8月 172017
 

現在世界人口は73億人。
あなたはそのうちの1人です。
(独りと書いた方がいいのかな)

あなたは自分をそこらにいる
つまらない人間だと思っていませんか?

カラー写真は19世紀の後半に誕生しました。
それに驚愕、恐怖したのが画家です。

写真のない時代が続く中で、
貴族たちは自身の肖像画を描いてくれと
人気画家に依頼する。
商売があった。生計が立った。

そこに写真が登場したことで
画家たちはお役御免とお払い箱にされた。
画家たちは真っ青になり、
これでは絵描きとして食えなくなると
落胆し失望し転職をはかった。
どれだけの画家が失業したのだろうか。

それでも食えない職業の画家は
屋根裏部屋に引きこもり、
世の中に巻き返しをはかるために
印象派という新風を起こした。

ドガ、モネ、ピサロ、セザンヌなど
写実主義とは異なる表現で世に問い、
美術史を支え、その消滅から救った。

18世紀の産業革命による工業化は
都市への人口流入を押し進めた。
それは人々の孤独を深める。
「個」が埋没し、統計と化し、
あなたは”It”になり果てるからだ。

あなたが私と同じ場所で同じ時間に
目の前にある風景をカメラに撮る。
ほぼ同じであろう。

だがキャンバスに絵の具を塗り込めれば
全く違う作品が出来上がる。

どうしてこうも違うのか。
脳の構造はほぼ同じであろうに。

人の持つ役割が違うからである。

あなたの眼に写る風景はあなたの世界。
その世界を統治するのはあなたの「個」

無数にある人々の「個」は
その相違を知り、泣き、笑い、
時に衝突を繰り返す。

それでも個は知っている。
私の個は寂しいのだと。

あなたの個が私の世界に訪問した瞬間、
私の個は癒やされる。

私はあなたに貢献したいのだ。

1月 142017
 

ヤフーニュースでこんな悲しいことを知った。

中2女子が飛び降り自殺か「楽しいままで…」さいたま市

フジテレビ系(FNN) 1/13(金)

12日午前10時半ごろ、
さいたま市の中学校の校舎の下で、
中学2年の女子生徒が倒れているのが見つかり、死亡した。
女子生徒の遺書には、
「いじめや家族間のトラブルではない。楽しいままで終わりたい」
などと書いてあったということで、
校舎から飛び降り自殺したとみられている。

私はクリス岡崎さんのことを思い出した。

この本にあるのですが、著者の岡崎さんが
なぜ日本で億万長者を輩出する活動を続けているのか。
10代の男の子が大人になっても楽しいことがないとして
自殺してしまったことがきっかけだそうです。
日本にカッコイイ大人が増えれば10代の自殺から
1人でも助けられるのではないかと。

上の記事では中2の女の子が
高校受験の恐怖もあったろうと思うが
希望が持てずに自らの手で天国へと。

これは日本が見直ししなければならない教育問題だ。

私は2011年12月にこんな記事を書いた。

「僕は日本人に生まれて恥ずかしい!!」
そう子供に言わせてしまってはお終い。

もし多くの子供たちが大人達に向かって
そう叫び始めたならば、
日本は滅亡するね。
間違いなく。
天然資源が乏しくほとんど何もない島国だから。
あるのは日本人という資源くらいしかないのだから。

『子供が夢も希望も持てない国』
『人間同士が互いを罵り卑しめる阿鼻叫喚社会』
(何だか今その芽がすでに出ているような…)

我々は絶対そんな日本社会を作ってはいけない。
俺たちにはその責任がある。
これからの日本を担う若い世代は、
真剣にこの国の行く末を考えなければならない。

ここで滅亡するよと断言しているのは
今読んで我ながらゾッとしました。

私は仕事の出勤時に
高校生の自転車通学にぶつかる。
皆顔が重たい。
学校が楽しいものではないのだろう。

大人である私たちが子孫のために
日本に生まれてよかった!!
日本人で幸せだ!!
と子供たちに思ってもらえるようにするには
何をすればいいのか?

子供がいようがいまいが関係ない。
自分はいつも見られていると思って。

まずは自身がニコニコと生きて
その生き方や背中を見せること。

「生きざま=芸術作品」

望むなら受け継がれるべきものであってほしい。

3月 292015
 

アントレプレナーとは、起業家の英語読みです。
ここではイノベーション(経済革新)の担い手とします。

ビジネスにおける営利活動は芸術そのものだと思う。
芸術が人に感動をもたらすものならば、
ビジネスは顧客に感動を提供してその対価を得ている。

昔、お弁当は冷めているものが常識だった。
それを誰も疑問に感じなかった。
だが「ほっかほっか亭」の創業者が
温かい弁当の方がおいしいはずだという信念によって、
「ほか弁」屋さんを埼玉で開業した。
当初は集客などに当然頭を悩まされたことと思う。
それは1度でも独立開業をした者なら想像に難くないだろう。
今では弁当を温かくしただけのその発想が
全国に知るところとなっている。
これはイノベーションを起こした事業の1つです。

もし芸術が真・善・美なるものに近づくため
創造的破壊を繰り返しながら
新しい文化領域を我らに指し示すものならば、
起業家というアーティストは経営を通じ
経済という領域に新しい価値を提供していると言える。

だとすると起業家は金銭を目当てとしてはならないことになる。
カネのために芸術をするならば、
真・善・美よりもカネを優位としてしまうからだ。

「お金はアートのための道具」

私は世の経営者に切望している。

事業は芸術であってほしい。
ビジネスマンはアーティストであってほしい。

今世界においては、新しい経済の担い手が待望されているのですから。

2月 262014
 

Rock:(前後左右に規則的に)揺り動かす
Roll:(回転運動を)する、転がる

『Rock and Roll(Rock’n’Roll)』

つまりロックとは心や体が動くということです。

「音楽の世界のロックとは何だろうか?」

私が思うに、
既存の価値観をぶっ壊わして
未知なる新しい自分の生誕を祝福する饗宴ではないかと考えている。

我々は記憶の中にたくさんのゴミを抱えている。
時にそれは己を破壊し、他人を苦しめる。

「常識をロックさせよ」
「躊躇するトリガーをはずしてしまえ」
「足枷まみれの過去なんていらない。消し去れ」

雷雲が轟き、地は割れ、海荒れ狂い、山は沈む。

卑小なる自分はもうたくさんだ。
囚われから破り抜けよ、そして強大なる自己を封切れ!!

今や巨岩さえも動かせる
ロックミュージシャンの役割は大きい。
めげるな。

2月 092014
 

愛されるという実感が足りないと思えば、
「愛されたい!!」と求めればいい。
恥ずかしいことではない。

昔も今もこれからも
そうして人は愛を求め彷徨して行くのですから。

(過去のブログから抜粋)

芸術家よ、『愛』というテーマで作品を作れ!!

そうすれば長い年月にわたり、人々の記憶に残るだろうから。

過去の作品で今日まで残っている作品には
いくつかの特徴があるのです。
『人間愛』
『人生賛歌』
『信仰心』
『魂の迫力』
『生命力の謳歌』
『運命への挑戦』
『輝かしい未来』

例えば『聖書』。
全世界で最もよく知られた本ですよね。
モーツァルトの音楽、イタリアの宗教画、日本の仏像etc…
どれもこれも『人生を肯定している』ものばかりです。

生きることを『肯定』するもの全てが、
骨太な芸術作品として語り継がれていくのです。
—–

生きることは何と尊いことだろう。
幾多の苦難を乗り越えてきた人類の歴史を想うと、
私は「生きることは愛そのものであり、歴史とは感動のアルバム」なのではないかと
しみじみとなって泣けてくる。

我々はすべて人生の芸術家です。
どんな人生を歩もうがそれは「偉大な作品」として我らの魂に刻まれる。

我ら芸術家よ、アルバムの1ページに花を飾れ!!
一輪の花こそが魂を揺り動かす。

12月 232013
 

ドストエフスキーというロシアの文豪がそう嘆いている。

江原啓之さんは声楽を勉強したいという思いで
18歳の時ある指導者のところへ訪ねた。
アルバイトで生計を立てる若い貧乏青年にその指導者は何とほざいたか?
「お金も才能のうちですよ」だって。
このカスの教える音楽には、愛なんてないんだよ。
絶対響かない。
感動なんて粉微塵も感じない。
金目当ての芸術なんてすぐ廃れる。

ところで世界には
貧乏だけど才能あふれる人がわんさといる。
特にこの二極化が進む現代社会においては、
才能が開かれずに眠らせたまま死んでいく人も多いだろう。

「もったいない」くねぇか?

その才能が世界を美しくするものだとしたら、
自分の子孫に明るい社会の中で生きてもらえる。

『才能は世界の無形文化財』

それを発掘することができれば
あなたは世界に貢献したことになる。

ところで私が情報企業家に
「最高のものを無料で提供しなさい」と言っているのは、
実は眠れる才能を開花して頂きたいという願いもある。
もちろんお金は後から受け取ればいい。
無くても恩恵は必ず返報されるから安心したまえ。

学生諸君には未来に希望を抱いてほしいと私は考える。
が残念ながら日本の教育ではせっかくの才能を画一性によって殺してしまう。
私たちがそれの代わりに新しい教育の在り方を探求しなければならないと思う。
そこでも金がいるな。
私は自分の収入を上げていかなければいけないと思っている。

10月 252013
 

ベストセラーということは多くの本が売れたということだ。

「多くの本が売れた=たくさんの人が買った」

しかし

「買った」=「読んだ」とは限らないし、

ましてや

「読んだ」=「感動した」ではない。

つまり

「ベストセラー=感動できる本」

とはならないのです。

ロングセラーというと『古典(クラシック)』がある。

が、この多産多死の時代に古典なものが創り出せるわけがない。
だからアーティストは何を求めてアートするかというと、
『この今ある人を感動させてその人生を激変させてやる』ことに意識すべきだと思う。

元フォレスト出版編集長の長倉顕太氏はベストセラーにこだわっている。
無理もない売れなければ飯が食えないからね。
だがそれではダメなんだ。
オマンマのためのアートでは何の力もない。

長倉氏は現代人がコモディティ(モノ)化している現状を危惧している。
私もそうだ。
ベストセラーで注目させて本を買って読んでもらうこと、それもいい。
が1度読んで終わりなんて何もハートに響いていない。
販売開始1か月で中古本行きというのはそういうことだ。
そんな本を売りまくっても仕方がないではないか。

世界を善き方向へと導きたい。
そのための手段として本の執筆は大いに結構だ。
が薄っぺらい内容では人は動かせない。

「たった一人すらも変えられなくて世界は変えられないよ」

書物には人を救う力がある。
(現に私も救われた)

はっきり言って本を書いても儲からない。
それでもいいじゃないか。

『人の記憶に長らく愛される本』

自分の書いた本が、読者の最高の友になってしまうと成功だと思いますよ。

(追記:本の売り方のアドバイスは次を読んで

10月 082013
 

他人の情報商材を売りたい場合、
トップアフィリエイターの多くは「特典」を付けてくる。
その特典をエサにして自分から買わせたいからだ。
アフィリ報酬のために。

その特典はメルマガには紹介していない「優良なコンテンツ」なはずだから、
そうなると

「その人のメルマガは100%本気を出して書いていないってことだよね?」

100%自分のすべてをさらけ出したメルマガ、
魂からほとばしる熱いメルマガ、
読者にぶっちぎりの感動を与えてやろうとするメルマガ、

ではないってことですよね?

それならば読者にしたら
「全身全霊を懸けて読まなくてもいいメルマガだから、適当に読めばいい」と言えますね。

読むべき本はいくらでもある。
マンガにも素晴らしい本がある。
映画だっていいのがいっぱい。

下らぬメルマガを読む暇があるならば、
マンガでもいいから読め。

売れないマンガ家でも、
「いつかやったるで」と必死で描いている。
お金や名声でなく、『感動の嵐』を巻き起こしたくて。

私が一番に開封するメルマガは和佐大輔氏のものだ。
最近は人と人とのリアル交流に注力している。
がそれでも本を書くという念願があったそうで、すでに予約した。
彼の処女作、楽しみです。

6月 302013
 

文学本や音楽などの芸術作品は
「売れた=感動を与えた」ということではない。
もちろんたくさん売れた方が収入が増えるし、それだけ興味のある人が多いということも言える。

『売り上げ1位』にこだわりたい気持ちも分からないわけでないが、
そんなものはアーティストの目指すべきことではない。
アーティストは人の心に感動という革命を起こすことに注力すべきだと思う。

この南原社長の本は「日本人3000人を起業させる」ために書いたとある。
これを読んで3000人が実際に会社を辞めて起業したのか分かりませんが、
もし3000人の起業家が誕生したらすごい革命本です。
(おそらくその気になった人が3000人で、100人くらいが起業したのではないかな)
レビューはちょっと否定的ですが、1人の人が起業したいと言っている。
ただ今中古で1円というところを見ると
日本で起業するという行為は根付いていないと思われます。

『革命は難しい』

アーティストは芸術という武器で「現状維持」を壊さなければいけません。
感動は安易な道で得られるものではないのですから。
それはイエス・キリストを見れば分かってもらえると思う。

5月 032013
 

大物音楽プロデューサーの作曲料は高い。
たとえお金を払うことができる金持ちであっても相手にしてくれない。

だからインディーズや無名作曲家は
個人が制作するYoutubeのオープニング(エンディング)の曲を作れば売れるよ。
Facebookでピーアールすればお客さんは集まると思う。
メルマガ発行者にお願いしたら宣伝してくれる。
代金は3か月後にでも待ってもらえばいい。
(待ってくれるよ。なぜならメール1本流すのに費用はほぼタダだから)

今やYoutubeは個人の情報を流す、なくてはならない大切な媒体となった。
それを愛用している事業家や企業も多い。
もっといいものにしたいと考えるのは今後の流れになる。
音楽を付ける。
だが著作権のある音楽を勝手に使うと違法だから訴えられる。

『Youtubeを自分だけの個性的なものにするために音楽がほしい』

値段は交渉する。
儲かったお金は音楽活動に使えばいい。

こんなビジネスはすでに誰かがやっていると思いますが、
まだまだ需要はあります。
稼げ。

アーティストは貧乏がサマになるというケチな考えは捨てて、
金持ちアーティストになれ。
村上隆さんのように。