8月 032013
 

香りの正体とは、化学物質の微粒子です。
カレーは食べられるが、柔軟剤は食べられない(飲めない)。
だからカレーの匂いは体に害はないが(インド人は1日3食ともカレーらしい)
柔軟剤に付加されている香りは害になるのです。

「臭いに敏感な日本人は潔癖過ぎなんです!!」

自分のウンコの臭いをもっと嗅げ!!
あんな臭いものが腸の中に納まっていたのですから
汗の臭いくらい我慢せよ!!

(以下ヤフー記事から)

洗濯に使われる柔軟剤の香りで体調不良を訴える人が増えている。
国民生活センターによると、柔軟剤の香りで
「鼻やのどが痛くなる」
「気分が悪くなる」という相談は、
2012年は48件と、09年の5件から急増した。
最近の柔軟剤は香りが長く続く「高残香」タイプの製品が人気を呼んでいるが、
関係者は過度の使用に注意を呼びかけている。

シックハウス症候群や化学物質過敏症の患者を診ている札幌市のクリニックでは、
電車やバスの中、隣の家などから来る柔軟剤の香りで体調不良を訴える患者が増えている。
主な症状は、頭痛や吐き気、倦怠(けんたい)感など。
渡辺一彦院長は「数年前まではほとんどなかった」と驚く。

大手洗剤メーカーの担当者は、高残香タイプの柔軟剤について
「昨年度は売り上げが前年度の1.4倍に伸びた」と話す。
このメーカーは年2回の消費者アンケートで、柔軟剤購入の際に重視する点を尋ねているが、05年以降はほぼ一貫して「香りがよい」がトップ。
柔軟剤本来の目的である「肌触りよく仕上がる」などを上回り、
11年下期の調査では7割近くに上った。

洗濯の際にメーカーが想定する使用量を上回る量の柔軟剤を使う消費者も多いという。
別のメーカーの製品には
「香りをもっと楽しみたい時は好みに合わせて使用量を増やして」と記載され、
ウェブサイトで「使用量の目安の2倍程度を上限とする」とアドバイスを掲載している。

一方、神奈川県が11年、国内外の柔軟剤15点を洗濯時の濃度に薄めて香りを調べたところ、
香りの強さを示す臭気指数は、大半の製品で、
県が定める住宅地での工場排水の規制値並みだった。

厚生労働省のシックハウス問題に関する検討会委員の中井里史・横浜国立大教授(環境疫学)は
「化学物質に過敏な人の大半は、たばこ臭と香料に耐えられない」と指摘。
NPO法人「化学物質過敏症支援センター」の広田しのぶ事務局長も
「たばこの臭いも、吸う人には快いが、非常につらく感じる人も多い。
柔軟剤の香料も同じだと考えてほしい」と訴えている。

【田村佳子】

10月 152012
 

衛生面が悪いので。

潔癖社会で育っている日本人には免疫がないので、
インドやラオス、カンボジア、ミャンマーなどの東南アジアに行くことは
多種な細菌の温床である地域なので危険です。

日本人は誰であろうと注意が必要です。
(特に若い人。40歳以下なら十分危険です)

水はペットボトル
料理は加熱したものを口にして下さい。

1月 142012
 

このキャドバリーチョコを仕事仲間のスリランカ人からもらいました。
スリランカからのお土産として。

メイドinオーストラリア。
原材料は他国から輸入していると商品の包装袋に書かれています。
シンガポール、ブルネイ、フィリピンに輸出して
スリランカでも売られているのでしょう。
(いくらなのかは分かりません)
製造年月日を見ると英語と中国語が併記されています。
東南アジアに住む華僑向けにでしょうか。

ここで疑問があります。
「なぜオーストラリアで製造しているのでしょうか?」
東南アジアで製造した方が人件費も原料輸送費も安くすみそうなのに。
すでに中国やその他のアジア国のチョコが市場でひしめきあって
割り込む隙がない。勝てない。(過当競争=レッドオーシャン化)
だから工場を設立するための巨額投資はできないと。
高級チョコとして贈答用で細々と売れればいい?

また「なぜ仕事の仲間のスリランカ人はお土産としてこれを選んだか?」を考えてみた。
現地で売られている現地人向けのチョコはお土産としては粗悪なのかな? マズイのかな?
そもそも隣りの大国インドではチョコを作っていないのかな?

上記のことから引き出せるビジネスチャンスは
「インドではお土産にできないようなお菓子が売られている」ということでしょう。

日本のお菓子メーカーはインド進出のチャンスです。