5月 172016
 

船原さんところの小林エリザさんのメルマガにて。

彼女が先日広州のアパレル展示会に行った際
「中国は質のいいものしか扱わない市場になった」
と感想を言っている。
10年前は安かろう悪かろうばかりだったのに
今回はそんなイメージが吹き飛んだと。

kousyu-fashon-tenzikai

この写真を見ると
日本で売っているものとそんなに変わらないような気がしますね。

もはや日本市場は中国製で支配されているから
「日本の中国化」
もしくは
「中国の日本品質基準化」
しているのでしょうか。

ちなみに写真の靴のミニマムオーダーは1000足から。
小資金の個人では厳しいですね。

英語のできる小林さんが会場での出店者に聞いたところ
販売先は北米・南米・欧州・南アフリカだ言う。
日本は眼中になし(ガクン)

私が大胆に予想する。
今は海外相手の中国製造業ですが、
少しずつ中国国内の需要で満たされていくでしょう。
ドルやユーロが国内に流入し、
銀行で自国通貨に変換された中国元が
じゃぶじゃぶとあふれかえる。
国民の懐具合がよくなって
国内景気で十分潤えるようになる。

だから中国人の高品質へのニーズが強まる。
現在は一部の富裕層しかブランド志向はないが、
今後はどんどん中流層まで広がるでしょう。

ビジネス上での留意点

1、中国が最大の消費市場になる
2、中国の人件費が上がる

高品質な製品を求めるということは
所得が高いからこそです。
だとすると消費パワーは我々の想像を超えたものとなる。
(世界の資源を食い尽くす勢い)
ですが所得が高いということは
企業における人件費が高騰していくということなので、
製品価格に転嫁できるカバー範囲を超えると

・オートメーション化
・貴州省などの地方やミャンマーなどに移転

で対応しなくてはならなくなる。
オートメ化は日本が先輩なので
日本企業が活躍できる部分もあると思います。

私はそれ以上に気がかりなのが、
『公害』です。
すでにPM2.5のような大気汚染が進行中ですから
それに異を唱える人は少ないでしょう。

韓国ソウルの空は汚れて市民は迷惑して困っているし、
福岡県でも飛んだとばっちりを受けています。

私自身も花粉症で苦しいので
他人事として見れません。

地球環境の質の維持は、人類の焦眉です。

2月 142016
 

福岡に住む森英次さんは
中国輸入・中国輸出をしている。
よく中国へ行くのですが、
佐賀国際空港では
何とチケット999円で上海へ行けるので、
よく利用しているそうです。
どうして佐賀空港が安いのかというと
利用者が少ないからですが、
佐賀県民が税金でその維持コストを負担しているそうです。

佐賀を探そう➡Wiki

彼曰く「空港は多すぎだ」と。
近くに福岡空港があり
上海行きは定期的に発着している。
(至近距離でかぶってるよ)

「佐賀県民はなぜ空港を作るのに賛成したの?」

理由は時代に取り残されたくないからだと思う。
地方の焦燥感から出たのだろう。
まあ作ってしまったのは仕方ない。
これからどうするかだ。

私が佐賀県知事なら
東京・大阪から人口を奪う政策を開始する。
つまり移住を促す。
もしくは中国人に来日してもらう。
彼らのお金を佐賀に落としてもらう。

そうするためには『魅力』を磨くしかない。

ローマ研究家・作家の塩野七生さんが
ギリシャのアテネとスパルタでは
どうしてアテネが首都に選ばれたのかを
こう答えている。本で読んだ。
アテネの方が魅力的な都市だったからと。
スパルタはスパルタ教育で
アテネはすべての人に門戸が開かれていたそうだ。

「魅力とは何だろうか?」

1つは制限をかけないことにあると思う。
(支配しようとしないことでもある)

2つ目はその人、その場所にしかないもの。
(希少性・物珍しさ)

3つ目は失敗しても再チャレンジできること。
(寛大性、寛容性)

スピリチュアリストは
「それって神様のことじゃんか」
と言うかもしれませんね。

まあ簡単に言えば
『天国』を作ればいいということですね。

私は佐賀天国運動を応援します。

追記:上海は世界の金融大都市になるよ。

2月 082016
 

香港に住む男性に
私が日本では中国人が爆買いしている、
香港ではどうだった?と聞いたら、
かなりウザい存在だったと嘆いていた。

同じ中国なのに文化がまるで違う。
中国本土人はうるさく洗練されていない。
マナーも何もない。
しかも買い漁って庶民の物価を押し上げた。
商売をしている者には恩恵を受けたが、
庶民にとっては迷惑な存在だった。
そいつらが日本へ流れたことにはホッしている。
どうか日本を汚さないことを祈っていると。

私の体験内で嫌な中国人はいなかった。
(今後は出会うかもしれないが)
日本に長く住んでいる中国人だからかもしれない。

逆に最近の日本人の方が怖い。
なぜなら某タレントや某野球選手に対する
あの過度な叱責はどうだ。
非難できるほどご自分は偉いのだろうか。
もう少し寛容な心で見てやればいいのに。
自分の人生が恵まれていない腹いせは怖い。
それがいつ自分に怒りの矛先を変えるか分からないよ。
構えておいた方がいい。

それにしても中国人の大移動が
世界に与えるインパクトはまだまだこれから。
各地でトラブルを起こしまくるだろう。
もちろん中国国内でも凄惨な事件も多発してくる。

ですが大半は善良な中国人ばかりだと思う。
中でも優秀な中国人も存在するはずだから
何とか人口減の日本で活躍させる方法はないものか。
人材派遣業はまだまだ改善の余地がありますね。

「世界は成金中国人の対処にどう向き合っていくのか」

爆買いは資源争奪戦の前段階だと私は考えている。
それは戦争の予兆でなければいいが。

華僑たちがどう動くのかも気になります。
ビジネスマンには大いに参考になるはずです。

1月 172016
 

アマゾン転売をしている人は分かることですが、
続々とライバルの出現によって
即金化のための価格競争に陥り、
利益率の低下に悩まされます。
(最悪赤字、ほんとに良くて30%)
これはライバルと同じ商品を販売している限り
永遠に解決できないでしょう。

そうした中で川下竜彦社長は
中国の工場と手を組んで
下のようなオリジナル商品を開発されたそうです。

川下さんの会社グローバル・オフェンスのHP:
http://www.global-offence.com/

その他の製品:http://iina-style.jp/

このマグネットケーブルは
クラウドファンディングという仕組みを利用し、
アイデアの支援者募集で資金を調達し、
目標販売額にまで達した時点で
製品化をスタートさせるという方式で販売しています。
これは「作って売れなかったらどうしようか」という
見込み違いによる在庫問題を解決した
とても有効なマーケティングです。

彼は言います。
この商品の粗利益率は59%だと。

販売者が自らメーカーになれば
そのメリットは多い。

1、利益率が高い(中抜きがいない)
2、卸売りができる(収益の安定)
3、製造元に依存しなくて済む(製造会社の奴隷から脱却)
4、好きなように商品やデザインなどを改良できる
(顧客の要望による商品力の強化)
5、商品の販売権利を売れる

ただし中小企業による無名のブランドでは
化粧品などは売れない。
どれだけいい物を作っても
質・値段が同じならブランドがモノを言います。
そこは大手企業にはかなわないですね。
(川下さんも化粧品で失敗したみたいです)

「彼がなぜメーカー側に向かったのか?」

当初ダイソンの掃除機を並行輸入していたそうです。
(ものすごく儲かったようです)
ですが日本の正規代理店からクレームもあり、
英国本社が並行輸入者を締め出しにかかった。
最後は正規代理店の値下げによる価格差がなくなり、
利益の柱1つが消えた。

「メーカー依存のビジネスは危険だぞ」

彼は自社製品を持ちたいという願望が
当時からすでにあったようで、
これを機会にメーカー側に本腰を入れる。
その選択は正しかった。

私は川下社長に提案したい。

「自社工場を持て」と。

彼はマグネットケーブルを世に出そうとし
何度も中国の工場へ出向いたそうです。
(何度も=5回以上だろう)
メールでも動画配信もできる現在のネット環境で
わざわざ中国まで行くということは、
工場側がこちらの想いを汲み取ってもらえていない。
日本の感性を中国人が理解するのは努力がいるからだろう。

彼はオリジナル製品を作って販売することは
楽しくて仕方ないようです。
(メディアで紹介されたらもう有頂天)
であれば今後も製造販売はしていくであろうし、
工場との付き合いは継続していかないといけない。
自社工場を保有しても損ではない。

これは頭に入れておいてほしいが、
中国人はカネのためなら後は知ったこっちゃない。

・品質管理を怠けて不良品を作る。
・余剰に生産し横流しする。
・納期意識が希薄。
(がんばって作ってるんだからいいじゃん)

何と言っても
売れる(儲かる)と分かれば
依頼主なんて平気で裏切る。
自分たちで勝手に作って売りまくる。
(利益は全部俺のものだ。ヘヘヘ)
義理人情なんて中国人に期待する方がバカ。
(日本人も無くしてしまった。あぁ切ない)

日本企業が中国企業を買収するのに
どんな制約があるのか分かりませんが、
現に中国工場を持つ日本企業がある以上
それは可能でしょう。
中国の法律では100%外資はダメかもしれませんが、
工場の経営権を中国人に握られているようでは
メーカービジネスと言えども安心できません。

日本の零細工場を買収するのもありですが、
いい候補があればの話です。
小企業の資金力では日本の自社工場を持つのは難しい。
だから世界の工場である中国で
無数に存在する工場の1つくらいなら可能性はありますね。

私の本音を言えば
日本で工場を保有し、産業の空洞化を防いでほしいです。
ですがそれをすればほぼ金持ちにはなれません。
税制が許さないからです。

大阪の会社を解散させて
香港かシンガポールに本社を置き、
中国の工場から世界に向かって商品を販売する。

グローバルにオフェンス(攻める)の会社だから。

追記:
「iina-いのべ」というブランド名は
日本向けであって世界的ではない。
変えるのがよろしいかと。

7月 312015
 

日本の飲食店が台湾に進出した時、
どうしても受けなかった日本料理が
そばとおにぎり。

中国人(台湾人も)は
「冷や飯を食う=臭い飯を食う」
くらいに冷めた料理を嫌う。

では杏仁豆腐はどうなのさという問いは止めて下さい。
それはデザートだからということでご納得を。

シンガポールに行ったことがないので
食卓事情は分かりませんが、
中華系の人口も多いはずです。
だからそば屋さんを開店することは止めた方がいい。
もちろんおにぎり屋も。

それをするくらいなら
ラーメン、カレー、焼き鳥がいいでしょう。
寿司は先手を打たれているかな。

そばもおにぎりも日本人向け。
グローバル化は難しそうです。

7月 112015
 

中国の義烏(イーウー)という中国最大の卸市場で
輸入代行などのビジネスをする佐藤大介社長が言っている。

「今中国は就職難で、優秀な人材を雇いやすい」と。

(彼の会社)
http://www.china-import-text.com/company/

私はそれは今(2015年)だけのことで、
来年2016年からは「売り手市場」になると予想している。
(特に優秀な人材は引っ張りだこ)
なぜなら中国国内の人件費上昇は
消費力の増大を意味しているからです。

「収入が増えれば消費も増える」

当然の論理です。

需要と供給のバランスが悪化し、
中国の製造業はパンパンになる。
過当競争があるので価格に転嫁しにくい。
よって人件費の上昇分を工場のオートメ化で対応する。
しかも日本人以上に中国人はオフィスワークにこだわるので、
中小企業の肉体労働は雇用確保に頭を悩ます。
日本で若者を「金の卵」と言われた時代が
中国でも起ころうとしているのです。

それでも13億人を抱える消費は衰えない。
グングン伸びる。

【世界を激変させるほどの恐ろしい消費が
地球すらも食い殺そうとしている】

私は資源の枯渇が心配でたまらない。
もしかすると資源戦争が勃発するのではないかと
本気で悩んでいる。

数年前に中国人によるマグロの買い占めが起こって
価格が高騰したことを覚えているでしょう。
それがすべての食料品や消耗品に広がる。

何が言いたいのか。

「日本人よ、資源を確保せよ!!」

カネにものを言わせて力づくで
日本の資源を買い漁る中国人が出てくる。
(もうすでに出ているか)

私は中国に対して日本のように豊かになるなとは言わない。
だが軍事力を誇る中国が小さな島国を武力で制圧し、
日本の有限なる資源を略奪する可能性がゼロではない限り、
日本男児である私が提案するのは、
「資源の増産と節約」を訴えたいのだ。
それは日中間だけでなく世界規模で。

あなたは『ソイレント・グリーン』という映画を知っているでしょうか?

人間を食糧にする(共食い)という内容です。
厳密に言うとそんなことをすれば
狂牛病のように脳がスカスカになって死に絶えますが。

食糧難はもうすぐそこまで来ている。
国際的問題として各国が議論し、
解決策を模索されることを願う。

今から日本ができること。

「生産者を援護せよ!!」

“バイオ分野”

日本人の英知を世界が待望している。

ところで
実は私はもう一つ危惧していることがある。
それは人口が増えると『優生学』が台頭してくるという予感だ。
これについては長くなるのでいずれまた。

11月 012014
 

過去記事で紹介したのですが、
三木高広さんの中国輸入代行会社を設立したそうです。

http://mercresh.com/

検品までしてくれて代行手数料3%。
しかもアマゾンFBAに直送してくれる。

はっきり言ってこれは儲からない。

彼はそのことを十分に知っているはずです。

「ではなぜ彼はそんな利益にならないことをするのか?」

広大な中国大陸のデカさに圧倒されたと思う。

中国でビジネスをすることは可能性が無限大だ。
ワクワクしてくる。
ビッグなビジネスを起こすなら仲間が必要だが、
日本人の仲間(=同志)が少ない。
俺一人ではタカが知れているな。

「どうすれば中国に興味を持つ若者を増やせるのか?」

自分も中国輸入で稼げた結果
中国に関心を持てたのだから、
日本でくすぶっている奴を中国輸入で稼がせれば
仲間ができるのではないか。

そう思って彼は中国輸入代行サービスを格安で始めたのだと思う。

私も2006年だったか上海と青島に行ったことがある。
(中国株に関心があったので)
人が多かったし、広い。
(それでも中国のほんの一部分)
日本の昭和時代を思い起こさせた。
「消費パワーはとんでもない可能性を秘めているぞ」
そんなことを思いました。
でもその後に行ったタイ、ベトナム、カンボジアの方が
個人的には好きです。
特にベトナムです。

もし今何の能力もない若い人が金持ちになりたいと思ったら
東南アジアへGO!!(まずは旅行で)
単純に考えてアジア諸国は日本のマネをしていくと思えば
次どんなビジネスが有望なのかバカでも分かる。

『日本にある最高の商品は日本人』

中国に興味がある若い人は
三木さんのグループに入って
何かきっかけを得られればいいのではないかな。

『転売王子クラブ』(←クリック)

招待状はこれだから9800円払って
入会しておいても損はないですよ。

6月 222014
 

表には出てこない青山秀一さんのセミナーを見た。
私はここの会員です。
物販のプレイヤーたちがノウハウをバンバン伝えてくれます。
http://fmclub.asia/lime/
月額4980円。安い。

中国輸入をしている人は
必ず中国の買い付け・国際配送をする業者が必要です。
彼らは中国人であり、
同じ中国人のショップに対して
必ず値引き交渉や中国国内送料の無料を要求します。
(中国では値引きは当然)
たくさん日本人が買うのでそれが可能になるのです。
日本人は付けられている値段のまま買うので
以下のものが代行業者の利益になる。

・日本人からの買付手数料
・値引きした差額
・国内送料分
・(月額利用契約料)
・為替差益

「中国人は商売が上手」

青山さんはそこに目を付けて
中国広東省広州市にて代行業務の会社を設立し、
来月7月に移住するようです。
(香港に本社を置くといいと思いますよ)
(香港は広州省の一部で地理的に近い)
(ちなみに広州は広東語であり、北京語とは発音が全く違う言語)

リサーチをしてくれる中国人は
儲かる方の代行業をやりたがるのです。
リサーチは1個200円とかですので嫌がる。
だからリサーチャーを見つけるのは至難です。
リサーチは日本人の主婦に頼むのもありだと思います。
1個1000円とかで。

それにしても青山さん(28歳)
中国の商習慣にうまく溶け込めるだろうか。
日本とは違うよ。
役人の横着横暴も聞いています。
難癖つけてワイロを要求してくる。
「これこれが法に違反しているぞ。カネを渡せば黙っていてやるぞ」

「中国ビジネスは中国人パートナー次第」

独身なら現地中国人女性と結婚するのもいい。
それくらいでないと成功できないと思う。

僕が10年位前に中国に関心を持った時、
北京で引越し業などをしている柳田さんのことを知りました。
大変参考になりますよ。

http://www.douten.asia/author/38

6月 152014
 

DVDやブルーレイなどのヤフオクで
国内正規品なのに
「商品発送元地域:海外」
になっているオークションは偽物の可能性が高い。

例えばこの出品者は香港から送っているようです。
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/yau8888888888

安いからといって落札すると
偽物を買わせられる。
お金を払わないと「悪い評価」になるから
しぶしぶお金を払うことを出品者は知っている。

仮にその偽物が日本の正規品と全く同じだとする。
(日本のDVDは中国製?)
そんなに安く売れるわけがない。
これは版元のワーナーやソニーピクチュアやフォックスなどに
無断で製造販売していると思われます。
つまり違法で。
(アジアはコピー天国です)

DVDの原価なんて1枚50~100円程度。
なぜ日本では高いかというと
日本企業が介在しているから。

とにかくアマゾンでDVD転売をしている方は
安いからといって偽物を販売したら即ID削除です。
気を付けましょう。