4月 222018
 

ある証券アナリストが
家電販売大手のヤマダ電機について
以下のような分析をした。

簡潔に言うと
「ヤマダは家電販売に特化し
都市部の店舗を強化せよ」
ですが。

家電王者ヤマダが犯した「戦略ミス」の謎

4年ぶりの「経常減益」の原因とは

家電量販店最大手のヤマダ電機は、
2017年4~12月期の経常利益が
前年同期比11.4%減の479億円だった。
同期間で経常減益となるのは4年ぶりだ。

経営の足を引っ張っているのは、
郊外店、そして住宅事業。
この構図自体は数年前から変わっていない。

家電量販店は、
ここ数年都心店の売上比率が上がり続けている。
人口減少で郊外店の客数が減少していることに加え、
訪日外国人によるインバウンド需要も都心店に集中。
ヤマダも数年前から採算の合わない
郊外店の閉鎖を進めているものの、
同業他社のビックカメラやヨドバシカメラに比べると
まだまだ郊外店舗の割合が多い。

それよりも問題なのが住宅事業だ。

経営の多角化は、基幹事業となるべく近い分野、
たとえば家電であれば生活雑貨などと
同時展開するのであればやる価値はあるが、
関わりの薄い分野に新規参入するのは
有用な戦略とはいえない。
ヤマダは住宅に関しては門外漢。

さらに住宅、建築は、深い見識と技術がなければ
造ることも売ることも難しい。
付け焼き刃で参入しても、
圧倒的な実績を持つ積水ハウスや大和ハウスに
勝てる見込みがあるとは思えない。
あえてやるならスマートハウスだろうが、
既にパナホームが先を行っている。

家電以外の事業に参入する必然性は薄いのに
そもそも、ヤマダが家電以外の事業に参入する必然性も薄い。

家電業界は人口減少などで先細りすると見られていたが、
ここ数年は技術革新が進み、
白物家電中心に優れた商品が多く出てきている。
そのことが買い替え需要を呼び込み、
家電販売は非常に好調だ。
AIスピーカーなどの新たな商品も開発されており、
家電量販店は都心でしっかり家電を売れば、
利益が出る時代になっている。

まずは郊外店の戦略見直し、
住宅事業の縮小、
そして本業である
家電販売によりリソースを振り向けていくのが
ヤマダ復活の第一歩だろう。

楽天証券経済研究所所長 兼 チーフ・ストラテジスト
窪田 真之

(ここまで)

私は窪田氏の上記の意見に反対です。
なぜなら家電販売はアマゾン・楽天などの
eコマース勢力にパイを奪われ、
ゆくゆく消費者は店舗での購入から
ネットでの簡単な購入に切り替えていくだろうし、
郊外型の店舗を残すのは、
住宅やEVの販売の拠点とする考えでいると思う。
だからヤマダ電機の今の戦略は
来たるべきEV時代の販売に備えたもので
私は正解なのではないかと考える。

上記の文章にはEVの文字が出てきていない。
窪田氏がそれを知っての発言だとは思えない。
ガソリン車からEV(電気自動車)にシフトするのは
ほぼ既定路線だと言うのに。

「今の利益にフォースするのではなく、
将来のニーズにフォーカスせよ」

株は企業の現在の利益だけではなく、
企業の将来性を考慮されて
株価が動いていくものです。

ヤマダ電機の株価チャート

これを見ると投資家からは見放されていますね。

私はEV関連の製造企業の株価が
2017年から上昇した結果を知っているので、
製造だけではなく販売の方のビジネスをする企業も
上昇が期待できると信じている。
つまりヤマダ電機の株は買い時だろう。
(4月22日現在)

証券アナリストは経営コンサルタントではない。
前者は株価の予測
後者は企業経営の健全化
に関して言動を表す職業です。

窪田氏は前者であるのに後者の講釈をしてしまった。
頭で勝手に思うのは否定しないが、
公に意見をするのは出しゃばりだと思う。

実は私は株価の信奉者です。
株価を見ながらその事業の将来性を予想し、
今後の企業経営にそれを役立てることを
経営者の方におすすめしたいと考える。

であるならばEV販売にシフト中のヤマダ電機は
間違った方向性かもしれない。
それともEPSやPERしか見ない投資家の方が間違いなのか。

※EPS=1株当たりの純利益
※PER=株価収益率

近年の株式市場の参加者は
外国人投資家が半分以上となっている。
外国人は短期的利益を追求する傾向があるので、
私はヤマダ電機の現在の株価の下落は
投資家の方が性急な判断を下していると見る。
その正否は1年後の株価で判然とするでしょう。
さてどうなるか。

自称コンサルタントの私が
ヤマダ電機に助言させて頂くならば、
電気自動車販売で大きく利益を出すために
EV製造の船井電機と共同して
「自動車修理工場を建設せよ」です。
そのために家電のエンジニアを雇うこと。

私にはヤマダ電機がついには家電の小売業をやめるのを
なんとなく想像してしまう。
パナソニックのようになるのではないかと想像してしまう。
住宅からEVまでのライフスタイル全般を扱う会社へと。

7月 202015
 

無料メルマガに登録させようとする人は
必ずバックエンドを用意しています。
必ずです。

※バックエンドとは
顧客との関係を築いた後に
販売する商品を指す。
逆に関係構築の前に提供するものを
フロントエンドと言う。

なぜなら無料で何かを提供する人なら
私のように公然とブログで書いていく。
でもわざわざメールアドレスを登録させようとするのは
何か高額なものを売りたいからです。
(今だったらコンサル案内ですね)
それをキャッシュポイントと言いますか。
(キャッシュを得られるところという意味)

そんなビジネスでもいいと思います。
否定はしません。

ただ面白い記事をどんどん書いていかないと
メルマガを解除されます。
もしくは読者に有益な情報を提供し続けないと
そっぽ向かれます。
なぜならメルマガに引き込もうとする人は
今やウジャウジャいますから。

私はそこまでしてメルマガに持ち込みたいとは思いません。
キャッシュポイントもありませんし。

私はこのブログでお金を要求することはないので
安心して読んでもらえるとうれしいです。

(私の収入を増やすいい方法は思案中です)

3月 162015
 

私が個人ビジネスにおけるコンサルタントだったら
こうやるのにな、ということをしている方がいます。
細野悠輔さんです。

和佐大輔氏が主宰する
ライスワークラボという会員制ビジネスサークルの
講師をしている32歳の青年です。

彼はコンサル生に自信を持ってもらいたい。
なぜなら人間なんてそれによって一瞬で変わるから。

強制的に成功体験を味わわせるため、
まずはヤフオクで不用品を売って稼ぐことをしてもらう。
(せどりが一番結果に結びつきやすい)
中にはヤフオクで出品すらもできない人がいるので、
隣りに座ってゼロから教えていき、
次は自分の力でゼロからやらせる。

それから今度は自己アフィリエイトや仕入れをしてみる。
そして外注化や買い取り、輸出入、ネットショップなどの
徐々に高度なスキルを要求されていくビジネスに移行させる。

彼は35万円のコンサル料を取る。
だが35万円は嫌でも稼がせる約束をしている。
それでもダメだったら全額返金するとも。
だから俺を信じろと。

ここまでする塾やコンサルなら
35万円なんて安い。50万円でも安い。
おそらく細野さんの利益は無いことでしょう。
(いやマイナスだろうね)
ですが彼の教育スキルは格段に上がる。

『日本において今後最も重要視される分野が教育』
(中でもスピリチュアル関係の教育が重要かな)

「人を導く力」

我々の魂がアニマルに固執していた時、
高貴な魂が我らをヒトへと導いてくれた。
自力では不可能だったその奇跡を生み出してくれた。
ヒトが人になって人間になる。
人類の一員であることへの畏敬と感謝。

私は細野さんのような方に感謝する。
いつか私も実績をつけてマネさせて頂く。

余談:自信を付けさす子育て教育で思い出したのが、
3人の息子をボクシング世界チャンプにした亀田さんの本です。
よかったら読んでみて下さい。

3月 122015
 

株の世界では
これから成長していく分野にある会社の株を買うことを
『成長株買い』と言う。
(グロース投資とも言う)

これは現時点での株式の世界でも有効ですし、
ビジネスの世界でも十分通用します。

誰の記事だったか忘れましたが、
独立して間もない時に
税理士に払うようなお金を稼いでいなくて、
知り合いから紹介された税理士が
(交友関係は全くない人)
何とすべて無料で会計などをしてくれたと言う。

無料でしてくれる税理士さんなんて
世界のどこへ行ってもおらへんよ。日本人くらいかな。

なぜって無料はボランティアのことであって、
ビジネスならば金銭的対価を要求するのが当然であるから。
税理士だって生活があるわけですし。

ですがね、実はね、
これって最高のビジネスなんですよ。

なぜなら税理士(ライバル)なんて全国にウヨウヨいるし、
自分の事務所を広告するのもお金がかかるし、
だったら今は小さいが将来デカくなるであろう
個人経営の会計や税務の仕事を無料でやってあげれば、
その会社が存続する限り、独占契約できる。
(存続している=利益は出ている)
そのうちの10社に1社でも大企業に発展すれば
無料でした分くらいは簡単にペイできる。
(この税理士さんは頭がいいね)

目の前のお金でしか動けない人間は
将来の巨万をつかむことは到底不可能だな。

確かに恩を仇で返す輩は多い。
無料なのをいいことに罵詈雑言や悪態をつく。
いつかバチが当たるわ。
なぜなら神の恩恵も無料であるから。

「感謝なき者は大きな落とし穴が待っている」

まあタイトルに戻るとすると、
どんな大企業と言えども
個人経営・零細企業だった頃がある。

これから就活に励む学生さんは
賃金の多寡で選ぶなんてせずに、
その企業が成長するのか否かを思案して選ばれるといいと思う。
私なら独立路線で考えますが。

12月 172014
 

江原啓之氏は現在個人カウンセリングを休止している。
理由は現世利益的な悩みで
ワガママな要求ばかりの相談者に疲れたから。
ですが今江原さんに求められているものは
個人カウンセリングだと思う。
占い師が今だに持てはやされているのがそのいい証拠です。

過去記事で私は
江原さんが有料セミナーをすることに反対したのですが、
訂正します。すいません。

「高額なお金を取って個人カウンセリングをすべきです」

なぜなら高い金額を払ってでも相談を受けたい。
それは自身や身内の幸せに
真剣に向き合っている証拠とも言えるので、
(このご時世でお金を稼ぐことは至難の業)
その真剣な人たちに対して
江原さんの能力を使うべきだと思う。
それに江原さんは「愛あるホスピス」の実現を願っている。
それにはお金がかかる。
カウンセリングで稼いだお金で実現すべきです。

日本人への霊的真理の普及は
江原さんの書籍で十分間に合っている。
本なんて安いから貧乏人でも買って読めるはずだ。
しかも分かり易しく書かれてある本だから伝わる。

大金を稼ぐ経験も霊性を高めるいい学びになります。
それに大金を使うこともそれ以上に学びが得られる。
両方経験すべきです。
(私もそのためにビジネスをしている)

お金は悪くない。
お金を稼ぐことも悪くない。(数十億円クラスまで稼ぐ)

私たちは資本主義の恩恵を受けている社会に住んでいる。
お金を否定してはいけない。
お金は汚くない。
汚くするのは人間の悪意。

テレビ出演していた数年前に
もしかしたら大金を得られた経験をお持ちかもしれません。
でも今は持っていない。
あったらセミナーで5000~10000円なんて取らずに
悠々自適に布教しているはずですから。

とにかく江原さんに求められているものは
個人カウンセリングです。
歌や舞台はその稼いだお金でされればいい。

私は考えが変わった。
善良な人がお金を稼いでお金を使う。
それが経済社会に好影響をもたらす。
悪意を減少させる効果もある。

『お金はそれに相応しい人が持つ』

江原さんがたくさん持って下さい。

11月 122014
 

人の悩みを聞く(人生相談の)仕事をしている方、
精神科医、カウンセラー、消費者センター、クレーム処理応対など
(占い師も含む)
は本当に疲れる仕事です。
なぜなら「その人の悩みを受け止めなければ解決できない」ので、
自身がその人になり切らなければいけないからです。
(つまり自身も“悩める人”になる必要がある)

江原啓之さんが個人カウンセリングを
現在休止しているのは
「本人が不満と文句ばかりで問題を解決するために努力しないから」
現状をよりよいものにできるわけがない。
だからカウンセリングしても何の意味もない。
そんなところでしょう。

みのもんたさんが人生相談を長年できていたのは
ウンウンとうなづきながら馬耳東風だからです。
これは一般人にはできない芸当です。
さすがだと思う。

私なら「あの人はこうすればいいのではないか」
「いやそうするとこうなるからダメだ」
などとグダグダ考えてしまうので
疲れ果ててしまう。
よって私は人生相談はやらない。
お金をもらってもやらない。
(大半は貧乏人なのでお金を取りにくいなぁと思ってしまう)

これを読むあなたはしっかり知ってほしい。

「悩みのない人間なんて1人もいないぞ!!」

だって欲望まみれの人間だもの。
足るを知るなんてできない性分なの。
分かりますか。
(これはビジネスの種なんかいくらでも生み出せる、
ということを意味しています)

でも一つだけ言っておくよ。

『悩んでいる=よりよくあろうと欲している』

つまり悩んでいるあなたは
人生をよりよくしようと悪戦苦闘して努力している。
成長・進化を学んでいるのです。

それはすなわち霊的成長で
人生を生きる意味に他ならないのです。

8月 232014
 

私が中国輸入で利用していた「きりん便」の会社が破産した。
http://global-sas.com/

大阪の堺市から神奈川の小田原市へと
移転した矢先に
いろんな経費がかさみ
ついには破産申請したようです。

上の住所はアマゾンの倉庫に近い地域です。
・小田原市はメディア系
・堺市はアウトドアやおもちゃなど

「どうしてド田舎の地方に倉庫を置かないのでしょうか?」

僕が置くとしたら
近畿:奈良、和歌山、滋賀
関東:群馬、栃木
東海:岐阜、三重

1、まず固定費を安くできる。
2、広い場所を確保しやすい。
(人件費はそれほど変動がないかもしれない)

日本のどこへ配送しても
到着日なんてそれほど変わらない。
(北海道・沖縄・離島を除く)
上記の候補県なら配送料も変わらない。

倉庫業が倒産する理由はさまざまかもしれないが、
固定費を安く済ませることは
ビジネスでは必須です。
仕入れ(在庫)がないというメリットがあるので
考えることは管理費(変動費)のみになる。

誰もアドバイスしてくれなかったのかな?

経営コンサルタントは
第三者的な目線で見てくれるから、
経営が悪い時ではなく
いい時であっても
そのアドバイスは傾聴した方がいい。
人に相談することは恥じゃないのだから。

6月 252014
 

私が入塾している
八木塾と青木塾が詐欺扱いされているようです。
このブログで叫ばれているみたい。
http://tokimirai.com/blog/%E5%85%AB%E6%9C%A8%E9%9D%92%E6%9C%A8%E8%A9%90%E6%AC%BA/

詳しいことは分かりませんが、
稼ぎたい塾生と
稼がせたい講師の間で
大きな溝があるようです。

塾生は「楽に早くたくさんお金がほしい」ということで
講師は「どうすれば自分の稼ぎ方が塾生に伝わるか」
求めているものが違っている。

『お金vs情報(知識)』

だから衝突が起こるわけです。

塾生としては「稼がせる」という名目を信じて
塾代のお金を払ったんだから、
そのお金以上にお金が得られないと損だという考えです。

講師は知識と稼ぎたいというマインドがあれば
お金なんて勝手に付いてくると思っている。
自分もお金が無かったのだから。

★問題点
塾生は「他者依存」
講師は「他者理解」

まず他人に依存しているようでは
お金を稼ぐことはできません。
たとえできても自分の確固たる信条がないからすぐ消える。

そして自分と他人は違うのです。
ましてや金持ちと貧乏人は考え方が違う。
その間に架け渡す橋はほぼ無い。
だから理解し合えない。
もしお互いに理解しようと思う心があれば
衝突は起きない。絶対に。

私が2人に対して思っていることは
彼らは詐欺しようなんて1ミリも考えていないよというもので、
みんなで稼いでバーベキューでも楽しもうという
ノリみたいです。

残念ですが全国の講師の皆さん、
すべての人を金持ちにすることはできません。
(人類全員が豊かにはなれますが)

貧乏人は貧乏人でいいのです。
その方が幸せなのです。

私も貧乏の部類に入るのかな。
まあそれならそれもいいですが、
ビジネスは続けますよ。
お金がチャリンと入ると面白い。
金儲けは楽しくなくちゃね。
それにたくさんのことに挑戦し経験をしてみたい。

ここで分かったことがあります。
「俺は絶対に塾はやらない」
「見ず知らずの人間にノウハウは教えない」

まあ今のところは
コツコツ稼ぐことに邁進します。
思考錯誤の繰り返しで。

5月 212014
 

私は経営コンサルタントになりたかったのですが、
実績がないために今中断してます。
チャンスがあれば再トライしますので
その時はまたブログで報告します。

ところで
「経営コンサルタントとはどんな仕事なのか?」

人それぞれ意見があってもいいと思いますが、
私が定義するのは
「コンサルタント=医者」だと考えています。

医者は病を治したり、改善するのが仕事です。
ですから経営コンサルタントは
会社の悪いところを直したり、改善するのが仕事です。

ならば適切なアドバイスをする義務が
コンサルタントにはありますね。
(お金をもらっているなら尚のこと)

そのアドバイスは質問とその回答の往復となります。
経営者との問答によって会社をよりよい方向に導く。
なぜなら会社のかじ取りをするのはその会社の経営者だからです。
コンサルではなく。

問題点に気づかせてその解決策を模索する。

要するにコンサルの仕事とは
経営者の思考を改善させるということです。
経営者を変革しないと会社は変わらないですから。

上記から導き出せる結論を言います。

「会社がダメなのは経営者の頭がダメだから、
その頭を鍛え直すのが経営コンサルタントである」

コンサルタントは日々勉強をしないといけないですね。
経営者以上に。

それにしても日本のお医者たちは勉強をしているのだろうか?
6年間大学で勉強してもその後も医療は進歩していく。
それに応じて新しい治療法も確立されていく。
勉強していないととてもじゃないがついていけません。

忙殺の現場にかかりきりでどうして勉強時間を確保できるのか?
日本医学界も大きな問題を抱えていますね。

社会に住まう人の一員として
社会をよりよくするために
私も勉強です。
どんな仕事の人でも勉強です。
学生だけではないのです。