10月 282018
 

東京の南青山に「児童福祉施設」を建設予定らしい。
(建設費用:100億円)
それに対して地元住民の一部が反対。
その理由の1つは場所がブランドが集まる一等地だから
(下の地図参照)
商業施設を建設した方が街の発展につながる。
児童施設ならば他の二等地でも十分ではないか。
なんでわざわざ青山に?

私の意見は建設反対です。
では何を提案したいかというと
そこに「原子力発電所」を作る。
そうすれば東京都民(約1200万人)は
嫌でも原発問題を考えるようになるだろうから。
(現状、原発の設置場所はすべて地方の田舎にある)

もしくは「ゴミ処理施設」でもいい。
児童施設よりも切実な問題である毎日出るゴミをどうするか。
これは貧富の差など関係なく、
誰しも真摯に向き合って解決すべき危急の問題です。

みんな臭いものにはフタをしようと
自分の目の届かない場所に置きたがる。
(日本人だけではない)
そうなると問題を解決しようという気持ちが起きない。
だから一向に解決していかない。

「臭いものは目立つ場所に置け」

青山で原発建設がダメなら
原宿でもいいぞ。
(これがほんとの原宿)
ゴミ処理場なら浅草でもいい。
(ゴミくさww)

首都東京に原発や大型ゴミ処理施設を建設すれば
東京から人口が流出し、
地方へと流れていく。
過疎化問題を解消できるし、
一票の格差も是正される。
いいアイデアじゃん。

ところで青山に児童福祉施設を建設しても
児童問題は解決できない。
刑務所を作っても犯罪が無くならないと同じ理由です。

学校では相変わらず「いじめ」という犯罪が起きている。
職場でもセクハラ、パワハラ、男女差別、リストラ、成果いびり。

それが起きてしまう根本にある原因というのは
「異物排除」の感情だと私は考える。
自分と異なる人間や価値観を邪魔だとみなす狭量な思考。
これが人間に備わっている限り
「臭いものにはフタを」は永遠に継続されていく。

どうすればこんな人間たちを変革できるのか?

私の1つの意見として
「火葬場」を商業エリア(駅近)に建設することです。

『私もあなたも死ぬ』

この逃れられない事実を
すべての人間に思い知らせるために
火葬場を目立つところに置くことです。

煙突から狼煙のように立ちのぼる死者の灰を
通りすがりに見上げてため息を漏らす。

「あぁ、俺もいつか死んで灰になるんだな」

そうなれば嫌でも自分の生き方を見つめ直す。
他者の生き方も参考にするようになる。
同じ死を背負った同類として。
敬意を持って。

死は平和への条件だった。

9月 172018
 

ジョン・ブリンクリーという
ニセのインポ薬を売りつけた
天才的詐欺師のことが書かれている
ダイレクト出版の本を読んでみた。

英語版Wiki

ドキュメンタリー映画(字幕)

「21の原則」を列挙してみる。
(これを読んだだけで分かる人は勉強家です)

1:権威によって自分をアピールする
2:アイデアを行動に変える
3:大胆な自己宣伝
4:思い切った治療の約束
5:深い意味を売る
6:メディアを使って上昇する
7:メディアを使って自分を拡張する
8:適切に準備ができた見込み客に売る
9:信じたがっている人々に信じる理由を与える
10:飛び切りドラマチックな成功例にスポットを当てる
11:大胆不敵さと壮大な計画ととてつもない約束
12:価格を意味のないものにする
13:エリート意識を利用する
14:ニュースを作る—ニュースになる
15:自分のための時と場所を見つける
16:持っているものは何でも利用する
17:戦う人として称賛される
18:強力なポジショニングを実行する
19:挫折に創造的に対応する
20:執拗なフォローアップ
21:システムを完全なものにする

ヤギのタマをアソコに移植して…
現在では誰もそんなことを信じる人はいないが、
当時の医療技術では
「もしかしたら・・・治るかも・・・」
そう信じる人が出てきたとしても仕方ない。
今も昔も変わらずインポは男性にとって大きな悩みだった。

「溺れる者は藁をもすがる」

これを上手く利用して詐欺をする人間は
今の時代にも多々います。
今後もいなくなることはないでしょう。

本の内容を要約すると
「いかに信じさせるか、信じ込ませるか」
「信じてくれる人は誰でどこにいるのか」
これに尽きるような気がします。

つまり「信」さえあれば儲かると。

カルト宗教で信者からカネを巻き上げられるのも
教祖や信条を信じる信者がいたから。

もしあなたがお金を儲けたいと思うなら
必ずお客さんに信頼してくれるような自分になること。
(信用よりも信頼の方が価格を上げられます)

どんなに商品が良くても、
売る人に信用・信頼がなければ
少なくとも私は買いません。
逆に商品が少しくらい劣っていようとも
売り手に信頼があれば
(売る人を応援したいという気持ちがあれば)
迷わず買ってしまいます。

商品がいいかどうかなんて
買ってみないと分かりませんから。

信用・信頼というのは
即出来上がるものではないです。
長い時間をかけて構築していく必要がありますが、
手っ取り早く買わせたい詐欺師たちは
初対面の人にでも買わせるために
3つのことを意識して売り込みます。

・緊急性(今すぐ買わないと…)
・希少性(世界に10個だけですよ)
・限定性(あなただけに特別ですから)

とにかく詐欺師は買い手の感情を揺さぶってくるから
冷静な論理性を持って思考することで
詐欺師を撃退して頂きたいが、
おそらく独りきりの場合は回避できないでしょう。
信頼できる相談相手がいると良いです。
(ここでも信頼ですね)

ところで富豪たちは何のために売るのか知ってますか?

平凡一般な大衆は売上げ(利益)のために売る。
希少存在である富豪は顧客を作るために売る。

信頼してくれる顧客がいれば
いつでも何でも売ることができて、
利益なんて簡単で楽に手にできるから。

9月 082018
 

私がApple Storeで買ってもいないアプリで
キャンセルを促してIDを盗もうとする
新しい詐欺手法です。

「ここでキャンセルする」をクイックすると
本物そっくりのページに誘導しますが、
細かいところまで作り込んでいないのでバレバレです。

漢字が使われているページや
アプリのゲームの名前Bang Bangから判断して、
犯人は間違いなく中国人でしょう。

犯行が巧妙化している。
こちらもまんまと騙されないように
知識と判断力を養っていく必要があります。

(画像下部:渡しのAppleだってww)

7月 142018
 

いきなりこの画像に切り替わって
ギフト目当てで質問に答えていくと、
Googleアカウントの入力を促される。
これは詐欺ですから
入力はしませんでしたが。

よく見るとGoogleのGが変です。
それに7月145月24とある。

完全に詐欺だ。
日本語がうまいので騙される人もいるのではないか。

あなたに言う。

「詐欺はこの世から無くならない」
「知能と推理力で詐欺かどうかを見抜け」

この世界は少しずつだが良くなっている。
詐欺や犯罪が全く起こらない世界に近づいている。
そんな理想を実現できるまで
私は決してあきらめない。
すべての人に宿る霊魂は善だからです。

5月 032018
 

有名歌手を狙った詐欺ニュースを知りました。

(以下)
歌手の郷ひろみさんの80代の母親が、
郷さんを名乗る男らに
現金200万円をだまし取られていたことが30日、
警視庁目黒署への取材で分かった。
同署が詐欺事件として捜査している。

同署によると2月5日、
目黒区内の母親の自宅に、
郷さんを名乗る男から
「かばんを盗まれた」と電話があった。
翌6日までに「かばんは見つかったが、現金が必要だ」
などと複数回電話があったという。

郷さんの事務所関係者を名乗る男が同日、自宅を訪れ、
母親は現金200万円を手渡した。
母親が郷さん本人に確認して被害が発覚した。
(2018/04/30)

この記事を読めば分かりますが、
犯人はなぜか郷ひろみさんの母の自宅を知っている。
通例、芸能事務所は芸能人のプライバシーを明かすことはない。
変なファンとのトラブルを避けるためです。

郷ひろみ氏のWikiを読むと
本名が「原武」とある。
周辺住民はあそこの家に
「郷さんの母親が住んでいる」ということを
世間話から知っているのでしょう。
だから犯人が住所を特定することは
比較的容易だったと思われます。

詐欺でお金を盗むには
まずターゲットを決める。

1、大きな現金を持っていること
2、頭の弱い人

この2点を満たすのは、有名人の高齢な親。
(疑心を持たない女性は絶好のカモです)

郷さんの母は電話を受けた後から
犯人が家にやってくる前までに
対策するだけの時間はあった。
変だと思ったら息子本人に確認も取れたし、
勤め先である事務所へ直接電話確認もできた。
現金がからむことなのに
そこを変だと思わなかったのは
思考力の低下だと思われる。
過去に彼女は美容室を経営していて、
お金というものの恐ろしさを知っているはずなのに。

「老いによる思考力低下には抗えない」

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)というのは
21世紀に入ってから有名になった。
現在2018年でもこの犯罪被害は無くなっていない。

なぜ無くならないのというと
日本は高齢化社会だからです。
それは今も進行しているので
上記のような詐欺は今後も無くならないし、
もっと巧妙な頭脳的詐欺は増えていく。

詐欺師を無くすことは
ネズミを絶滅させるくらい難しい。
ほぼ不可能。

ではどうすればいいのかというと
信頼できる人を1人は必ず持つことです。
(1人でいいから持つ)

郷さんの母はおそらく一人暮らしだったと思う。
しかも困った時に頼れる人がいない。
息子は仕事で忙しいので邪魔したらいけない。

「お金があっても安心ではない」

祖国を世界一住みやすい国にすること。
高い税金を払ってでも住みたいとされるような。

詐欺から日本を守るぞ!!
俺一人になっても。

【追記】
上に挙げた詐欺する相手のターゲットに加える。
3、一人暮らしの人

4月 152018
 

私の携帯電話のCメールに
こんなメッセージが来た。

コンテンツ利用料の未納が発生しています。
本日ご連絡無き場合、
法的措置に移行します。
窓口03-6328-3940

私は身に覚えがないので
ネットで調べてみると
詐欺の疑いが高いとある。

文面を読んだら分かるが、
挨拶文がない。
誰なのか名乗らない。
何のコンテンツなのか明示していない。

「ビックリするほど怪しい」

まさか電話連絡する人はいないと思うが、
バカ正直な日本人なら
誰かがひっかかると思う。
100人いれば1人くらいは。

※どうか不審なCメールは無視して下さい。

どうして詐欺をする人がこの世にいるのか?
あなたはそう疑問に考えることがあると思う。

残念ながらこの世界の悪意は善意よりも強い。
悪意に向かって勝とうと思うな。
あなたが常に心がけるのは
悪意に染まらないこと。

傘を盗まれて、今度は傘を盗む側に回る。
これでは日本は盗難国家に没落してしまう。

孔子「自分がされて嫌なことは他人にしないこと」

悲しいかな、
2500年前に諭した孔子の教えでさえも
現代人には通用されていない。

善であり続けるのはとても困難な道です。

ヘビの誘惑の甘言に釣られずに
どうすれば不動なる善をぶっ建てられるのか?
自己の中心に。

善悪を超越することです。
善悪を区別しない慈悲なる神を
自己の内に見出すことです。

悪ですら許しの抱擁で受け止めてくれる
阿弥陀の懐で生かされている我々凡夫。

「望むがままに」

私はそれを許したい。

12月 312017
 

料理の作り方が気に入らなかったら
もう2度と来店しなければいいだけのことなのに
店のオーナーを暴行殺人した2人の中年男性がいる。

客は神様ではない。
ナメられたらアカん!!

特に庶民相手の商売においては
とんでもない困った客がいるものです。

「もし危害を加えられたら反撃せよ」
(正当防衛になる)

対策としては
日頃から格闘技を習っておくこと。
もしくは用心棒を雇うこと。
幸いにもここは日本で銃社会ではない。
空手の技でも十分に通用します。

残念ながら暴力は無くならない。
ヒトは動物だから。

殺人をした2人は
その動物から人へと
せっかく生まれ変われたというのに
本能を統御できない幼い魂の持ち主だった。

まだまだ人類は反省が足りないようだ。

ちゃんこ店暴行死 謝罪する経営者を殴る蹴る
朝日放送【12/31】

滋賀県草津市のちゃんこ料理店で、
経営者の男性が客の男2人に暴行されて死亡した事件で、
男らは、謝罪する経営者を執ように
暴行し続けていたとみられることがわかりました。

浜野慶治容疑者(46)と関一也容疑者(45)は21日夜、
草津市内のちゃんこ料理店で、
経営者の糸岡真二さん(60)に殴る蹴るの暴行を加え、
死亡させた疑いが持たれています。
2人は、「従業員の雑炊の作り方が気にくわなかった」などと供述。
別の場所にいた糸岡さんを呼び出し、
暴行を加えたとみられます。
捜査関係者によりますと、警察官が店に駆けつけた時、
糸岡さんは顔から血を流し、
うずくまった状態だったということです。
現場にいた人は、
「糸岡さんは、『堪忍して下さい』と複数回、謝っていた」
と証言していて、
警察は、謝罪して無抵抗な状態の糸岡さんに、
2人が暴行を加え続けたとみています。
(以上)

12月 242017
 

「なぜ人は詐欺話にまんまと騙されるのか?」

お金を払えば、
それ相応の対価を受け取れるという
そんな経済システムの中に
我々はどっぷり浸かって生きているから、
まさか人が詐欺をするとは考えていない。

もし「隣りを見たら泥棒と思え」が
一般常識化していたら我々の生活はどうなる?

あなたはブレーキが故障している車を買うだろうか。
食中毒になる弁当をお金を払って食べるだろうか。
鉄筋が3本しか入っていない高層ビルに住むだろうか。

(今はどうか知りませんが)10年前の中国で
フランス産ワインの空き瓶を拾ってきて
それに水と薬品でそれらしい液体を作り、
フランスのワインと称して販売する人がいたそうです。

2、3年前に来日ツアーの中国人の爆買いがあったが、
中国でも家電は売られているし
食品だってあるのにも関わらず、
なぜわざわざ日本まで来て買うのかというと、
中国では偽物や不良品が多いから
高くても品質のいいものを求める中国の金持ちは
自国の商品を買う気になれないのです。

なかでも日本の粉ミルクは重宝したそうです。
自分の赤ちゃんに変なものは食べさせられないのは
どこの国の親も同じです。

幸い日本ではワインも粉ミルクも安心安全な飲み物で
それだけでも日本に生きていることは幸運なことです。
感謝です。

それが今、食品回収や車のリコール、
不正品質やデータ改竄など、
「日本企業の中国化」が進んでいるのではないか。
私はモノ作りJAPANの失墜と
廃棄物化するモノが世界を席巻していくのが怖くて仕方ない。
本当は「中国製造業の日本化」でなければならないのに。
品質をよりよく向上させる産業分野が
新しい社会生活を支えていかなければならないのに。

「なぜ人は信用を裏切るようなことをするのか?」

・欲望の実現
・将来の不安の払拭
・今が楽しければよいとする刹那主義

お金さえあればこの3つを叶えられると思い込んでいるから。

お金そのものが信用で成り立っているものだと
どうして分からないのだろうか。

不信社会を放置していけば、
詐欺をしたら自分も詐欺に遭うし
不良品を売ったら不良品を買わされる。

資本主義はヒト・モノ・カネが三要素だが、
新資本主義は信用・信頼がものを言う。

今あなたのしているビジネスは
顧客から信用を得られる行為ですか?
経済社会から信頼される仕事ですか?

もしNOならば、今すぐ止めよう。

12月 142017
 

今貴乃花親方と日本相撲協会の間に軋轢を生じている。

事の発端は貴乃花親方の弟子である貴ノ岩が
横綱の日馬富士に頭を殴られケガをしたことから。
(二人ともモンゴル出身)

どんな理由があって日馬富士が
貴ノ岩を殴ったのか私には分かりませんが、
事実として重く受け止めた貴乃花親方は
相撲協会にその「事件」を報告せずに
警察に被害届けを出した。

なぜ親方は協会に報告しなかったのか。
自らも力士として角界で横綱まで昇進し、
現在も親方として相撲の世界に携わっているのに、
なぜ相撲協会という団体を無視するのか。

答:相撲協会が隠蔽体質の汚れた組織だから。

警察に行く前に協会に報告すれば

「横綱がそんな不祥事を起こすのは世間体に悪い」
「何とか内輪だけで穏便に処理し、外部に知られるな」

とされるのが分かってしまったから。
貴ノ岩の告白によって。
(彼の親方への信は厚い)

どんな告白だったのか。
私の想像でしかないのだが言わせて頂く。
(妄想であってほしいのだが)

日本人の力士はモンゴル人力士になかなか勝てない。
だから相撲協会からモンゴル力士に

「すまないが、わざと負けてやってくれないか。
日本人力士が勝たないと相撲の人気が出ない。
そうしないと興行収入が…」

という八百長を貴乃花親方は知ってしまった。

自身も実力で横綱まで登り詰め、
本気でぶつかり合う相撲道が
今や汚れ切ってしまっているのを知ると、
相撲協会の腐敗ぶりをとても許す気にはなれない。

相撲協会に身を置いているはずの貴乃花が
協会に対してだんまりを決め込んでいるのは
確固とした理由がある。
彼が愉快犯のように世間をお騒がせする男だと思うか?
そんなことは決してしない。
彼を変人扱いするのは知恵の浅い者だ。

相撲という日本の神事が汚れている。
それをずっと放置すれば
相撲の存在そのものが危うくなるだろう。
手遅れになる前に全部さらけ出して
禊(みそぎ)を済ますべきではないだろうか。

悪事はいつか露呈されるものです。

2017年も企業の不祥事が相次いだ。
そこからいかにして信頼を回復するか。

新生のための変革を切望する。

8月 152017
 

村上敏明さんのこの記事を読んだ。
過酷な状況の中で下した自身の判断に
今も悔やみ怖じ気づいている。

彼は過去の活用を誤っている。

私は過去(トラウマ)に苦しむ人に伝えたい。

過去を嘆いている時間の代わりに、
今あなたの目の前にいる人のために
あなたの力を存分に使って喜んでもらおう。

私たちのほぼ100%は過去世の記憶がない。
知ろうとしても思い出せない。
(私もそうです)
それはどういう意味かというと

人に過去は必要ない。
あっても魂の向上にとっては邪魔になる。
なぜなら後悔は前進する足を鈍らせる。
それならばこの瞬間の連続の中で力一杯生きる。
生きて1つである人類魂に貢献する。

過去の使い方は後悔ではない。
滅私のためのバロメーターだ。

「我欲に生きたら過去の人」
「人類愛に生きたら未来の人」

我らに未来はある。
魂の統一だ。