2月 112018
 

ヴィア・ホールディングスという会社は
元々印刷業を営んでいたが、
インターネットの出現に危機感を持ったのか
2001年に飲食業界へ参入した。
まずはフランチャイズとして。

どうして御門違いの飲食業に新規参入したのか
私は断言することができないが、
おそらく居酒屋のワタミの影響ではないかと思う。

少しは経営を勉強したことのある人なら
事業の多角化には否定的な立場を取る。
しかもこの会社の場合、
印刷業としての経営資源が活きない
飲食業に手を出すのに反対しない方がおかしい。
当時のヴィア社内でも反発があったことでしょう。
その時の社長の決断には何が作用したのか
経営コンサルタントには興味深いところです。
できれば教えて下さい。

今になってだから何とでも言えるが、
あのまま印刷業に固執していたら
継続のためにズルズルと資金をすり減らし、
今頃倒産か買収されていただろう。

人は過去の延長線上で生きている。
過去の常識に囚われて現在を規定し、
今と変わらない未来が続くと信じている。

10年前には無くて現在に一般普及した
多くの人のライフスタイルを劇的に変えたモノ
「スマホ」
20年前に登場した革命技術であるインターネットを
ポケットに入れて持ち運びできるようにした。
これによりいつでもどこでも欲しい情報にアクセスできる。
と同時にこちらからも情報を発信することもできる。

スマホがマンネリ人生をぶちこわし
未来に希望の光を投げかけてくれた。
なぜなら人は他者との繋がりからでしか
自身を変えることができないから。
自分だけの力などたかが知れている。

そのスマホが印刷物を完全に追放し、
さまざまな既存の仕事を奪い取る。

10年後の2028年に

・銀行や証券会社が今ほどあると思いますか?
・ドルや円などの法定通貨のお札で
ショッピングはするものだと考えていませんか?
・学校に通学して勉強するのだと思ってませんか?
・仕事をする目的や働く理由は
生活費を得るためだと考えてませんか?

10年後になれば答えは出ますが、
10年後の未来にあなたも参加していい。

人が未来を創ろうと意志した時、
そこにはもう過去など存在しない。
先駆する夢見る意志の速さに
過去が追いつけないからだ。

忘却があるのは未来を輝かすため。
後悔があるのは未来を信じていないため。

悲しい人類史を救えるのは未来への飛翔。
それはカルマを消す。

12月 312017
 

料理の作り方が気に入らなかったら
もう2度と来店しなければいいだけのことなのに
店のオーナーを暴行殺人した2人の中年男性がいる。

客は神様ではない。
ナメられたらアカん!!

特に庶民相手の商売においては
とんでもない困った客がいるものです。

「もし危害を加えられたら反撃せよ」
(正当防衛になる)

対策としては
日頃から格闘技を習っておくこと。
もしくは用心棒を雇うこと。
幸いにもここは日本で銃社会ではない。
空手の技でも十分に通用します。

残念ながら暴力は無くならない。
ヒトは動物だから。

殺人をした2人は
その動物から人へと
せっかく生まれ変われたというのに
本能を統御できない幼い魂の持ち主だった。

まだまだ人類は反省が足りないようだ。

ちゃんこ店暴行死 謝罪する経営者を殴る蹴る
朝日放送【12/31】

滋賀県草津市のちゃんこ料理店で、
経営者の男性が客の男2人に暴行されて死亡した事件で、
男らは、謝罪する経営者を執ように
暴行し続けていたとみられることがわかりました。

浜野慶治容疑者(46)と関一也容疑者(45)は21日夜、
草津市内のちゃんこ料理店で、
経営者の糸岡真二さん(60)に殴る蹴るの暴行を加え、
死亡させた疑いが持たれています。
2人は、「従業員の雑炊の作り方が気にくわなかった」などと供述。
別の場所にいた糸岡さんを呼び出し、
暴行を加えたとみられます。
捜査関係者によりますと、警察官が店に駆けつけた時、
糸岡さんは顔から血を流し、
うずくまった状態だったということです。
現場にいた人は、
「糸岡さんは、『堪忍して下さい』と複数回、謝っていた」
と証言していて、
警察は、謝罪して無抵抗な状態の糸岡さんに、
2人が暴行を加え続けたとみています。
(以上)

12月 262017
 

外食産業で一時成功した者たちの
大失敗と転落の原因を探ってみると、
皆に共通して大きな借金をしたことが挙げられる。


(飲食経営者はこの雑誌を絶対に読んで下さい)

なぜ彼らは借金をするのかと言うと
店舗を増やしたいから。

店舗が増えれば売上げが上がる。
そうなれば利益も大きくなる。

そうなるはずだと考えているのがそもそもの間違いです。
なぜなら固定費や人件費がそれと共に大きくなるので
利益を圧縮してしまうのですから。

どうしてそんなに規模をデカくしたいのか
(特に男性)
私には理解しにくいですが、
飲食業はいかにしてお客さまに

・おいしい料理
・くつろげる、落ち着ける、楽しい空間
・まごころこもったサービス

を提供するかが大切であるのに、
なぜか儲かったらすぐに出店・拡大に走ってしまう。
しかも銀行から融資を受けてまでしてしまう。
儲けた利益で新店舗を作るならいざ知らず、
多額の借金をしてまで店舗拡大を目指すのは
やはり見栄なのでしょうか。

人間なら誰でも備わっている3大欲は
・食欲・性欲・睡眠欲
とされていますが、
権力欲、支配欲、征服欲も入るのではないかとする人がいる。
争いが絶えないわけですね。

※お金はこれらの欲望をすべて満たしてくれます。

我々が仕事をするのはお金(生活費)が必要だからですが、
経営者がビジネスするのはもっとお金を増やしたいから。
それについては否定しません。
だからこそビジネスの拡大を焦ってしまうのも分かります。

でもその焦りが命取りになることを皆知らない。
冷静さを失う。
自分の考えに固執して無理矢理それを推し進めようとする。
赤字店舗なのに、初期投資をかけているから止められない。
だったら赤字の原因を分析して改善していけばいいのに、
冷静な判断ができなくなっているから
さらに借金して先延ばししたり、別店舗で補填させる。

なぜ焦るのかというのを考えた時、
「チャンスは1度しかない」と
思い込んでいるのではないかと思う。

「やっと巡ってきたこのチャンスを逃したら
俺はもう2度と上へ行けないかも」
「こんなちっぽけで終わってたまるか!!」

商売のチャンスならどれだけでもあるというのに。

私も飲食関係で働いていたから分かりますが、
「俺にはこの業界でしか生きていけないんだ」
と視野の狭いところで固執していました。
本当にそう思い込んでいた。

なぜ視野が狭くなるのかというと
日本の教育と自身の経験の少なさがあると思う。

日本では「石の上にも三年」だとか
「最後までやりきりなさい」だとか
自分に合わないことでもそう強いる風潮があること。

もう1つは自分のこれまでの経験なんて
たかが知れている。
学校生活やクラブ活動など周囲と似たような人生ですから。
(教育改革が望まれます)

10年間生き残る会社なんて全体の1割以下です。
飲食店なら3年以内に7割が閉店してしまう。

倒産・閉店を回避するのは

・多額の借金をしない(身の丈経営)
・いろんなビジネスを知ること(日々勉強)

この2点は意識してほしい。

そしてもう1つだけ知ってほしい。
挑戦すれば必ず失敗の1つや2つ起きてしまう。
その失敗を次にどう活かすのか、
または挫折で終わらせてしまうのか、
あなたの器が問われる時です。

成功の反対は失敗ではなく、
何もしないこと。

エドガー・ケイシーも言っている。
「何もしないでいるよりも、積極的にやって間違いをした方がよい」

痛い思いをしないと人は反省しない。

バカな争いを繰り返してきた人類史であっても
少しずつ良くなってますからね。

8月 202017
 

一瀬翔という人から
いきなりメールをもらった。
迷惑BOXに入っていなかったので
開封して読まずに解除した。

私は過去に彼のメルマガを登録したことがあり、
つまらなくて解除したのかどうか忘れたが、
もう記憶になかった。
だから今更どんなメールを送ってきたのか
興味もない。

「人は忘れる生き物」

もしあなたがビジネスをしているのなら
顧客から忘れられないように
マメに連絡を取って下さい。

FacebookなどのSNSでは
ハガキや手紙など用意しなくても
スマホからいつでも投稿でき、
しかも距離や時間に関係なくつながれます。

エクスマの藤村正宏さんも言っています。

「見ず知らずの人からは誰も買わない」

私は安いのでほぼアマゾンで買いますし、
いきなりセールスしてくる人からは
絶対に買いません。怖いので。

誰もがヘンなものを買わされた経験がある。
だから売り込みをされるのが嫌いです。

「売り込みは止めた方がよい。逆効果だから」

ではどうしたら自分の商品を買ってくれるかというと
私はあなたを喜ばせたい(困らせたくない)から
「それ、あなたから買いたいので売って下さい」
とお客さんの方から言ってくるような関係を持つこと。

要するに応援されなきゃダメだってことですね。

まずはSNSを始めましょう。
スマホが無い人はすぐに買いに行く。
そして他人に関心を持つ。
それから関係したい他人が
喜んでくれるような発言をする。
そこから関係性を始めていくのです。

SNSを利用しないビジネスは滅んでいく。
今日企業がホームページを持つのが普通であるように
SNSも当然視される。

この流れは変えられません。

8月 192017
 

単なるモノ・サービスを売っている店や会社は
アマゾンに負けて退場するでしょう。
なぜならそれだと価格勝負になるから。

藤村正宏さんはそれを2001年から叫んでいる。

彼のこちらの最新版の本を読めば
彼の提唱する「エクスマ」のことを
すべて理解できます。

すべての経営者・事業主に読んでほしい。

私はその大切さを知らせたくて
レゴランド近くにある
メイカーズピア
店舗の1つを運営している
ジグソーパズル専門店に
以下の文をメールしました。

http://masterpiece-shop.jp/

前略、マスターピース様

貴社の事業について1つ意見があります。
ジグソーパズルを専門的に販売していますが、
それだけだと売れません。
なぜならモノを販売しているのみだからです。
それだと他社も同じ事ができて
(特にネット販売のアマゾン)
利益をどんどん奪われます。

そこで発想を変えるのです。
ジグソーパズルは誰でも頑張れば
必ず完成させることができます。
これは子どもの教育にとてもグッドです。
あきらめない心を養うことができるからです。

貴社はジグソーパズルを売るのではなく
「あきらめない心」を売れ!!

具体的に言うと
店舗ではパズルを販売しない。
ネット販売サイトを制作し、そこで売る。

店舗ではパズルを体験する「場」を提供する。
1時間500~1000円で利用できる。
(価格は議論して決める)

昨今ではスマホや携帯ゲームで遊ぶ子が多いです。
それでは頭があまり良くならないし、
何と言っても心の教育ができません。

今の日本の子に必要なものの1つは
「粘り強さ」です。
もちろん我々大人にも必要です。

それを培えるのはジグソーパズルです。
ウィキペディアによれば
子どもの教育のために作られたそうです。

レゴランド近くのメイカーズピアにお店がありますね。
レゴの歴史はまだ100年も経っていませんが、
ジグソーパズルは250年くらいあるようです。
伝統があるということは
人々に支持されている証拠です。

どうかマスターピース様には
子どもの知的レベルの向上を応援してほしい。
そして困難に負けない・挫けない心を持つ
たくましい子どもの成長を支援してほしい。

以上になります。
お読み下さりありがとうございました。

山田

(返信が来ました)

山田様

この度は
ジグソーパズルのお店マスターピースに
お問い合わせいただきまして
誠にありがとうございます。

お問い合わせ内容
ご確認させていただきました。
ご意見いただきまして
誠にありがとうございます。

頂いた貴重なご意見は
今後の運営の参考とさせていただきます。
引き続きジグソーパズルの
お店マスターピースを
ご愛顧のほど、
よろしくお願い致します。

::::::::::::::::::::::::::::

株式会社マスターピース 販売促進室
mailinfo@masterpiece-shop.jp

(ここまで)

定型的な返信ですので
おそらく危機感を感じていないのではないか。

「物品販売⇒子ども教育事業」

この事業転換は相当に難しい。
なぜなら人は過去の延長線上でしか
思考と行動ができないから。
(頭の切り替えは大人になればなるほど無理でしょう)
だから私は変わってもらおうとは思っていません。
ただのお節介でした。

ところで、もし
LEGOがブロックおもちゃだけを販売していたら、
(つまりレゴランドを運営していなかったら)
あなたはどうなっていたと思いますか?

おそらくレゴは中国の偽物や模造品により、
倒産か瀕死になっていたと思います。

レゴランドを作ることにより
一定数のファンを固定化させ、
レゴ社のブロックで遊びたい層を確保できた。
(サンリオのピューロランドも同じでしょう)

私はマスターピースなどの中小企業に
資金のいるテーマパークをやれとは言いません。
テーマパーク化を目指して欲しいと思っています。

そんなこと言われても何をすればいいの?

SNSでつながり、共感によって
現代の孤独を癒やすことです。

人は寂しがり屋です。

「あなたと関係できて、私とても安らぐわ」

顧客を恋人のように抱きしめることです。

6月 202017
 

女子ゴルフ界の宮里藍さんが引退するようだ。

門外漢の私がどうこう言う立場にないが、
あらゆるスポーツには
勝敗があり順列があること知っている。

勝つ者がいれば負ける者がいる。
1位がいれば最下位がいる。

逆に言うと
負ける者がいなければ勝つ人は存在できない。
ドベやビリがいなければ優勝という言葉はない。

勝敗の世界で生きるすべての人に伝えたい。

「勝利の裏には負い目がある」と。

あなたがトロフィーを手にして
観客に向かって満面の笑みを浮かべる時、
私は悔しさと涙と汗がにじんだ敗者たちの顔を
他に見られないようにタオルで隠して
立ち去っていく姿を思い浮かべる。

「負けるのが嫌ならば最初から勝負をするな!!」

仏法を学ぶ私は憐憫の情を持ちながら激励もする。

いいじゃないか、ドベだって。
応援してくれる人が1人でもいたら
その人のためだけにやる。

オリンピックは
「参加するだけでも意義がある」と言われる。

いつからなんだろうね、メダルにこだわるようになったのは。
(アメリカでは金メダリスト以外は話題にもならないらしい)

ゴルフは選手生命が他のスポーツよりも長い。

近くの打ちっぱなし場では
連日オジサンたちでなかなかの混雑具合。

「ゴルフって子供から中高年まで年齢層が広いんだね」

老人会でゲートボールをやるくらいなら
ゴルフのスイングでもしてほしい。
アンチエイジングとしてもね。

(女子ゴルファー32歳)

予選落ち、結構じゃないか
現役バリバリの万年最下位、結構結構
スポーツ新聞の片隅に
小さい文字で載る程度の成績
話題の提供ご苦労様

俺、万年フリーターで頑張るよ(笑)

12月 312016
 

人工知能のことをAI(Artificial Intelligence)と言う。

近い将来にAIがさまざまな分野において
人間にできない領域を可能にしてくれるらしい。

あらゆる情報をインプットしたAIが
人間にしかないとされる創造性をも発揮できるとも。

その創造性って一体何だ?

つまるところ何かを創造するというのは
人に喜びや感動を与えることですよね。

そんなことならこの現実世界はすべて
創造に満ちあふれているではないか。

この物理世界をよくよく見渡してみろよ。

時空、光、音、火、水、木、風、大地、岩石、太陽、星、夜、青空、雨、雷、竜巻、海、山、川、生物…

これらを創造した神は超ぶっ飛んでいるぞ。
とんでもない奴だと思わないか?

畑に種をまいて果実がなる。

畑という機会を与え、
種という起因を考え、
果実という結果を恵む。

この一連の現象を規定した神の思慮深さ。
(そこには大いなる理由があるのだが)

科学者ども
“おもちゃ遊び”も結構だが、
自然界を裸で歩いてみな。

科学的思考を放棄した空っぽの頭で
世界をあるがままに受け入れてみろ。

一言だけ。

「すごいぞ」

12月 302016
 

人間、痛みを伴わないと行動しません。
大事なお金が減るという痛みは何とも言い難い。
しかしながら子の教育のために身銭を使うというのは
親が背負わなければならない愛情表現の1つだと思う。

「子への愛情無くしてどう育つものか」

ですが子供の貧困は昨今問題化されている。
私は学校教育で無償にすべきは
・読み・書き・計算
この3つの習得のみで十分だと思う。
あとは本人と親のやる気次第。

ここで小池知事に懇願したい。

「教師の質を上げるために税金を使ってほしい」

現在若い新任の先生(教師)方が
現場に頭を悩まし辞めていかれるそうです。
生徒にも問題があるが、
何としてでも学ぶ楽しさを教える人が必要です。

そこで教師自身が学ぶために
そのお金と時間を与えてやってほしい。
教師のメンタルフォローも大事です。

具体的には
・学校教育者の過度な残業禁止
・通信教育受講の義務化
・教師たち同士の定例交流会合
など。

子供の健全な成長を願うなら
教師である親がまず教育されないといけないが、
それには限界がある。

公の教育機関での支援により、
世界に伍する日本人の育成を何とも願いたい。

【追記】
公平に見ても日本人は優秀な民族の方です。
自信と誇りを持たせる教育が
今大事なのではないかと思っている。

(以下記事抜粋)

私立高の無償化、小池知事検討 年収910万円未満対象

【朝日新聞デジタル】12/30(金)

東京都の小池百合子知事が、教育機会の平等化のため私立高校の授業料の実質無償化を検討していることがわかった。世帯年収910万円未満を対象に、都内の私立高の平均授業料の年44万円を国と都で肩代わりする案を軸に、新年度予算に都独自の上乗せ分として新たに約140億円を計上する方針。庁内には慎重論もあるが、小池都政の目玉にしたい考えだ。

都によると、私立高の授業料無償化は大阪府が世帯年収590万円未満、埼玉県が同500万円未満を対象に実施するなど、全国に広がりつつある。都の案はより対象が広く、「他にない取り組みになる」(都幹部)。小池氏は7月の知事選で、都独自の「給付型奨学金」を公約に掲げていた。

都立を含めた公立高校の授業料は、民主党政権時代の2010年度に無償化された。都内の私立高校については現在、私立高生の半数の8万5千人程度にあたる910万円未満の世帯を対象に、収入に応じて段階的に国の支援金や都の奨学金を支出している。ただ、私学側からは「公立高と、なお自己負担のある私立高では差がある」と不満が漏れていた。

今回、都は現在の支給世帯に一律44万円を支出する実質無償化を検討。都内在住の私立高生に、都外の私立高に通う生徒も含める予定だ。都の支出は、現行の給付型奨学金が年約50億~60億円で、新たに約140億円が必要という。

私立高の授業料無償化は公明党が強く要望しており、小池氏とのつながりはさらに強くなると見られる。ただ、奨学金の拡充について、都庁内や都議会自民党には「多額の税金を使って中間所得層まで無償化することに理解が得られるか」「ばらまきになる」と慎重な声もある。舛添要一前知事も在任中、「給付制は反対。自立の精神がない。もらってそれでいい、ではモラルハザードが起きる」としていた。都予算案は来年1月下旬に公表され、2月から都議会で議論が始まる。
(伊藤あずさ)

7月 162016
 

また片桐さんのメルマガからです。
http://ryokatagiri.blog.fc2.com/
彼が言うには

「うつ病の人が多い」と。

うつになりやすい人の特徴

1、大嫌いな人と関わらざるを得ない環境にいる
2、やりたくない仕事を長期間している

彼の解決策はシンプルで答えている。

1、お金が得られるとしても大嫌いな人とは関わらない
2、お金が儲かるとしても絶対にしたくないことはしない

その通り。簡単ですね。

おそらく男性なら仕事のこと、
既婚女性なら夫かその家族のことでしょう。

私がきっぱり言う。

「そんな仕事は今すぐ辞めろ」
「ストレスになる旦那ならきっぱり別れろ」
「舅・姑がそれほど嫌ならその家から出ろ」
「束縛から解放させろ」

なぜなら会社(仕事環境)も他人も変えることは不可能。
絶対に不可能ですから。

私は詐欺だけは絶対にしないし、
詐欺師には近寄らないし、
仕事場での威圧的な人とは心を閉ざす。

私は結婚をしていないので
既婚者へのアドバイスに躊躇するがあえて言う。

自分のパートナーはきっと変わってくれると思ってるだろ?
絶対に変わらないぞ。
なぜなら痛い思いをしないと人間は変わらないから。

酒飲み・ギャンブラーを変えられないし、
浪費癖もDVも直せない。
いじめっ子も犯罪者も詐欺師もいなくならない。

自分を変えるしかない。
自分の居場所を変えるしかない。

だから自分を苦しめるものを切れって。
スッキリしたところで再スタートだ。

ということで分かったことがある。

「うつ病の人は自分を苦しめるのが好きな人」なんですね。

そんな人はいつか他人を苦しめる犯罪者に変わる。
(というよりすでにもう周りが迷惑しているらしい)

どうか私のそばへは寄らないで下さい。

12月 312015
 

スポーツやビジネス、
家庭や企業内、
果ては法廷上でさえ
違反や反則が行われている。

ドーピングや禁止技
著作権違反や偽装、隠ぺい
職務放棄・勤務怠慢・冤罪

世界中至るところで
あらゆる種類の場面で
誰彼問わずに横行している。

中でも法の番人である裁判官の冤罪・誤審には、
流れる涙も拭いきれない。
無実の死刑判決はどんなに苦しかろうことか。

「どうして人は過ちを繰り返してしまうのか?」

弱さがあるからだ。

下馬評、優劣、惰性、逃避、放擲

それらの弱さを分析すると、
揺るぎない『絶対軸』を持てずにいるからだと
私は断言するに至れる。

絶対軸=大いなる生きる意味

人の定めし法規では
人は弱さを克服できない。
そこには人生に活力を与える真理が
完全に忘れ去られ、
人の存在を亡霊のように浮遊させているからだ。
法律の中に幸福はない。

「どうすれば弱さを強さへと変換できるのか?」
「絶大なる真理なるものが果たして存在するのか?」

人は法律の中で生きているのではなく、
実は愛という律法に包まれて生きている。
愛されるべき人という魂であるからこそ、
人は法律というおもちゃを作って遊ぶことも許される。

魂の本質である愛は
森羅万象すべてに満ち満ちており、
人のみが愛を放出できる資格を有する。

魂は人の本性であるがゆえに
人を成り立たせているのは愛なのだと導ける。

違反者は弱さがあるのではなく、
不死なる永遠の存在、霊魂を知らないだけだ。

気づきさえすればいい。
それからそれに相応しくなればいい。

永遠に生きる魂には
猶予期限の設定はされていない。

さあ、のんびり行きましょうか。