら
日本人は買わない。怖くて手を引く。
買ったとしても評価★1にして2度と買わない。

「安もの買いのカネ失い」として
低所得層の私でも買いたくない。
(結局のところ安ものは損になるよ)

「日本人は品質に対しては世界一シビアな国民」

「いいものなら高くても買ってくれる頭脳派民族」

(もちろんすべての日本人ではない)

あなたはシャネルのバッグを見たことがあるだろうか?
ブランド保証の文面は日本語になっている。
英語でもいいのにどうしてなのか?

聞いたところによると
海外のブランドメーカーは
日本市場向けの商品の製造工場は
特別に運営しており、
箱や包装などすべてにおいて
品質チェックを厳重にしているそうだ。
日本人は細かいところまで気にする
クレーマーが多いということを知っているからだ。

確かに日本に流通している製品は
ほとんどが中国製だ。
でもなぜ不良が少ないかというと
日本の会社がすべて検品しているから
日本人品質が保持されている。
だから我々は安心して日本で買い物ができるのです。

ところがアマゾンジャパンが
そんな日本の事情を知り尽くしていない
中国人セラーを歓迎をすると、
日本に“ゴミ”を流通することを許しているので、
ゴミを買った人は怒るし、
狭い日本でゴミ問題に拍車をかける。

しかもアマゾン全体のイメージダウンにつながり、
日本人の顧客満足度を下げる。

私は中国輸入販売も少ししてます。
商品リサーチ中にレビューを読むのですが、
ひどいものが多い。
それを読んだらビビッて輸入仕入れできませんでした。

アメリカで実績がある中国人セラーでも
小難しい日本人の感性を理解できるとは思えない。
私たち日本人でも製造販売の戦略に頭を抱えているのに。

「安けりゃいいってもんじゃない!!」

逆にアマゾンジャパンがアマゾンチャイナ
日本人セラーを紹介するのは賛成です。
現在中国側の輸入規制があるので
(詳細は知りません)
実現には時間がかかりそうですが、
中国人の懐事情が益々潤っていく過程に入っているので
アマゾンチャイナで大儲けできるチャンスです。

最後に日本人のあなたに言う。

「中国人セラーのものは買うな」

2月 202016
 

中国の商品を日本へ輸入する場合
必ず現地で検品・代金などのやりとりをする
仲介屋が必要となります。

タオバオ代行.biz/

タオバオ比較

タオバオ通信

「今こんなにあるの?」

私が代行業者なら日本人に限定しません。
(というか日本人は捨てるね)
英語で海外のバイアーを見つけます。
欧米人が中国へ買い付けしに来ると
船原さんとこの社員、葉山さんの記事にある。
(かわいい人ですね)

物販総合研究所

もしくは現地中国人リッチ層向けに
日本のイイものを輸出代行するか。

競争戦略の最高は「差別化」しかない。

レッドオーシャンは一早く抜け出し、
ブルーオーシャンを探せ。

中国独占販売の片桐亮さんも言っているが、
ライバルの増加が一番痛い。

「自分にしかできないこと」という
オンリーワンを構築することができたら、
ビジネスは笑いが止まらんのですけどね。

それができたら苦労なんて…

1月 302016
 

アマゾンからメールが来ました。

2016年2月22日(月)をもちまして
多治見FCでの大型商品の取り扱いを終了し、
大型商品を川島(HND3)、←埼玉
大東(KIX2)、←大阪
鳥栖(HSG1)、←佐賀
八千代(NRT2)←千葉
の4 FCへ集約することとなりました。

注:FCとはフルフィルメント・センターの略

————

ウィキにありますが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon.co.jp
岐阜県多治見市の倉庫は
上記のどの倉庫よりも広い。
それでも今回大型商品の取扱いを止めた。
(おそらくですが)
岐阜は日本列島の中央部に位置して、
人口1位と2位の東京と大阪への
平均配送コストの軽減ができる。
だから多くの大口出品者が岐阜県多治見FCを
大型商品の納入先に指定したからだろう。
(指定することは有料になります)
そのため多治見倉庫はパンパンになってしまった。

アマゾンには中部地方に多治見しかないので
他にも倉庫を新設してほしい。
現状倉庫自体の数がものすごく少ない。
これからどんどんネット購入者が増えるのだから、
全国に50~100庫はあってもいいくらいです。

米アマゾンでは自社で配送業部門を創設するそうだが、
狭い日本ではまず各地方に倉庫を作った方がいい。
なぜなら配送業だってコストやノウハウが必要で、
郵便配達やヤマト運輸はその社歴がある。
苦労があったことでしょうね。
それに配送車や駐車場スペースの取得にもお金がいる。
ならば現状FC倉庫がせっかく機能しているのだから
そのノウハウを持ってして(成功事例をマネるだけ)
日本全国にアマゾン倉庫を作った方が得策です。
倉庫と倉庫をつなげば配送ルートは自ずと決まり、
「お急ぎ便」に有効になる。

岐阜県民である私のひいきもあるが、
中部地方に倉庫新設をお願いしたいです。

最後に若い人へ。
E-コマース(電子間商取引)化率は
年々確実に上昇している。
しかも世界的規模で。発展途上国でも。

インターネットにつながる環境にあれば
個人でも世界相手に商売できる。
やらない方がバカだよ。
失敗してもいいじゃないか。

企業への就職だけが働き方ではなくなったのだから
楽天的に挑戦してみよう。

「絶望するな」