11月 232017
 

ゴミ箱を店内に設置するコンビニが増えている。

私が大阪に住んでいた時
駅周辺のゴミのポイ捨てが気になっていた。
タバコの吸い殻のみならず、
ペットボトルやコンビニ弁当の容器、
マクドナルドのシェイクや紙袋など
あちこちで目にしていた。

つい先月東京へ行った時
ゴミがあまり落ちていないなと感じた。
おそらく東京人はゴミが出たら家庭に持ち帰って
家庭用のゴミで処分していることだと思う。

私はゴミをポイ捨てしないし
持ち帰るのがイヤなので、
あまりゴミが出るようなものは買いません。

中高年の方に私ような人が多いのではないか。
だとしたらコンビニがゴミ箱を店内に設置するのは
購買意欲を減退させていると思う。

「ゴミ問題を意識しない食品企業は選ばれない」

ファミマが“ついで買い”を誘発させるため
コインランドリー事業を始めるようだが、
まったくもって愚かな販売戦略です。
なぜならコインランドリーはすでに全国に2万店舗弱ある。
設備投資した分の元が取れるまでに
どれだけ時間がかかるのか。
(話によると1500~2000万円かかるらしい)

そんなお金があるならば
ゴミ箱を店外に設置したり
ゴミ回収車を頻繁に来させるような
ゴミ問題を改善する方向に資金を投じた方が、
環境保全による企業イメージの向上につながるし
購入金額が増加するだろう。

道端に捨てられたコンビニの袋を見たら
「コンビニは地球を汚しているな」
と消費者に悪いイメージを抱かせる。
(捨てた奴が一番悪いのだが)

食品を扱うすべての企業に提案したい。
各社の垣根を越えて
厄介なゴミをどうするのかを協議してもらいたい。

(以下記事抜粋)
ファミマがコインランドリー「ついで買い」促す
11/23(木) 読売新聞

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは23日、
コインランドリー事業に参入する方針を明らかにした。

都市部を中心にコインランドリーの利用者は増えている。
ファミマは2019年度末までに、
コインランドリーが使える店舗を
約500店展開する計画だ。

店内に併設する形のほか、郊外の店舗では、
駐車場の一部に専用の建物を設けて
コインランドリーを使えるようにする。
第1弾として、18年春をめどに関東地方の2店舗で始める。

共働き世帯が増える中、
週末にまとめて洗濯をしたい利用者や単身世帯が増え、
クリーニングよりも安いコインランドリーの需要は増している。
ファミマはこうした顧客を取り込むことで
コンビニでの「ついで買い」につなげるなど
相乗効果を狙っている。

(以上)

11月 212016
 

WEWOODというイタリアの腕時計ブランド。
2010年にスタートした会社が
今や世界規模に知名度を広めている。

どうしてなのか?

http://we-wood.jp/about/index.html

この会社は不要になった材木で
腕時計を製造している。

それに時計1つ購入されるごとに
世界に1本の木を植えるというプロジェクトを進めている。

環境を意識してビジネスをしていることが分かります。
(というかWEWOODは環境企業だと言ってもいい)

顧客は社会に対して貢献ができるという
マズローの言う『社会欲求』を満たせる。

このような人が世界で多くなっているからだろう。

「貢献を想起させて購入を促すこと」

要するに応援募金としての販売手法です。

現在はモノの洪水で、今や欲しいものが少ない。
あったとしたら精神的なもの。

いかにして消費者の財布からお金を出してもらうか?

社会貢献という訴求方法は
今後どんどん出てくると思います。

5月 172016
 

船原さんところの小林エリザさんのメルマガにて。

彼女が先日広州のアパレル展示会に行った際
「中国は質のいいものしか扱わない市場になった」
と感想を言っている。
10年前は安かろう悪かろうばかりだったのに
今回はそんなイメージが吹き飛んだと。

kousyu-fashon-tenzikai

この写真を見ると
日本で売っているものとそんなに変わらないような気がしますね。

もはや日本市場は中国製で支配されているから
「日本の中国化」
もしくは
「中国の日本品質基準化」
しているのでしょうか。

ちなみに写真の靴のミニマムオーダーは1000足から。
小資金の個人では厳しいですね。

英語のできる小林さんが会場での出店者に聞いたところ
販売先は北米・南米・欧州・南アフリカだ言う。
日本は眼中になし(ガクン)

私が大胆に予想する。
今は海外相手の中国製造業ですが、
少しずつ中国国内の需要で満たされていくでしょう。
ドルやユーロが国内に流入し、
銀行で自国通貨に変換された中国元が
じゃぶじゃぶとあふれかえる。
国民の懐具合がよくなって
国内景気で十分潤えるようになる。

だから中国人の高品質へのニーズが強まる。
現在は一部の富裕層しかブランド志向はないが、
今後はどんどん中流層まで広がるでしょう。

ビジネス上での留意点

1、中国が最大の消費市場になる
2、中国の人件費が上がる

高品質な製品を求めるということは
所得が高いからこそです。
だとすると消費パワーは我々の想像を超えたものとなる。
(世界の資源を食い尽くす勢い)
ですが所得が高いということは
企業における人件費が高騰していくということなので、
製品価格に転嫁できるカバー範囲を超えると

・オートメーション化
・貴州省などの地方やミャンマーなどに移転

で対応しなくてはならなくなる。
オートメ化は日本が先輩なので
日本企業が活躍できる部分もあると思います。

私はそれ以上に気がかりなのが、
『公害』です。
すでにPM2.5のような大気汚染が進行中ですから
それに異を唱える人は少ないでしょう。

韓国ソウルの空は汚れて市民は迷惑して困っているし、
福岡県でも飛んだとばっちりを受けています。

私自身も花粉症で苦しいので
他人事として見れません。

地球環境の質の維持は、人類の焦眉です。

7月 112015
 

中国の義烏(イーウー)という中国最大の卸市場で
輸入代行などのビジネスをする佐藤大介社長が言っている。

「今中国は就職難で、優秀な人材を雇いやすい」と。

(彼の会社)
http://www.china-import-text.com/company/

私はそれは今(2015年)だけのことで、
来年2016年からは「売り手市場」になると予想している。
(特に優秀な人材は引っ張りだこ)
なぜなら中国国内の人件費上昇は
消費力の増大を意味しているからです。

「収入が増えれば消費も増える」

当然の論理です。

需要と供給のバランスが悪化し、
中国の製造業はパンパンになる。
過当競争があるので価格に転嫁しにくい。
よって人件費の上昇分を工場のオートメ化で対応する。
しかも日本人以上に中国人はオフィスワークにこだわるので、
中小企業の肉体労働は雇用確保に頭を悩ます。
日本で若者を「金の卵」と言われた時代が
中国でも起ころうとしているのです。

それでも13億人を抱える消費は衰えない。
グングン伸びる。

【世界を激変させるほどの恐ろしい消費が
地球すらも食い殺そうとしている】

私は資源の枯渇が心配でたまらない。
もしかすると資源戦争が勃発するのではないかと
本気で悩んでいる。

数年前に中国人によるマグロの買い占めが起こって
価格が高騰したことを覚えているでしょう。
それがすべての食料品や消耗品に広がる。

何が言いたいのか。

「日本人よ、資源を確保せよ!!」

カネにものを言わせて力づくで
日本の資源を買い漁る中国人が出てくる。
(もうすでに出ているか)

私は中国に対して日本のように豊かになるなとは言わない。
だが軍事力を誇る中国が小さな島国を武力で制圧し、
日本の有限なる資源を略奪する可能性がゼロではない限り、
日本男児である私が提案するのは、
「資源の増産と節約」を訴えたいのだ。
それは日中間だけでなく世界規模で。

あなたは『ソイレント・グリーン』という映画を知っているでしょうか?

人間を食糧にする(共食い)という内容です。
厳密に言うとそんなことをすれば
狂牛病のように脳がスカスカになって死に絶えますが。

食糧難はもうすぐそこまで来ている。
国際的問題として各国が議論し、
解決策を模索されることを願う。

今から日本ができること。

「生産者を援護せよ!!」

“バイオ分野”

日本人の英知を世界が待望している。

ところで
実は私はもう一つ危惧していることがある。
それは人口が増えると『優生学』が台頭してくるという予感だ。
これについては長くなるのでいずれまた。

11月 292014
 

Tsuで稼ごうとしている人は
だんだん疲れてくると思う。

「なあ~んだ、みんなカネ目当てなんだ」

人間が働く動機は
1番はお金なんだけど、
それ以外を求める人は多いと思う。
何を求めているのかというと

「愛・義理・人情・共感・理解・仲間・同じ夢や価値を共有できる人」

全部他者との関係性に関わっている。

つまりみんな寂しさを抱えていると思う。
(私も同じ)

Tsuの今後はどうなるのか分かりません。
広告の一部は慈善団体に寄付するような
そんなシステムを組み込んだら
参加者も「社会貢献だ」というやる気が起こるのではないか。

ドストエフスキーというロシアの文豪が言っていた。
刑罰による土木作業を命じられた囚人が
それは何の意味も貢献もしない単なる徒労作業だと知ると
やる気が失せたと。
ですがシベリア鉄道の線路を建設する作業をする、
そう言われたら途端に働きだした。
「祖国ロシアのため」という理念が
囚人でさえも衝き動かしたのでしょう。

『お金ではなく、理想や理念による企業経営』

大いにお金を儲けてもいいが、
何のためにお金を得るのかをしっかり刻んでおかないと
やる気が失せて衰退していきます。

どうか経営者の皆さんは
『経営理念』をもう一度振り返って
すべての従業員に浸透させて頂きたい。

と言っても遅すぎたかもしれない。
リストラした会社で何を今更そんなきれいごとを…

これからの会社に期待したいですね。

追記:安全な水が飲めない人たちのために寄付ができる。
Tsuで稼いで寄付するのも悪いことではない。
(稼ぎの1部分でいいと思う)
Facebookだけに儲けさせても癪に障る。
鞍替えだな。

8月 062014
 

よ~く考えよう~酸素は大事だよ♪

清浄な水と空気(風水)こそが
人類の生活の元素です。

もっと進化すれば
酸素ボンベが軽くなるかもしれませんね。
スキューバーをしている方にも
いいニュースだと思います。

http://fmclub.asia/
ここから抜粋しました。

『人類の未来に光? 光合成する人工の葉っぱ』

人類の未来に朗報?

ロンドンの美術学生ジュリアン・メルキオッリさんが、
光合成する葉っぱを人工的に作り出すことに成功した。

メルキオッリさんは、
生きた繭の繊維(シルク素材)を使い、

それに葉っぱから抽出した葉緑体をしみこませることで、
人工的に生きた葉っぱを作り出した。

例えばこの素材を使った室内ランプは、
電球の灯りで光合成をし、
室内に酸素を送り出す。

さらに、ビルのエクステリアにこの素材を使うことで、
街の空気浄化にも役立てられるかもしれない。

もっと壮大な話では、人類が宇宙に進出する際、
人間に不可欠な酸素の宇宙基地内での
自己生成への応用も考えられるとか。

様々な可能性を秘めた人工葉っぱ、
作成したのが科学者ではなく

美術学生というのがまた、面白いところ。
コロンブスの卵、といったところだろうか?

4月 302013
 

snow is Spain on 30 Aprilヨーロッパの南の方にあるスペインで、
この時期に雪。
もう4月30日で春なのに。
誰が見ても異常だよな。
何度もここで言っていると思うが
こんな豊かな衣食住は永遠ではない。
必ず飢饉のようなものが来る。
(鳥インフルが現に起きている)

「人類生存のために俺に何ができるか?」

お金を稼いでソーラーパネル付の家を買う。
3000万円は必要だな。
稼ぐぞ!!
応援よろしくお願いしますね。

12月 192012
 

これを今年2012年の5月に購入して
夏と冬に利用しているのですが、
この夏は快適、冬もとても快適でした。
今までエアコンは我慢していました。
昔の日本人やアフリカ、南極の方の気持ちが分かったのはありがたいことですが、
でも30代半ばになるとキツくてつらくて、こんな贅沢を許してほしい。

俺なんてハワイや長野の軽井沢なんてわざわざ行かなくても
自分の部屋で最高だと思う。

「暖衣飽食」の日本人よ、文句を抜かす前に少しくらい我慢せいっ!!

それにしても日本だけでなく地球のこの気温はどうしたのだろうか。
異常だと思う。
夏の暑さはハンパないですよ。
冬でも暖かかったり、冷たかったり、
気象でなくて奇象だよ。

大きな原因は石油の浪費だと思うけど、
何とか日本の技術で食い止められたら日本人としてうれしいです。